258件中 51 - 60件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た看護師

    37歳主婦が歯の治療でレントゲン撮影中に感電して即死。技師や看護師も重軽傷を負った。原因は不明だが、機械の高圧線の漏電の可能性が高いと当時の警察や新聞が伝えている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た痙攣

    30歳男性医師が腰痛治療中の71歳男性と55歳女性の2名の患者に、本来は静脈に注入する血液造影剤を誤って脊髄に注入したため患者2名が痙攣を起こして急死する事故が起きる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た脳死

    5歳女児が脱腸の手術を受けた際、医師が麻酔後の酸素吸入装置のスイッチを誤って切った事に気付かず放置してしまう。女児は重度の低酸素性脳症による脳死状態となり、意識が戻ることは無くそのまま死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た幹細胞

    白血病患者の女性が、末梢血幹細胞の移植手術を受けたが、合併症によって呼吸困難になるなどしたため、同病院は肺に酸素を送り込むための蘇生用具を使用することになったが、この用具の組立方法を担当の看護師が誤ったため、肺に十分に酸素が送られなくなり、患者は意識不明の重体となり2週後に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た腎不全

    50歳代の男性患者が、5日に脳死肝移植手術を受け、手術そのものは成功したが、持病として抱えていて並行して受けていた腎不全の透析治療に使用していた透析器具を交換する際、この患者に本来使用していた血液濾過器具ではなく、血漿分離器具を装着してしまい、患者は交換後約3時間後に血圧が低下し、11月13日午前10時50分頃に脱水症状を起こし死亡した。当時、医療器具を専門に扱う臨床工学士が不在で、当直医2名と看護師1名が対応しており、病院の安全対策が問題であると指摘された。この3名は業務上過失致死容疑で書類送検された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た癌腫

    県内の30歳代の男性患者が、掛かり付けの医師から同病院を紹介され受診したところ、の疑いがあると診断され、同病院は手術を行うことを決めたが、その後3年間に渡り患者に対して手術の連絡をしてこなかった。その後患者は症状が悪化し、同病院で再受診したが、入院の連絡が行われていなかったことがこの時点で判明。患者は手術を受けたが、癌が肺に転移したことによる呼吸不全で2012年4月に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た人工心臓

    50歳代の女性心臓病患者にヤギでの生体実験で生存最長記録を作った人工心臓を取り付け、わずか2日間で急死させた事が5月30日に明らかとなった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た十二指腸

    当時の大分合同新聞の社長であった長野正(67歳)の胆嚢検査の際、医師が誤って内視鏡で十二指腸を傷付けてしまう。長野は腹膜炎と急性腎不全を併発し約2ヶ月後に死亡した。裁判で病院側の検査ミスを全面的に認め、病院に3億1000万円の賠償判決を出している。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たガーゼ

    60歳代の男性患者に対し、心臓の大動脈の手術を実施したが、この際、出血が多いためとして、700枚のガーゼを使用。その後2011年9月に、当該の患者は体のだるさを訴え、別の病院の診察によって、体内にガーゼを置き忘れていたことが判明した。同病院はガーゼを取り除く手術を改めて実施したが、患者は重篤な状態としている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た静脈

    32歳男性患者の採血を行った際、看護師の機械の取り扱いミスで静脈に空気が逆流してしまう。男性は意識不明の重体となり、約1ヶ月後に死亡。裁判で病院側の敗訴が確定し、罰金刑を受ける。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 51 - 60件表示