1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • 医療

    医療から見た健康の社会的決定要因

    医療の再設定の流れは、マイケル・マーモットとリチャード・ウィルキンソンらによる健康の社会的決定要因 (1998年) の整理により健康と社会を結びつけるとして成熟し、各国の政策に取り込まれるようになってきている。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た健康づくり国際会議

    1984年、世界保健機関は健康づくり国際会議を開催し、健康に影響を及ぼす要因を健康の前提条件として整理すると、5つの活動領域の1つとして医療の再設定を掲げ、保健部門に携わる人々に、臨床的治療的業務を果たす責任から離れ、健康づくりへ向かうよう呼びかけた。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た医療施設

    以下に医療施設の例を示す。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た根拠に基づいた医療

    医療人類学者のクラインマンによれば、医療は様々なセクターで行われており、公的機関などに認定された通常医療(制度医療)や伝統医などによる専門職セクターだけでなく、宗教や伝統などに基づいた民俗セクター、家庭内などの民間セクターでも様々な医療が行われていると考えられる。ただし、それぞれの場において行われる医療行為が、実際に治療効果があるかどうかは別の問題である。通常医療でさえ根拠に基づいた医療(EBM)だけでなく、医局や病院の慣習によって支えられており、しばしば治療効果が低い、あるいはないことが判明し、改められたりする。一方民間セクターや家庭内の医療の場合、その治療実態が不明であることが多く、効果を調べた研究によれば、その多くがプラシーボ効果以上の期待が持てない結果となっている。医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た病院

    病院 (日本では機能別区分として「地域医療支援病院」「特定機能病院」などに分類されることもある)医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た病因論

    上記の医療現場による分類だけでなく、一方で病因論や身体論の体系に分類の根拠を求める場合がある。近代医療のベースとなっている医学は、様々な生物学的な根拠と、未だに生物学的な根拠が不明であるが経験的に治療効果が確認された治療方法によって成立し、ヨーロッパで確立した学問手順に基づいていることから、しばしば近代医療は西洋医学、その実践を西洋医療と呼ばれる。なお通常医療は、自然治癒力を活性化させることを最も苦手としているという指摘があるが、そもそも通常医療において使われるのは免疫や恒常性であり、ふつう医学事典に「自然治癒力」という項目は存在せず、使う場合でも自然治癒にとどまり、その作用を免疫細胞の働きや様々な臓器の代謝に根拠を求める。また、通常医療は行政機関によって保証されていることもあり、公衆衛生や栄養状態を改善することもその医療の一環である。そのために還元的な手法だけでなく、全体論的な手法や疫学的な手法も使い、さらには予防やカウンセリング、リハビリテーションなど多様な分野で展開されている。また、近代医療は、強く制度化されていることもあり、あたかも一枚岩の単一な医療であるという認識が持たれることもあるが、既述の通り多様な理論の複合体であり、個々の医療従事者による実践も多様性に富む。医療 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「医療問題」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画