100件中 61 - 70件表示
  • 増税問題

    増税問題から見た医療費医療費

    奇しくも、消費増税は全ての国民の精神面や責任感に強い影響を与えることが心配されている。消費税制度の議論が起こった昭和61年と税率が上げられた平成9年を境として、自殺率が増加している。社会保障費の増大に対する抜本的な改善提案はなく、若年者層では国民年金など社会保険料の納付意欲を阻害していくことも懸念される。またタバコ税や酒税などは、嗜好品や贅沢品であるとして増税の対象とされることも多いが、歳出面(生活保護や高齢者の医療費の増大等)の改善も狙って、それらの他にも政府が制限を加えたり一部企業が独占している部門に対する規制の緩和、さらには失業者対策や国策としての労働派遣(有期公務員にする等)も望まれる。増税問題 フレッシュアイペディアより)

  • 官製不況

    官製不況から見た医療費医療費

    1997年の消費税率の引き上げをはじめ、特別減税の休止、さらに医療費の値上げ等の緊縮財政。景気はバブル崩壊後、1993年を底に持ち直しつつあったが、力強さは見られなかった。しかし、福祉の充実や財政健全化を目的に税率を3%から5%に引き上げ、特別減税を停止、さらには医療費も値上げしたため、景気は一気に失速した。また、同時期にはアジア通貨危機や総会屋事件、住専問題処理での公的資金投入に反対が多かったことからの対処の遅れもあいまって、同年の秋には三洋証券、北海道拓殖銀行、山一證券が次々と破綻し、金融危機の様相を呈した。これら橋本内閣の失政は失われた10年の原因の1つとも言われている。官製不況 フレッシュアイペディアより)

  • ライフネット生命保険

    ライフネット生命保険から見た医療費医療費

    公的医療保険における医療費の自己負担分に連動して給付金を支払う新しいタイプの医療保険。ライフネット生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た医療費医療費

    従来、町村の有力"企業"は、1)役場、2)農協(流通・金融)、3)学校、4)工場、5)建設業、6)病院であり、若い労働力の就職先としても機能してきた。しかし、バブル期の金融で失敗した農協が、再編・広域合併などで財政執行権のない支店格化したり、平成不況で工場が閉鎖されたり、小泉政権下の公共事業の削減によって建設業が倒産して、有力"企業"は、役場・学校・病院になった。近年、少子化のために学校が廃校になって地域から失われ、「平成の大合併」によって役場がなくなった地域も出てきた。現在は、高齢化によって「顧客(患者様)」が増加傾向にある病院のみが有力企業として生き残り、町村の形が「病院城下町」化した地域が多くなっている。ただし、医療費削減・医師不足・医療の機能分担などにより、病院も整理統合される可能性がある(参考:町村の新たな有力企業→「道の駅」、「秘湯ブームや個人旅行に対応した温泉宿」)。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • アスベスト問題

    アスベスト問題から見た医療費医療費

    日本においては、アスベスト含有製品生産や建設作業に携わっていた作業者の健康被害に対する補償が行われてきたが、2005年にアスベスト含有製品を過去に生産していた工場近辺における住民の健康被害が明らかになったことで、医療費等の支給など救済措置のための法律が制定されることになった。アスベスト問題 フレッシュアイペディアより)

  • 障害者手帳

    障害者手帳から見た医療費医療費

    各都道府県による健康保険適用医療費助成障害者手帳 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た医療費医療費

    30兆円を超える国民医療負担の膨張に歯止めを打つため、小泉は患者・医療機関・保険者の「三方一両損」による改定を指示、医療制度改革関連法案を国会で可決させた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 社会運動

    社会運動から見た医療費医療費

    健康増進運動 - 健康な生活や医療費の節減を望む者社会運動 フレッシュアイペディアより)

  • e-Tax

    e-Taxから見た医療費医療費

    医療費の領収書や源泉徴収票等については、記載内容を送信することにより提出または提示に代えることができる。ただし、後日税務署から提出または提示を求められる場合があり、これに応じなかった場合は確定申告書への添付または提示がなかったものとして取り扱われるため、申告期限後7年間は保管することが望ましい。e-Tax フレッシュアイペディアより)

  • 高額療養費

    高額療養費から見た医療費医療費

    高額療養費(こうがくりょうようひ)とは、日本において病院などの窓口で支払う医療費を一定額以下にとどめる目的で支給される制度。1ヶ月間(同月内)に同一の医療機関でかかった費用を世帯単位で合算し、自己負担限度額を超えた分については公的医療保険組合によって支給される。高額療養費 フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード