140件中 11 - 20件表示
  • 日本の医療

    日本の医療から見た医療費医療費

    患者の自己負担分が増加した分、公的医療保険制度からの支出が減らせる。また自己負担分が大きければ、受診抑制による医療費の減少、自己の治療に関心を更に持つことができ、故意による濃厚診療などのモラルハザードを防止することができる。さらに、受益者負担という視点からはより公平になるといえる。また、国民の健康維持と疾病予防への関心が高まることが期待できる。日本の医療 フレッシュアイペディアより)

  • 逃散

    逃散から見た医療費医療費

    小泉政権がすすめてきた医療費削減政策の結果、日本の勤務医の労働環境は悪化の一途をたどってきた。こうした状況に疲弊しきった勤務医が、最後にとりうる抵抗手段として辞職を選ぶようになった。辞職はしばしば連鎖的に発生し、地方か都市かを問わず、基幹病院の診療体制を崩壊させる深刻な影響を与えている。逃散 フレッシュアイペディアより)

  • 学生健康保険互助組合

    学生健康保険互助組合から見た医療費医療費

    学生健康保険互助組合(がくせいけんこうほけんごじょくみあい)は日本の複数の大学で設立、設置されている学生間(多くは全学生強制加入)による医療費の負担軽減等を目的とした互助会組織である。健康保険法による健康保険ではなく、各大学において任意に運営されている。関係者等の間では学生健保(がくせいけんぽ)と通称されることが多い。学生健康保険互助組合 フレッシュアイペディアより)

  • 浦上燔祭説

    浦上燔祭説から見た医療費医療費

    1957年 「原子爆弾被爆者の医療等に関する法律」(原爆医療法、被爆者の医療費について国庫負担の開始)浦上燔祭説 フレッシュアイペディアより)

  • 療養費の支給基準

    療養費の支給基準から見た療養費医療費

    療養費の支給基準は、1964年7月15日から社会保険研究所より刊行されている療養費の支給基準をまとめた冊子。年々変化する柔道整復術、按摩、指圧、マッサージ、鍼、灸、治療用装具、移送、血液などの療養費に関する取扱通知や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の施術料金、往療料等の基準料金が設定されている。療養費の支給基準 フレッシュアイペディアより)

  • 市立秋田総合病院

    市立秋田総合病院から見た医療費医療費

    出納取扱金融機関が秋田銀行秋田市役所支店であるため、当院での医療費の窓口負担の支払は、同支店が院内に設置する、出納派出所窓口で行う形となるが、混雑回避のため市内各支店窓口での納付も可能である。市立秋田総合病院 フレッシュアイペディアより)

  • 老後破産

    老後破産から見た医療費医療費

    老後破産(ろうごはさん)とは社会において存在する高齢者に関する問題であり、これは独居老人が貧困により破産状態の生活を送らざるを得ないような状態になっているということである。この老後破産というのは現代社会において増加し続けている事柄であり、2014年の時点においては約200万人の老人が老後破産のような状態で老後を過ごしていると見られている。この約200万人というのは、2014年時点での独居老人の人数が約600万人であり、このうちの約300万人が貧困状態に置かれており、ここから生活保護を受給している人数を差し引いた人数が約200万人というわけである。このような約200万人の老後破産となった独居老人の多くは、自身が得ることのできる年金のみを生活の糧としている。このような老後破産となるような人間というのは、かつては企業で働いており、そこからの貯蓄や企業を退職するときの退職金も得られており、老後の蓄えがあると思われていた人が多い。だが現実に老後に必要であろうと思われる貯金の金額のみでは老後を過ごすということが不可能であるという場合も多く、たとえば老後に体を壊して医者に頼ったならばそこから多額の医療費により貯金が減少することがあるからである。他には息子がいてその息子が働いていなければ面倒を見ないといけないということになるわけであり、このことからも老後の貯金が減少することになる場合があるからである。老後破産 フレッシュアイペディアより)

  • 後期高齢者医療制度廃止法案

    後期高齢者医療制度廃止法案から見た医療費医療費

    同年5月23日、民主・共産・社民・国民新の野党4党は参議院に後期高齢者医療制度廃止法案を提出した。法案の内容は、被扶養者の新規保険料負担を求めず、新制度とともに始まった高齢者の国民健康保険料の年金天引きをできる限り速やかに廃止し、遅くとも10月から中止とする。2009年度から2割負担になる70?74歳の医療費自己負担も一割のまま据え置くとした。後期高齢者医療制度廃止法案 フレッシュアイペディアより)

  • 明細付き領収書

    明細付き領収書から見た医療費医療費

    明細付き領収書(めいさいつきりょうしゅうしょ)とは、診療行為/診療内容名や薬剤名などが記載された医療費の領収書であり、診療報酬や調剤報酬の算定項目の分かる明細書である。2010年(平成22年)4月1日からは無料で医療機関から発行されており、患者側は医療費支払い時に支払い窓口で受け取ることができる。明細付き領収書 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た医療費医療費

    従来、町村の有力"企業"は、1)役場、2)農協(流通・金融)、3)学校、4)工場、5)建設業、6)病院であり、若い労働力の就職先としても機能してきた。しかし、バブル期の金融で失敗した農協が、再編・広域合併などで財政執行権のない支店格化したり、平成不況で工場が閉鎖されたり、小泉政権下の公共事業の削減によって建設業が倒産して、有力"企業"は、役場・学校・病院になった。近年、少子化のために学校が廃校になって地域から失われ、「平成の大合併」によって役場がなくなった地域も出てきた。現在は、高齢化によって「顧客(患者様)」が増加傾向にある病院のみが有力企業として生き残り、町村の形が「病院城下町」化した地域が多くなっている。ただし、医療費削減・医師不足・医療の機能分担などにより、病院も整理統合される可能性がある(参考:町村の新たな有力企業→「道の駅」、「秘湯ブームや個人旅行に対応した温泉宿」)。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

140件中 11 - 20件表示

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード