258件中 81 - 90件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た神戸地裁

    男性患者が十二指腸潰瘍の手術を受けた際、手術中に酸素を送るはずが笑気ガス(亜酸化窒素)を送ってしまう。執刀医と看護師がガス管を繋ぎ間違えたのが原因。患者は無酸素脳症に陥り、約1年間の昏睡状態の末、意識が戻らず翌年1月に肺水腫による肺炎や心不全を併発して死亡。医師は1974年6月21日、神戸地裁尼崎支部において禁錮6ヶ月、執行猶予1年の有罪判決を受けた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たバックアップ

    バックアップ、フェイルセーフ、フールプルーフといったヒューマン・エラーが入ることがないシステム整備が必要とされる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た関西医科大学

    1972年9月19日…関西医科大学付属病院(現・関西医科大学附属滝井病院)医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た炎上

    治療用の高圧酸素タンクが機械の漏電によるスパークが原因で爆発、炎上。機械を操作していた医師と看護師、タンク内で治療を受けていた患者2名の計4名が爆風に巻き込まれるなどして焼死。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た消化器官

    消化器官系の癌で入院していた60歳代の男性患者に対し腹腔鏡による手術を実施し、退院後もこの患者は外来で抗癌剤治療を継続して受けていたが、その後、抗癌剤の副作用による肝不全で死亡した。この男性については、血液検査で肝臓や腎臓の機能に正常値の最大40倍の異常値が出ていたにもかかわらず、担当医が見落としたとされる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たCT検査

    手首の骨折で手術を受けることになった50代の女性について、X線画像を撮影したところ、肺に影が映っていたにもかかわらず見逃された。また同年8月に、この女性は別の治療の経過観察を受けていたが、この時も、CT検査を実施した放射線科の担当者が、肺に影が映っているとの所見を電子カルテに記載したが、産婦人科の男性医師は気付かぬまま放置。その後この女性は、別の病院で診察を受けたところ、肺癌の存在が判明。女性は中央病院に入院したが、病院側はその後も、ミスに気付いていながら、女性に伝えず治療を続け、女性は2010年10月に死亡した。同県側は女性の遺族に対し、5,000万円の損害賠償を支払う方針を決めた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た大阪市立総合医療センター

    2017年9月…大阪府、大阪市立総合医療センター医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た千葉市立海浜病院

    2015年4月 - 6月…千葉県、千葉市立海浜病院医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た脈拍

    甲状腺の病気が悪化し入院していた50歳代の女性患者に対し、看護士の一人が、肺と人工呼吸器とをつなぐ気管チューブのテープを切ったが、この際、誤ってチューブに付属する機器の一部も切断してしまった。女性は脈拍などが低下し、一旦は回復したが、13日に死亡した。病院側はミスを認めつつも、事故と死亡との因果関係は不明であるとしている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た札幌医科大学附属病院

    1982年2月…北海道、札幌医科大学医学部付属病院(現・札幌医科大学附属病院医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 81 - 90件表示