246件中 61 - 70件表示
  • 医療事故

    医療事故から見たガーゼ

    2005年4月…佐賀県、佐賀大学医学部附属病院。60歳代の男性患者に対し、心臓の大動脈の手術を実施したが、この際、出血が多いためとして、700枚のガーゼを使用。その後2011年9月に、当該の患者は体のだるさを訴え、別の病院の診察によって、体内にガーゼを置き忘れていたことが判明した。同病院はガーゼを取り除く手術を改めて実施したが、患者は重篤な状態としている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た脳死

    1984年5月9日…富山県、高岡市民病院。5歳女児が脱腸の手術を受けた際、医師が麻酔後の酸素吸入装置のスイッチを誤って切った事に気付かず放置してしまう。女児は重度の低酸素性脳症による脳死状態となり、意識が戻ることは無くそのまま死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た動脈

    1977年2月19日…宮城県、石巻赤十字病院。33歳男性患者が椎間板ヘルニアの手術を受けた際、執刀医が誤って腹部の動脈を傷付けた事に気付かないまま手術を終わらせる。男性は手術後、動脈が切れて腹部内出血多量で急死。執刀医は責任を痛感し、剃刀で引責自殺してしまった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た静脈

    1969年4月27日…千葉大学医学部附属病院。32歳男性患者の採血を行った際、看護師の機械の取り扱いミスで静脈に空気が逆流してしまう。男性は意識不明の重体となり、約1ヶ月後に死亡。裁判で病院側の敗訴が確定し、罰金刑を受ける。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たBCG

    1948年12月…全国規模でジフテリアやBCGの予防接種による中毒者が続出。児童を中心に重い後遺症に苦しむ患者が続出し、特に京都では68名もの死者が発生。戦後まもない状況でワクチンの無毒化が十分でなかった事が原因。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た胃癌

    2006年7月…大阪府、東大阪市立総合病院。消化器内科の20歳代の男性医師が、当時82歳の男性患者について、胃癌の可能性があることを見落とし、この男性はその後、2008年4月に癌性腹膜炎が見付かり、同年12月に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た福岡大学病院

    1987年7月26日…三重県、三重大学医学部附属病院。小児科に勤務する25歳の女性研修医、28歳男性医師、35歳女性看護師が重症のB型肝炎に感染し、研修医と男性医師が死亡、看護師が重症となった。幸い大きな感染には至らなかったものの、感染源は患者で部屋の消毒が十分でなかった事が原因で問題となる。この事故から9日後の8月4日にも福岡大学病院で同種の事故が起き、医師2名が感染して死亡している。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たブドウ糖

    1951年8月2日…福井県、国立鯖江病院(現・公立丹南病院)。女性看護師が2人の入院患者の治療としてブドウ糖注射をしようとしたところ、誤って麻酔用の劇薬(ヌペルカイン)を注射したため、2人とも昏睡状態になり、わずか数分間で即死。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たペニシリン

    1956年…1月頃より全国で治療用のペニシリン注射によるショック死事故が相次ぎ大きな社会問題に。推定死者100人以上と言われる。(詳しくは医原病を参照)医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た東京大学医学部附属病院

    1969年4月4日…東京大学医学部附属病院。治療用の高圧酸素タンクが機械の漏電によるスパークが原因で爆発、炎上。機械を操作していた医師と看護師、タンク内で治療を受けていた患者2名の計4名が爆風に巻き込まれるなどして焼死。医療事故 フレッシュアイペディアより)

246件中 61 - 70件表示

「医療事故」のニューストピックワード