140件中 61 - 70件表示
  • 年次改革要望書

    年次改革要望書から見た医療費医療費

    年次改革要望書で言及されている医療改革は、外資系保険を利することが目的となる一方で、診療報酬(レセプト)減額や患者の医療費負担増大が、医療崩壊に繋がっていると指摘する意見がある。年次改革要望書 フレッシュアイペディアより)

  • 地産地消

    地産地消から見た医療費医療費

    このように、当時の地産地消は、伝統的な食生活による栄養素・ミネラルバランスの偏りの是正によって健康的な生活を送るため(医療費削減圧力)、余剰米を解消する減反政策の一環として、他品目農産物の生産を促すため(食糧管理制度の維持)、気候変動に弱い稲作モノカルチャーから栽培農産物の種類の多様化によってリスクヘッジをするため(農家の収入安定)など、多様な経済的インセンティブによって推進された。地産地消 フレッシュアイペディアより)

  • 夜間外来

    夜間外来から見た医療費医療費

    夜間外来(やかんがいらい)とは、救急病院において、夜間・休日など、休診時間帯において医療行為をすることを指す。昼間の事務担当職員は退勤しているため、保証金を支払い、後日事務担当職員がいる時間帯に医療費を精算することになる。 (←保証金のほか、全額自費精算させて保険者に償還請求をさせるケース、昼間同様に保険診療の金額で算定して精算をするケースなど、何パターンかある。)夜間外来 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年長崎県知事選挙

    2010年長崎県知事選挙から見た医療費医療費

    中学生までの医療費の無料化2010年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見た医療費医療費

    また、現代西洋医学の場における化学薬の「薬漬け医療」の問題がしばしば指摘されている。不必要な薬の使い過ぎによる医療費の無駄遣いであり(「多剤大量処方」とも)、日本では全医療費のかなりの部分を医薬品代に費やしてしまっている状況である。このようなことが起きてしまっている理由についての分析はいくつかあるが、日本の現行の医療制度では、(他の職業・専門家とは異なっていて)医師・医療に関しては、豊富な経験や知識そのものに相応の対価が払われず、もっぱら使った薬剤に対してばかり対価が払われるなどという仕組み(保険制度の"点数=お金"としてカウントされる制度。「出来高払い制度」)になっているから、そういうばかげた事態が起こるのだと指摘されることは多い。また、現代西洋医学は、「科」が際限なく細分化していってしまう「過分科現象」を引き起こしており、臨床の場で非常に問題を起こしている。細分化された西洋医学の病院では、一人の人間(患者)が、西洋医学としての診断を確定させるまでに、何日もかかって、いくつもの科を巡り歩き、「山のような薬」を受け取り、その結果、病気がさっぱり良くならないどころか、かえって新しい病気が生じてしまうこと(=医原病)も珍しくないとも言われている。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • 前川忠夫

    前川忠夫から見た医療費医療費

    1974年に社会党、共産党、民社党、公明党などの推薦を得て香川県知事選挙に出馬し、7選をめざした金子正則を破って初当選した。全国7番目の革新知事であり、老人医療費の対象の2歳引き下げや国指定でない難病の医療費の無料化などを行なった。多選回避や高齢などを理由に、3選後の1986年に引退。前川忠夫 フレッシュアイペディアより)

  • エクセルエイド少額短期保険

    エクセルエイド少額短期保険から見た医療費医療費

    2002年厚生労働省の糖尿病実態調査報告で日本全国の糖尿病有病者数は糖尿病予備軍を含め1,620万人であったが、2007年国民健康・栄養調査によると、その数は2,210万人と報告されており、国家的医療対策が強く望まれているにも関わらず、糖尿病有病者数は増加の一途をたどっている。これに伴い、有病者本人あるいは家族の経済的負担も益々増加傾向であると言える。保険業界ではこれまで、「糖尿病になると保険に入れない」と言われており、糖尿病に真正面から向き合った保障は存在しなかった。特に1型糖尿病については、小児期に発症することが多いため、家族や本人が医療費負担を抱え無保険のまま成人し社会に出ることになる。糖尿病の合併症は、3大合併症と言われる糖尿病性網膜症や糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症などに加え、心筋梗塞や脳梗塞などの死亡率が高い疾病もあり、保障が求められている。エクセルエイド少額短期保険 フレッシュアイペディアより)

  • 下流老人

    下流老人から見た医療費医療費

    パターン1:病気や事故による高額な医療費の支払い下流老人 フレッシュアイペディアより)

  • 河端恵美子

    河端恵美子から見た医療費医療費

    静岡県立大学短期大学部では、河端を中心にキャンパス内に「更年期相談室」を新設し、学外の一般患者の相談にも応じている。大学内に更年期障害向けの相談室を設けるのは、日本では初めてである。更年期障害などの治療に用いられるHRT(ホルモン補充療法)について、動脈硬化や骨粗鬆症、および、アルツハイマー病の予防などにも応用できる可能性を指摘している。また、「ホルモン補充療法は、1日13円程度、貼り薬でも65円程度の負担で済む。これに対し高血圧の薬は何百円もする。更年期治療をしっかり行えば、高血圧の薬を飲まずに済む女性も少なくない」と例示しており、適切な更年期治療と健康管理を結びつけることで、女性の健康を維持するとともに医療費削減に繋がる可能性を示唆している。河端恵美子 フレッシュアイペディアより)

  • ペット&ファミリー少額短期保険会社

    ペット&ファミリー少額短期保険会社から見た治療費医療費

    ペットは健康保険制度がないため治療費は全額負担。しかも獣医師業界は完全自由診療なため健康保険制度がある人間のように国が診療報酬を決めることはない。そのため、獣医師によっては非常に高額になる。ペット&ファミリー少額短期保険会社 フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード