258件中 31 - 40件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た脳血栓

    69歳の院長が3歳女児の歯の治療の際、歯に「フッ化ナトリウム」を塗るところを誤って劇薬の「フッ化水素(フッ化水素酸)」を塗ってしまい、女児を急死させてしまった。院長の妻が材料業者に「フッ素を持ってきてほしい」と電話で注文し、業者が誤って「フッ化水素酸」を配達。その後院長が十分に確認しないで使用したことが原因。院長のショックは大きく、女児の通夜の席で脳血栓を発症して倒れ入院。回復して退院した後の1983年2月24日、東京地裁八王子支部において禁錮1年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。その後この歯科医院は閉鎖されて廃業し、現在は普通の住宅が建っている(八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故)医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た今治市

    2009年以降…愛媛県、今治市内の産婦人科医院医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た注射器

    この病院で神経痛などで関節にステロイド注射を打ってもらった患者を中心に骨関節結核が蔓延。結果的に96名が感染する集団感染となり、うち14名が死亡。院内でも院長や担当医師、看護師が結核に感染し、このうち院長が死亡したため病院は閉鎖された。注射器の消毒が不十分だったとされている。広島県では3月にも病院内の集団感染があったばかりで、厚生省や広島県の保健所の管理体制の甘さに多くの批判が飛んだ。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た東京大学

    東京大学法学部長の尾高朝雄が東京都立駒込病院で歯の治療の際、ペニシリン注射の直後にショック症状を引き起こして死亡。ペニシリン注射によるショック死事故は年頭から発生が報告されていた(推定死者100人以上と言われている)が、この事故がきっかけで大きな社会問題となると共に医療事故が大きく報道されるようになった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た再生医学

    体の痺れを訴え同クリニックで診察を受けた兵庫県内の女性が、担当医師から「幹細胞治療で症状が改善する可能性がある」と説明を受け、女性は脂肪幹細胞から調剤した製剤の点滴を受けたものの、症状は逆に悪化。女性は慰謝料などを求め、東京地方裁判所に提訴。2015年5月15日に同地裁は、「未確立な治療技術である再生医療に当たって十分な説明がなされておらず、治療方法の選択決定権を侵害した」などとして、同クリニックの院長らに対し184万円の支払いを命じた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た妊婦

    28歳の妊婦が妊娠中絶希望の女性と間違えられて中絶手術させられる。1988年2月にも香川県高松市の産婦人科(開業医)で同種の事故が起きている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た義歯

    70歳代の女性に対し、人工歯根を歯茎に埋め込んだ上で義歯を付ける「インプラント」治療を行ったが、ドリルで顎の骨を削る際に、誤って動脈を傷付け、女性は出血で窒息に見舞われ死亡した。警視庁は2011年8月に、担当した歯科医師を業務上過失致死罪で書類送検した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たモンスターペイシェント

    B型肝炎などのように、医療者にとって感染により命にかかわる場合も存在する(あるいはHIVを例に出したほうが分かりやすいかも知れない)。また、特に女性看護師はストーカー行為やセクハラ行為、患者による暴力行為の危険にも晒されており(→モンスターペイシェント)、このような事案のどこまでを医療事故とするかの線引きは難しい。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た被曝

    36歳男性が水虫の放射線治療を受けた際、技師が放射線量を規定より多く当ててしまったため被曝して重度の皮膚ガンとなり、両足を切断する事故が発生。病院側がミスを認め、多額の賠償金を支払う事で和解した。この事故をきっかけに皮膚病の放射線治療を取りやめる病院が相次ぎ、代わって皮膚病や水虫用の治療薬(内服薬や軟膏などの外用薬となる抗真菌薬)が本格的に開発されることになった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た遷延性意識障害

    糖尿病を患っていた男性患者に医師が誤って高血圧治療薬を投与してしまう。男性は遷延性意識障害に陥った。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 31 - 40件表示