前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • 禁煙ファシズム

    禁煙ファシズムから見た医療費医療費

    健康増進という立場から、“たばこにかかる医療費の費用などをあげ予防医学をすすめるのであれば、飲酒や読書やスポーツなども体に良くないと言えるのだから、同じくその対象になりうる”とした。医療費に関しては、“老人や重度障害者、難治性の患者、ひいては生産性を低下させるジャーナリストや評論家なども医療費削減の対象となるのではないか”と疑問を示した。禁煙ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 鍼灸

    鍼灸から見た療養費医療費

    鍼灸治療は保険点数化された「療養」とは規定されていないため、健康保険を適用する場合、「療養費」として請求する。「療養費」とは、保険医療機関における保険点数化された「療養」以外の治療を保険医療機関以外の医療施設(鍼灸院、接骨院など)で受けた場合、その治療費を保険者に請求できる制度であり、患者本人の負担率は保険医療機関において、通常の療養を受給した場合と同様である。しかしながら、その支給については、点数化された「療養」の支給は保険者の義務であるが、「療養費」の支払いは保険者の義務ではなく、それを支給するか否かは各保険者の裁量に任される。鍼灸 フレッシュアイペディアより)

  • 診断群分類包括評価

    診断群分類包括評価から見た医療費医療費

    診断群分類包括評価(しんだんぐんぶんるいほうかつひょうか)は、医療費の定額支払い制度に使われる評価方法。DPC(Diagnosis Procedure Combination;診断群分類)に基づいて評価される。診断群分類包括評価 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の医療

    日本の医療から見た医療費医療費

    患者の自己負担分が増加した分、公的医療保険制度からの支出が減らせる。また自己負担分が大きければ、受診抑制による医療費の減少、自己の治療に関心を更に持つことができ、故意による頻繁な受診などのモラルハザードが防止することができる。さらに、受益者負担という視点からはより公平になるといえる。また、国民の健康維持と疾病予防への関心が高まることが期待できる。日本の医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療崩壊

    医療崩壊から見た医療費医療費

    医療崩壊(いりょうほうかい)とは、医療安全に対する過度な社会的要求や医療費抑制政策などを背景とした、医師の士気の低下、病院経営の悪化などにより、安定的・継続的な医療提供体制が成り立たなくなる事態を指す語である。医療崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • 特定健診・特定保健指導

    特定健診・特定保健指導から見た医療費医療費

    メタボリック・シンドロームが生活習慣病の大きな一因となっているという学説に基づき、内臓脂肪を減らすことで生活習慣病対策、ひいては将来の医療費削減につながるだろう。特定健診・特定保健指導 フレッシュアイペディアより)

  • 浦上燔祭説

    浦上燔祭説から見た医療費医療費

    1957年 「原子爆弾被爆者の医療等に関する法律」(原爆医療法、被爆者の医療費について国庫負担の開始)浦上燔祭説 フレッシュアイペディアより)

  • 榎原一夫

    榎原一夫から見た医療費医療費

    市長在任中は、全国で初めて65歳以上の老人医療費無料化制度を実施、「市民本位の市政」を目的に地区公聴会を開いたほか、市役所内に広報公聴課を設置した。榎原一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 河端恵美子

    河端恵美子から見た医療費医療費

    静岡県立大学短期大学部では、河端を中心にキャンパス内に「更年期相談室」を新設し、学外の一般患者の相談にも応じている。大学内に更年期障害向けの相談室を設けるのは、日本では初めてである。更年期障害などの治療に用いられるHRT(ホルモン補充療法)について、動脈硬化や骨粗鬆症、および、アルツハイマー病の予防などにも応用できる可能性を指摘している。また、「ホルモン補充療法は、1日13円程度、貼り薬でも65円程度の負担で済む。これに対し高血圧の薬は何百円もする。更年期治療をしっかり行えば、高血圧の薬を飲まずに済む女性も少なくない」と例示しており、適切な更年期治療と健康管理を結びつけることで、女性の健康を維持するとともに医療費削減に繋がる可能性を示唆している。河端恵美子 フレッシュアイペディアより)

  • 浦井洋

    浦井洋から見た医療費医療費

    兵庫県神戸市出身。神戸医科大学(現・神戸大学医学部)卒業後、東神戸診療所長、東神戸病院院長をへて、1969年の第32回衆議院議員総選挙に兵庫県第1区(神戸市全域)から初当選。その後連続7選するものの、1990年の第39回衆議院議員総選挙で落選。議員在任中はアスベスト問題や乳幼児医療費無料化などに取り組む。浦井洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード