56件中 11 - 20件表示
  • 医療

    医療から見た健康づくり

    1984年、世界保健機関は健康づくり国際会議を開催し、健康に影響を及ぼす要因を健康の前提条件として整理すると、5つの活動領域の1つとして医療の再設定を掲げ、保健部門に携わる人々に、臨床的治療的業務を果たす責任から離れ、健康づくりへ向かうよう呼びかけた。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た代替医療

    医療の定義については、生物医学biomedicine的な根拠にのっとった近代医療のみを医療とする立場と、多元的医療システム観に基づく「その社会の一定程度の人に支持された、形式化された〈病・治療・健康〉をめぐる社会的文化的行為」とする立場に大きくわかれている。なお補完医療、代替医療や伝統医療といった認識はあくまで近代医療をカウンターモデルとして構成されており、前者の立場の変形であり、しばしばそれらを推進する立場から、それらを総合したものを統合医療という呼称が使われる。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た公衆衛生

    上記の医療現場による分類だけでなく、一方で病因論や身体論の体系に分類の根拠を求める場合がある。近代医療のベースとなっている医学は、様々な生物学的な根拠と、未だに生物学的な根拠が不明であるが経験的に治療効果が確認された治療方法によって成立し、ヨーロッパで確立した学問手順に基づいていることから、しばしば近代医療は西洋医学、その実践を西洋医療と呼ばれる。なお通常医療は、自然治癒力を活性化させることを最も苦手としているという指摘があるが、そもそも通常医療において使われるのは免疫や恒常性であり、ふつう医学事典に「自然治癒力」という項目は存在せず、使う場合でも自然治癒にとどまり、その作用を免疫細胞の働きや様々な臓器の代謝に根拠を求める。また、通常医療は行政機関によって保証されていることもあり、公衆衛生や栄養状態を改善することもその医療の一環である。そのために還元的な手法だけでなく、全体論的な手法や疫学的な手法も使い、さらには予防やカウンセリング、リハビリテーションなど多様な分野で展開されている。また、近代医療は、強く制度化されていることもあり、あたかも一枚岩の単一な医療であるという認識が持たれることもあるが、既述の通り多様な理論の複合体であり、個々の医療従事者による実践も多様性に富む。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た東洋医学

    なお、東アジア諸国では伝統中国医学(東洋医学)を源流と持つ漢方医学や、韓医などの医師が公的に認知された専門職セクターとして受容されており、西洋医療と比較的良好な関係を持っている。東洋医学が主流医学であるので、この欧米式の表現は日本の状況には馴染まない。また欧米においても、後述するように利用頻度が逆転した状況が続いており、将来的には、西洋医学に「通常医療」という表現を当てることが、、などと主張されることがある。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た診療録

    診療録(カルテ) - カルテ開示 - 電子カルテ - 紹介 - 診療情報提供書(紹介状)医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た死亡率

    1976年、コロンビアの首都ボゴタで、医師たちが52日間のストライキを行い、救急医療以外はいっさいの治療を行わなかったところ、ストライキの期間中、死亡率が35%低下したという。コロンビアの国営葬儀協会は「事実は事実である」とコメントした。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た生命

    近年、通常医療の代わりの医療として代替医療、一方で通常医療を補完する医療という意味で補完医療という言葉が使われるようになっており、これらは補完・代替医療と呼ばれることも多い。通常医療のところでも説明したように、治療効果があれば非欧米地域以外で開発された治療方法であっても取り込まれていることから、補完・代替医療と呼ばれる民間セクターは医療全体における通常医療の残余、ないしは通常医療の免状がなくても利用できる範囲の行為の集合であり、そこには伝統医学から民間療法、宗教的実践まで様々な療法が含まれている。補完・代替医療は生命の自然治癒力を活性化させることを目的とし、得意としていると主張されることがある。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た韓医

    なお、東アジア諸国では伝統中国医学(東洋医学)を源流と持つ漢方医学や、韓医などの医師が公的に認知された専門職セクターとして受容されており、西洋医療と比較的良好な関係を持っている。東洋医学が主流医学であるので、この欧米式の表現は日本の状況には馴染まない。また欧米においても、後述するように利用頻度が逆転した状況が続いており、将来的には、西洋医学に「通常医療」という表現を当てることが、、などと主張されることがある。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見たニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン

    1977年、医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの主幹のフランツ・インゲルフィンガー(Franz J. Ingelfinger)は、現代医療が人々の疾病の治療に一体どのような役割を果たしているかを分析・検討し、次のような結果を得て発表した。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た統合医療

    医療の定義については、生物医学biomedicine的な根拠にのっとった近代医療のみを医療とする立場と、多元的医療システム観に基づく「その社会の一定程度の人に支持された、形式化された〈病・治療・健康〉をめぐる社会的文化的行為」とする立場に大きくわかれている。なお補完医療、代替医療や伝統医療といった認識はあくまで近代医療をカウンターモデルとして構成されており、前者の立場の変形であり、しばしばそれらを推進する立場から、それらを総合したものを統合医療という呼称が使われる。医療 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「医療問題」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画