医療費の窓口負担 ニュース&Wiki etc.

医療費(いりょうひ)とは、病院や診療所など、保健医療機関において点数化された療養として現物給付されたものと、歯科医院や、保健医療機関以外の医療機関(鍼灸院・接骨院)において受けた医療行為に対して、一旦全額負担した後還付される療養費とがある。通常、療養費は医療機関における代理請求(受領委任払い)が慣例化している。 (出典:Wikipedia)

「医療費の窓口負担」Q&A

  • Q&A

    回答を書き込んでいましたら、削除になっていましたので、こちらから失礼します。 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月24日 12:54

  • Q&A

    高額医療費補助で伺います。 私の市町村では、健康保険で通常3割負担の所、プラス1割を…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月13日 20:13

  • Q&A

    高額医療費制度についてお聞きします。 今、母が72歳で癌で入院する事になりました。窓…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月13日 00:55

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「医療費」のつながり調べ

  • ヴィタルカード

    ヴィタルカードから見た医療費

    GIE SESAM-Vitale(1993年設立)にてシステムの開発が行われている。1997年頃にパイロットシステムが開始され、1998年から全国展開された。オンライン化により医療費の支払い時に保険金の申請手続きができ、専用端末を設置した医療施設では自己負担分のみの支払いで済むようになった。専用端末のない医療施設では全額を支払うが、払戻し期間が短縮された。開始当初はボイコット運動もあり医師の加入が遅れるという問題もあったが、制度の整備(費用援助など)と共に普及し始めた。(ヴィタルカード フレッシュアイペディアより)

  • Iターン現象

    Iターン現象から見た医療費

    Iターン現象を定義する意味は、過疎化の進んだ村落(農山漁村)においても、その地域の特性を発揮すれば、定住人口の誘致は決して不可能ではないということにある。山深い山村においても、林業に魅力を感じて移り住む現象もみられる。ただ農山漁村には、家族を養っていける水準の収入が得られる職場は概して少ないのが現状である。もっとも、人口減に悩む地方自治体の中には、Iターン希望者の存在を視野に入れ、地元の林業組合や漁業組合と共同企画で具体的な仕事(林業の仕事の就職先、漁師の見習いの仕事の場など)を用意、様々な好条件(住宅の格安提供、新築集合住宅の無料貸与、教育費の無料化、子育て支援費の支給、医療費の無料化など)も併せてパッケージ化した企画を用意し、はっきりとIターン希望者募集という形で広報することも行われるようになっている。(Iターン現象 フレッシュアイペディアより)

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード