140件中 91 - 100件表示
  • 公費負担医療

    公費負担医療から見た医療費医療費

    公費負担医療(こうひふたんいりょう,Publicly funded health care)とは、医療費の全額もしくは大部分を公的管理された基金が負担する医療制度。公費負担医療 フレッシュアイペディアより)

  • 障害者手帳

    障害者手帳から見た医療費医療費

    各都道府県による健康保険適用医療費助成障害者手帳 フレッシュアイペディアより)

  • カンニング (お笑いコンビ)

    カンニング (お笑いコンビ)から見た治療費医療費

    2004年12月には、中島が急性リンパ球性白血病で長期休養することになり、竹山がピンで活動する事になった。中島の闘病中、竹山は出演料を2人分に分け、中島の分を治療費の一部にあてていたという。同年、DVD『カンニングの思い出づくり』を発売。中島の復帰は当初「年内から2006年春(遅くとも4月末頃)には復帰」と言われていたが、予定から大幅に伸びてしまい4月には復帰できていなかった。2006年11月には退院し「2007年5月ごろに復帰」との情報が出たものの、直後に再入院し、2006年12月20日、ウイルス性肺炎のため死去(享年35)。最後のTV出演はエンタの神様内でカンニング竹山が中島にかけた携帯電話での声のみの出演だった。カンニング (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 笠松町

    笠松町から見た医療費医療費

    2005年3月末までは少子化対策の為、入院および外来の医療費を15歳(義務教育終了)まで町が負担する無料乳幼児医療費助成が行われていた。出生率が上がるなどの一定の成果はあったが、財政圧迫を理由に外来の医療費を4月から10歳(小学校4年生)までに引き下げとなった。入院の医療費補助は義務教育終了まで続いている。笠松町 フレッシュアイペディアより)

  • セルフメディケーション

    セルフメディケーションから見た医療費医療費

    政府の側からは、セルフメディケーションよって政府予算の重荷となりつづけている保険医療費が抑制される効果も期待されている。2017年(平成29年)1月より、国民のセルフメディケーションの推進を目的とし、医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が開始される。セルフメディケーション フレッシュアイペディアより)

  • 全国健康保険協会

    全国健康保険協会から見た医療費医療費

    都道府県単位保険料率では、一般に年齢構成の高い県ほど医療費が高く保険料率が高くなり、また所得水準の低い県ほど同じ医療費でも保険料率が高くなることから、都道府県支部間で年齢調整・所得調整を行う。これにより、結果的には地域の医療格差のみが保険料率に反映されることとなる。全国健康保険協会 フレッシュアイペディアより)

  • 統合医療

    統合医療から見た医療費医療費

    統合医療は、西洋医学に補完代替医療を加えることによって、未病からの病気の超早期発見や予防、根治、健康維持の増進などを目指し、医療費の削減効果が期待されている。統合医療 フレッシュアイペディアより)

  • 伊原木隆太

    伊原木隆太から見た医療費医療費

    岡山県知事就任後のインタビューで、前知事の石井正弘による行財政改革を、先々代の長野士郎県政で発生した大規模公共事業による負債を現役職員に負担を強いるものであるとして、職員に同情を示しつつも、行財政改革を引き続き推進する方針を表明している。そのうえで、新たな財政指針を策定することを表明し、「明確に無駄と言えるのは受益者自身がコストを払うつもりのないサービス」であると発言、医療費無料化に代表される無料の医療・福祉サービスに対し「基本的に無料のものは無駄遣いされる」と述べ、「低所得者層や母子家庭にはバウチャーで対応するべきだ」との見解を示した。2016年に、政策は知恵と工夫で効果を生むとともに、10年、20年後を見据えた長期的視点で投資するのが私のやり方であってこのスタイルこそが「伊原木カラー」だと思っている。との発言があった。伊原木隆太 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の精神保健

    日本の精神保健から見た医療費医療費

    障害者自立支援法による自立支援医療(精神通院医療)が存在する。これは診察料・薬代といった精神疾患の治療に対する通院医療費負担、社会復帰支援事業の施設利用料の一部公的負担が適用となる。医療費全体の原則10%負担で、患者の世帯収入に応じた応益負担である。日本の精神保健 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の精神保健

    日本の精神保健から見た国民医療費医療費

    2014年では、認知症患者数は約500万人、社会的費用は14.5兆円と、国民医療費全体の三分の一を占めていると推計された(厚労省認知症対策総合研究事業)。また2035年には22.9兆円に膨らむ見込み。日本の精神保健 フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード