246件中 71 - 80件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た肺癌

    2008年2月、香川県、香川県立中央病院。手首の骨折で手術を受けることになった50代の女性について、X線画像を撮影したところ、肺に影が映っていたにもかかわらず見逃された。また同年8月に、この女性は別の治療の経過観察を受けていたが、この時も、CT検査を実施した放射線科の担当者が、肺に影が映っているとの所見を電子カルテに記載したが、産婦人科の男性医師は気付かぬまま放置。その後この女性は、別の病院で診察を受けたところ、肺癌の存在が判明。女性は中央病院に入院したが、病院側はその後も、ミスに気付いていながら、女性に伝えず治療を続け、女性は2010年10月に死亡した。同県側は女性の遺族に対し、5,000万円の損害賠償を支払う方針を決めた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た子宮外妊娠

    1976年9月29日…奈良県、奈良県立医科大学附属病院。女性患者が子宮外妊娠手術の際、医師の機器の取り扱いミスから酸素ではなく笑気ガスを患者に送ってしまう。女性は意識不明のまま、約2ヶ月後に死亡。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た東大阪市立総合病院

    2006年7月…大阪府、東大阪市立総合病院。消化器内科の20歳代の男性医師が、当時82歳の男性患者について、胃癌の可能性があることを見落とし、この男性はその後、2008年4月に癌性腹膜炎が見付かり、同年12月に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たツベルクリン

    1956年5月17日…大阪府の小学校で、校医が予防接種としてツベルクリン注射をする際、児童107人に誤ってBCGを接種してしまい、発熱者や入院者が続出して問題になった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たアンプル

    1950年…この頃よりアンプル入りかぜ薬事件が発生。市販薬、特にアンプルに入った風邪薬でのアレルギー症状による中毒患者が日本各地で相次いだ。厚生省は会社側の利益を守るためにあえてこの状況を見過ごしていたため、なかなか実態を把握できず、1962年になってようやく商品の発売停止や回収命令を出しているが、製造禁止にはしなかったためにそれ以降も普通に販売され、死者や中毒者が相次いだ。結局製造と販売が全面的に中止されたのは1965年に入ってからである。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た中央区 (東京都)

    2007年5月…東京都中央区の歯科医院。70歳代の女性に対し、人工歯根を歯茎に埋め込んだ上で義歯を付ける「インプラント」治療を行ったが、ドリルで顎の骨を削る際に、誤って動脈を傷付け、女性は出血で窒息に見舞われ死亡した。警視庁は2011年8月に、担当した歯科医師を業務上過失致死罪で書類送検した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たストレプトマイシン

    1978年9月25日…結核治療薬として用いられていた抗生物質「ストレプトマイシン(通称ストマイ)」を服用した男性が副作用が原因で重度の難聴に陥り、男性は国と製薬会社を相手取って訴訟を起こし、約800万円の賠償金支払い判決が下された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たフッ化ナトリウム

    1982年4月20日…東京都八王子市、歯科医院(開業医)。69歳の院長が3歳女児の歯の治療の際、歯に「フッ化ナトリウム」を塗るところを誤って劇薬の「フッ化水素(フッ化水素酸)」を塗ってしまい、女児を急死させてしまった。院長の妻が材料業者に「フッ素を持ってきてほしい」と電話で注文し、業者が「フッ化水素酸」を配達。その後院長が十分に確認しないで使用したことが原因。院長のショックは大きく、女児の通夜の席で脳血栓を発症して倒れ入院。回復して退院した後の1983年2月24日、東京地裁八王子支部において禁錮1年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。その後この歯科医院は閉鎖されて廃業し、現在は普通の住宅が建っている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た歯根

    2007年5月…東京都中央区の歯科医院。70歳代の女性に対し、人工歯根を歯茎に埋め込んだ上で義歯を付ける「インプラント」治療を行ったが、ドリルで顎の骨を削る際に、誤って動脈を傷付け、女性は出血で窒息に見舞われ死亡した。警視庁は2011年8月に、担当した歯科医師を業務上過失致死罪で書類送検した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た血液型

    2011年1月…大阪府、大阪市立大学医学部附属病院。大阪府内在住の50歳代の男性患者に対し、結腸静脈瘤からの出血源特定検査の救急の現場で薬剤を注入する措置を行っている最中に大量出血があったため、輸血を実施したが、その際、この患者の血液型がB型であったにもかかわらず、誤ってA型の血液を輸血してしまい、この患者は重体の常態が続いていたが、その後2月17日に死亡した。2011年6月の医療事故調査報告書によると、救急の現場でのヒューマンエラーが複数回、重なった結果であると指摘され、改善策が提言されている。。医療事故 フレッシュアイペディアより)

246件中 71 - 80件表示

「医療事故」のニューストピックワード