667件中 51 - 60件表示
  • 健康トリプルアンサー

    健康トリプルアンサーから見た医療医療

    健康トリプルアンサー(けんこうとりぷるあんさー)は、BS-TBSで2006年10月から2010年3月26日まで金曜21:00-21:54に放送した医療と健康の生活情報番組。健康トリプルアンサー フレッシュアイペディアより)

  • 化学防護服

    化学防護服から見た医療医療

    有毒な気体に関しては、自然発生的な火山ガス(高濃度の硫化水素など)のほか、化学兵器のようなものがあげられる。自衛隊の化学科部隊、警察のNBCテロ対応専門部隊や機動隊化学防護隊、消防の化学機動中隊や特別救助隊などの救助隊に配備されているほか、各種有害物質を扱う産業現場でも用いられている。また、「化学」とは付いているが前述の通り、危険な微生物やそれらへの感染者を扱う医療や研究分野での利用も見られる。化学防護服 フレッシュアイペディアより)

  • 医制

    医制から見た医療医療

    医制(いせい)とは、8月に日本の明治政府が、太政官通達により発布した医療に関する各種規制を定めた法令である。全76条からなり、主に医業の許可制を定めている。発布対象府県は東京府、京都府、大阪府。医制 フレッシュアイペディアより)

  • 唐木英明

    唐木英明から見た医療医療

    この議論を踏まえたうえで、日本学術会議はホメオパシーの科学的根拠を否定する会長談話を取りまとめ、2010年8月24日に公表した。記者会見に同席した唐木は「この談話で一番重要なのは、ホメオパシーは科学的に否定されているということです」と語り、会長談話の狙いや意義を説明した。そのうえで唐木は「科学的に全否定されているものを医療従事者が使えば患者を通常の医療から遠ざけかねず危険だ。『ホメオパシーは効かない』というメッセージを伝えることが重要と考えた」と指摘し、日本国内の医療現場に広がり始めたホメオパシーの危険性を訴えた。唐木英明 フレッシュアイペディアより)

  • 積水化学工業

    積水化学工業から見た医療医療

    自動車やIT、医療向け製品の原料を手がける。海外への展開も活発で、欧州や米国、インドに工場などを進出している。積水化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シエーリング

    日本シエーリングから見た医療医療

    日本シエーリング株式会社(英文社名:Nihon Schering K.K.)は、かつて存在した医薬品メーカー。大阪府大阪市淀川区西宮原に本社を置き、ドイツを拠点とするシエーリング・グループの一員として、半世紀にわたり日本の医療へ貢献した。合併により、現在はバイエル薬品である。日本シエーリング フレッシュアイペディアより)

  • SBR (企業)

    SBR (企業)から見た医療医療

    12月、医療機関向けソリューションサービス強化のため、アイ・モバイル株式会社(現:エンパワーヘルスケア株式会社)及びイークロッシング株式会社(現:アイ・モバイルシステムズ株式会社)の株式を取得し、子会社化。SBR (企業) フレッシュアイペディアより)

  • サンゴバン

    サンゴバンから見た医療医療

    高機能材料部門の研究センターは、フランスのCavaillon、アメリカのNorthborough、中国の上海市にある。研究センターの現在の主なテーマは、燃料電池と粒子フィルタである。最近では特にエネルギー資源、環境、医療といった分野で成長している。高機能材料部門の売り上げの少なくとも30%は新製品によるものである。セラミックス、粉末、クリスタル、機能樹脂、研磨剤、繊維関連などの製品を製造・販売している。サンゴバン フレッシュアイペディアより)

  • 内野滋雄

    内野滋雄から見た医療医療

    東京医科大学大学院を修了後、1977年?97年に東京医科大学解剖学教授を務め、リンパ学や免疫学などの研究に寄与する。1992年?96年には日本解剖学会理事長に就任した。その後、臨床福祉専門学校校長として医療・福祉分野の人材の育成に当たる。また、社会福祉法人三徳会や財団法人日本篤志献体協会理事長としても活動した。内野滋雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本心身医学会

    日本心身医学会から見た医療医療

    社団法人日本心身医学会(しゃだんほうじんにほんしんしんいがくかい)とは、医療、心理分野に関する社団法人の一つである。理事長は久保千春(九州大学大学院医学研究院心身医学 教授)。日本心身医学会 フレッシュアイペディアより)

667件中 51 - 60件表示

「医療問題」のニューストピックワード

  • 静岡Tweet

  • 薬剤師の職能発揮により医薬連携の強化、在宅医療の充実などを通じ、価値ある薬局づくりの推進

  • 2016年度在宅療養多職種連携研修会

おすすめ画像

おすすめ動画