258件中 61 - 70件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た大阪市立大学医学部附属病院

    2011年1月…大阪府、大阪市立大学医学部附属病院医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たBCG

    全国規模でジフテリアやBCGの予防接種による中毒者が続出。児童を中心に重い後遺症に苦しむ患者が続出し、特に京都では68名の死者が発生。戦後まもない状況でワクチンの無毒化が十分でなかった事が原因。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た造影剤

    30歳男性医師が腰痛治療中の71歳男性と55歳女性の2名の患者に、本来は静脈に注入する血液造影剤を誤って脊髄に注入したため患者2名が痙攣を起こして急死する事故が起きる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た抗てんかん薬

    脳腫瘍の再発の疑いで入院していた当時43歳の女性に対し、痙攣の発作を抑制するため、抗てんかん薬の一種である『ラミクタール』を処方されたが、その結果、中毒性表皮壊死を発症した上、肺出血などを併発し死亡した。第三者機関の調査で、ラミクタールを添付文書に記載されている使用量の16倍に当たる過度な処方を実施していたことが指摘されているが、病院側は「適切な処方だった」として過失を否定している。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たカルテ

    手首の骨折で手術を受けることになった50代の女性について、X線画像を撮影したところ、肺に影が映っていたにもかかわらず見逃された。また同年8月に、この女性は別の治療の経過観察を受けていたが、この時も、CT検査を実施した放射線科の担当者が、肺に影が映っているとの所見を電子カルテに記載したが、産婦人科の男性医師は気付かぬまま放置。その後この女性は、別の病院で診察を受けたところ、肺癌の存在が判明。女性は中央病院に入院したが、病院側はその後も、ミスに気付いていながら、女性に伝えず治療を続け、女性は2010年10月に死亡した。同県側は女性の遺族に対し、5,000万円の損害賠償を支払う方針を決めた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た上部消化管内視鏡

    当時53歳の男性は、胃を悪くして2月に別の病院で検査を受けた際、胃カメラ検査で胃潰瘍と診断された。しかし念のため土庫病院で診察を受け、担当医師は胃癌と診断したものの、別の男性医師が胃潰瘍だとして胃薬を処方した。その後、この男性は末期癌と判明し、2012年7月3日に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た千葉県がんセンター

    2008年〜2014年…千葉県がんセンター医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た動脈

    33歳男性患者が椎間板ヘルニアの手術を受けた際、執刀医が腹部の動脈を傷付けた事に気付かないまま手術を終えた。患者は手術後に腹部内出血多量で急死。後に執刀医は自殺した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た国立国際医療研究センター

    1964年5月29日…国立東京第一病院(現・国立国際医療研究センター医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た

    同病院の58歳医長がと膵臓の手術を受けた際、女性看護師が腸に流さなくてはならない栄養剤を誤って静脈に注入してしまう。医長は意識不明の重体となり2日後に死亡した。同年10月20日、当時の院長ら6名が厚生省より懲戒処分されている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 61 - 70件表示