246件中 81 - 90件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た人体実験

    1966年4月21日…岩手県、岩手県立南光病院。てんかんの新薬を投与された患者42名のうち3名が副作用が原因で死亡。その後の調査でこの新薬がまだ実験段階だった事が明るみになり、当時「軽はずみな人体実験」と社会で激しく糾弾され、国会でも厳しく追及された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た子宮筋腫

    1976年12月6日…新潟県、新潟鉄道病院(現・JR新潟鉄道健診センター)。38歳女性が子宮筋腫の手術後、女性看護師が投薬ミスで食欲を増進させる薬を大量に飲ませてしまう。女性は直後にショック症状を引き起こして昏睡状態となり死亡。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た移植 (医療)

    2006年4月…京都府、京都大学医学部附属病院。当時30歳代の女性患者に対し、脳死肺移植手術を実施したが、女性は手術ミスにより死亡。同病院は2008年6月まで、肺移植手術を自粛。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た血栓

    2011年5月…福岡県、福岡大学病院。80歳代の女性患者に対し、同月下旬に心臓の弁を人工弁に交換する手術を実施したが、手術の際に石灰化した弁が心臓内部に入らないよう心臓入口に被せていたガーゼを、そのまま放置した。患者は手術の翌日に腹部に血栓が生じて両足に血行障害が起こるなどしたため、再手術を行なったが、患者は多臓器不全を起こし死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た独立行政法人国立病院機構東京医療センター

    1978年4月30日…国立東京第二病院(現・独立行政法人国立病院機構東京医療センター)。発熱のために入院していた3歳女児に医師が薬を投与した際、投薬効果の出ない抗生物質を投与したため、女児は容態が悪化して細菌性心膜炎を発症し、数日後に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た東京地裁

    1982年4月20日…東京都八王子市、歯科医院(開業医)。69歳の院長が3歳女児の歯の治療の際、歯に「フッ化ナトリウム」を塗るところを誤って劇薬の「フッ化水素(フッ化水素酸)」を塗ってしまい、女児を急死させてしまった。院長の妻が材料業者に「フッ素を持ってきてほしい」と電話で注文し、業者が「フッ化水素酸」を配達。その後院長が十分に確認しないで使用したことが原因。院長のショックは大きく、女児の通夜の席で脳血栓を発症して倒れ入院。回復して退院した後の1983年2月24日、東京地裁八王子支部において禁錮1年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。その後この歯科医院は閉鎖されて廃業し、現在は普通の住宅が建っている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た脊髄

    1988年10月25日…鹿児島県鹿屋市、国立ハンセン病療養所の国立療養所星塚敬愛園。30歳男性医師が腰痛治療中の71歳男性と55歳女性の2名の患者に、本来は静脈に注入する血液造影剤を誤って脊髄に注入したため患者2名が痙攣を起こして急死する事故が起きる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た大分合同新聞

    1979年6月16日…大分県、九州大学温泉治療学研究所付属病院(現・九州大学病院別府先進医療センター)。当時の大分合同新聞の社長であった長野正(67歳)の胆嚢検査の際、医師が誤って内視鏡で十二指腸を傷付けてしまう。長野社長は腹膜炎と急性腎不全を併発してしまい、約2ヶ月後に死亡した。その後の裁判では病院側の検査ミスを全面的に認め、病院に3億1000万円の賠償判決を出している。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た皮膚ガン

    1964年5月29日…国立東京第一病院(現・国立国際医療研究センター)。36歳男性が水虫の放射線治療を受けた際、技師が放射線量を規定より多く当ててしまったため被曝して重度の皮膚ガンとなり、両足を切断する事故が発生。病院側がミスを認め、多額の賠償金を支払う事で和解した。この事故をきっかけに皮膚病の放射線治療を取りやめる病院が相次ぎ、代わって皮膚病や水虫用の治療薬(内服薬や軟膏などの外用薬となる抗真菌薬)が本格的に開発されることになっていった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た神戸地裁

    1973年2月28日…兵庫県、西宮市立中央病院。男性患者が十二指腸潰瘍の手術を受けた際、手術中に酸素を送るはずが笑気ガス(亜酸化窒素)を送ってしまう。執刀医と看護師がガス管を繋ぎ間違えたのが原因。患者は無酸素脳症に陥り、約1年間の昏睡状態の末、意識が戻らず翌年1月に肺水腫による肺炎や心不全を併発して死亡。医師は1974年6月21日、神戸地裁尼崎支部において禁錮6ヶ月、執行猶予1年の有罪判決を受けた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

246件中 81 - 90件表示

「医療事故」のニューストピックワード