258件中 71 - 80件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た多臓器不全

    80歳代の女性患者に対し、同月下旬に心臓の弁を人工弁に交換する手術を実施したが、手術の際に石灰化した弁が心臓内部に入らないよう心臓入口に被せていたガーゼを、そのまま放置した。患者は手術の翌日に腹部に血栓が生じて両足に血行障害が起こるなどしたため、再手術を行なったが、患者は多臓器不全を起こし死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たリンパ腫

    同病院で関節リウマチの治療を行っていた患者のうち、メトトレキサートの投与を受けていた患者10人が、悪性リンパ腫を発症するなどして死亡した。医療行為としての問題は無いとされたものの、うち5人についてはカルテへの記載が不十分だったとして、診療責任者の医学部教授ら計8人が2013年8月28日付で、9月11日から3か月間の出勤停止処分となった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た国立成育医療研究センター

    1982年6月…東京都、国立小児病院(現・国立成育医療研究センター医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た悪性腫瘍

    同病院で関節リウマチの治療を行っていた患者のうち、メトトレキサートの投与を受けていた患者10人が、悪性リンパ腫を発症するなどして死亡した。医療行為としての問題は無いとされたものの、うち5人についてはカルテへの記載が不十分だったとして、診療責任者の医学部教授ら計8人が2013年8月28日付で、9月11日から3か月間の出勤停止処分となった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た生体肝移植

    同センターで生体肝移植手術を受けた患者7人のうち、4人が術後1ヵ月以内に死亡していたことが、2015年4月に明らかになった。死亡した患者については、癌の手術を受けた数日後に手術を行ったり、臓器提供者に脂肪肝の症状があるなどしていた模様である。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た血圧

    当時多臓器障害で入院していた男児に対し、鼻から胃に通したカテーテルを通して注入する薬を看護士がナースステーションで準備し、氏名を確認の上ケースに入れたが、病室へ運ぶ際に別の患者のものと取り違え、患者は血圧低下を起こすなどして翌日に死亡した。誤投与された薬の中には、当該の患者には処方されていなかった抗てんかん薬や抗痙攣薬も含まれていた模様である。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たフッ化ナトリウム

    69歳の院長が3歳女児の歯の治療の際、歯に「フッ化ナトリウム」を塗るところを誤って劇薬の「フッ化水素(フッ化水素酸)」を塗ってしまい、女児を急死させてしまった。院長の妻が材料業者に「フッ素を持ってきてほしい」と電話で注文し、業者が誤って「フッ化水素酸」を配達。その後院長が十分に確認しないで使用したことが原因。院長のショックは大きく、女児の通夜の席で脳血栓を発症して倒れ入院。回復して退院した後の1983年2月24日、東京地裁八王子支部において禁錮1年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。その後この歯科医院は閉鎖されて廃業し、現在は普通の住宅が建っている(八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故)医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た子宮筋腫

    38歳女性が子宮筋腫の手術後、女性看護師が投薬ミスで食欲を増進させる薬を大量に飲ませてしまう。女性は直後にショック症状を引き起こして昏睡状態となり死亡。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た血栓

    80歳代の女性患者に対し、同月下旬に心臓の弁を人工弁に交換する手術を実施したが、手術の際に石灰化した弁が心臓内部に入らないよう心臓入口に被せていたガーゼを、そのまま放置した。患者は手術の翌日に腹部に血栓が生じて両足に血行障害が起こるなどしたため、再手術を行なったが、患者は多臓器不全を起こし死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た脊髄

    30歳男性医師が腰痛治療中の71歳男性と55歳女性の2名の患者に、本来は静脈に注入する血液造影剤を誤って脊髄に注入したため患者2名が痙攣を起こして急死する事故が起きる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 71 - 80件表示