667件中 141 - 150件表示
  • アナーバー (ミシガン州)

    アナーバー (ミシガン州)から見た医療医療

    ミシガン大学は直接・間接にアナーバーの経済を形作っている。大学は医療センターでの7,500人の職員を含め、約3万人の労働者を雇用しているのに加えて、大学と関連の深い企業も、大学の研究開発費や卒業生の確保を目的にアナーバーに拠点を置いている。市内の多数の診療所、研究室、および関連会社による、公共医療、ハイテク、およびバイオテクノロジーも市経済の重要な要素である。GMやフォードなどの自動車産業に関連する企業も地域住民を多数雇用している。その他の主要な雇用主は、ファイザー、ドミノ・ピザ、ボーダーズ、Googleである。アナーバー (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • インプラント

    インプラントから見た医療医療

    医療目的で広く行われ失われた歯に代えて顎骨に埋め込む人工歯(デンタルインプラント)、骨折・リウマチ等の治療で骨を固定するためのボルトなどがある。インプラント フレッシュアイペディアより)

  • ディアン・ケヒト

    ディアン・ケヒトから見た医療医療

    ディアン・ケヒト (Dian Cécht 、古アイルランド語でディーアン・キェーフト) は、ケルト神話に登場する生命と医療、技術の神。トゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)の一柱。娘にエーディン(Étan。エーディン(Étaín)と別人) 、息子にキアン、ミアハなどを持つ。キアンとエスリンの息子ルーは孫。ケィンチ、カンタ(Cainte, Canta)とも。ディアン・ケヒト フレッシュアイペディアより)

  • オステオパシー

    オステオパシーから見た医療医療

    オステオパシーとは、療法を指す用語ではない。たとえば、東洋医学の中に鍼療法があるように、オステオパシー医学という医療哲学のひとつの体系のことである。従って、その意味では、オステオパシー「療法」というのは正しくない。オステオパシー フレッシュアイペディアより)

  • 老衰

    老衰から見た医療医療

    従来、多数の高齢者の死因は老衰と表現されることが多かったが、近代における医療技術の環境下では医学的原因には不適格であるとして死因を老衰と表現することが少なくなっている。これは、老齢による代謝・免疫・回復能力の不全による死因を、従来は老衰と表現されていたが、診断上、心不全・肺炎・多臓器不全・脳卒中などの病死扱いとなることが多くなっている。老衰 フレッシュアイペディアより)

  • 医学と医療の年表

    医学と医療の年表から見た医療医療

    医学と医療の年表(いがくといりょうのねんぴょう)では、医学と医療技術の年表を取り扱う。医学と医療の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 酸素吸入

    酸素吸入から見た医療医療

    酸素吸入(さんそきゅうにゅう)とは、空気よりも高濃度の酸素を人為的に吸入することである。医療や健康増進などの目的で行なわれる。酸素吸入 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ピネル

    フィリップ・ピネルから見た医療医療

    ピネルの医療は、「心理学的精神理学的療法」(traitement moral)に代表される純粋に人道的な心理学的臨床を重んじる精神理学医療であった。「薬の過剰投与」を廃し、人道的な精神理学療法によって薬物療法の過度依存を戒めた。そして患者の人権を重視し、治験ではなく臨床による心理学的な温かみのある理学療法を重んじ、人道的精神医学の創設者となり、かつ、フランスの人道医療の魁となった。フィリップ・ピネル フレッシュアイペディアより)

  • 経済新人会

    経済新人会から見た医療医療

    ・2006年 『医療制度問題』経済新人会 フレッシュアイペディアより)

  • 咬合器

    咬合器から見た医療医療

    咬合器(こうごうき)とは、歯科医療における治療・研究等を目的として、模型上で顎運動や咬合のさまざまな位置を再現する装置のこと。生体の上顎にあたる部位を上弓、下顎にあたる部位を下弓といい、下顎頭(または顆頭)にあたる部位を顆頭球と呼ぶ。咬合器 フレッシュアイペディアより)

667件中 141 - 150件表示

「医療問題」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画