667件中 111 - 120件表示
  • ハクキンカイロ (企業)

    ハクキンカイロ (企業)から見た医療医療

    ハクキンカイロ株式会社(Hakukin Warmer Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市西区に本社を置く懐炉や医療健康関連製品などの製品を製造販売する企業である。1923年創業。ハクキンカイロ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 水アレルギー

    水アレルギーから見た医療医療

    体を構成する成分のうち60%は水であるため、現在の医療では特に対処法は存在しない。水アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 焼灼止血法

    焼灼止血法から見た医療医療

    医学・医療の進歩に伴い、人間に対して焼コテが使われることはなくなったが、家畜などに対して行われる例はある。また、電気メスや医療用レーザー、マイクロ波凝固などの機器や酸などの薬剤を用いた治療・止血方法は焼灼止血法の原理に着眼したものである。これらは現代日本では医師が適切な方法で行なうべき医療行為であり、一般人が行うのは違法である。医師以外が行う外傷に対する応急処置としては、多くの場合において直接圧迫止血法が適切である。焼灼止血法 フレッシュアイペディアより)

  • 国際無線障害特別委員会

    国際無線障害特別委員会から見た医療医療

    SC-B : 工業・科学・医療(ISM)向け高周波装置、高電圧設備、電力系列、電気鉄道における妨害。国際無線障害特別委員会 フレッシュアイペディアより)

  • フィルム

    フィルムから見た医療医療

    開発当初はニトロセルロース(NC)を基材として製造されていたが、耐燃性向上のために酢酸セルロースの一種であるトリアセチルセルロース(TAC)に切り替わった。デジタルカメラの普及により生産量は激減しているが、医療用レントゲンなどの分野では依然として手堅い需要がある。フィルム フレッシュアイペディアより)

  • パルステック工業

    パルステック工業から見た医療医療

    「研究開発主導型モノづくり企業」を提唱しており、近年は同社の持つ光技術を応用し、3次元スキャナや医療分野などへの応用を行っている。2000年3月に東京証券取引所二部上場。パルステック工業 フレッシュアイペディアより)

  • 恍惚の人

    恍惚の人から見た医療医療

    本作は痴呆症(認知症および老年学)をいち早く扱った文学作品である。高齢者介護に奮闘する家族の姿は現代にも十分通じるものがあり、介護医療の難しさは不変であることを思い知らされる作品といえる。出版当時空前のベストセラーとなり、痴呆・高齢者介護問題にスポットが当てられることになった。その関心度の高さから「恍惚の人」は当時の流行語にもなった。題は『日本外史』に三好長慶が「老いて病み恍惚として人を知らず」とあるのを見てひらめいたものである。恍惚の人 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道整復専門学校

    柔道整復専門学校から見た医療医療

    日本工学院北海道専門学校 : 医療秘書科、|しん灸科、柔道整復科 はり師きゅう師科(昼間) (協会加盟校)柔道整復専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 悪霊ばらい

    悪霊ばらいから見た医療医療

    研究者の森田正馬(森田療法で有名)が「祈祷性精神病」を命名、また複数人に同様症状がおきる「感応精神病」(フォリアドゥ フランス語 folie a deux)の存在が知られ、科学的・医学的なものが原因と考えられる場合は、悪霊ばらいではなく適切な科学的・医学的措置を行うべきである(精神科)。ただし現代においても、医療が十分でない世界の一部の地域では、一種の治療行為として行なわれていることもある。悪霊ばらい フレッシュアイペディアより)

  • ANZSIC

    ANZSICから見た医療医療

    O ? 健康医療, 共同体・サービスANZSIC フレッシュアイペディアより)

667件中 111 - 120件表示

「医療問題」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画