140件中 71 - 80件表示
  • 日本型食生活

    日本型食生活から見た医療費医療費

    その後、昭和40年代(1965年-1974年)初頭になって、ようやく米の自給が達成され名実ともに日本人の主食になった。この頃の日本人の食生活は、フランスの農学者、ジョセフ・クラッツマンをして、タンパク質・脂質・炭水化物のカロリー比率が理想的と言わしめたものであり、このバランスのとれた食生活のおかげで日本人の健康は目を見張る改善を実現し、平均寿命が世界トップクラスになった。また、医療費の増大に困っていたアメリカが、マクガバンレポートで、肉・乳製品・卵といった動物性食品を減らし、精白していない穀物や野菜、果物を多く摂るように勧告したその利用的な食事バランスは、当時の日本人の食生活が達成していた。しかし、日本でも欧米風や中華風のおかずの多い食生活が普及するにしたがい、米の消費量が減少する一方で脂質の消費が増加して、メタボリックシンドロームなど生活習慣病の増加の兆候がみられるようになっていた。日本型食生活 フレッシュアイペディアより)

  • 老衰

    老衰から見た医療費医療費

    日本経済新聞社は市区町村別の後期高齢者(75歳以上)1人当たり年間医療費と、厚労省の老衰死比率データ(2008?2012年)を分析。死因に占める老衰の比率が高い市区町村ほど医療費が低く、老衰で死亡するまでの介護費が増える傾向もないとの結果を2017年12月に公表した。老衰 フレッシュアイペディアより)

  • 診断群分類包括評価

    診断群分類包括評価から見た医療費医療費

    診断群分類包括評価(しんだんぐんぶんるいほうかつひょうか)は、日本における医療費の定額支払い制度に使われる評価方法。DPC(Diagnosis Procedure Combination;診断群分類)に基づいて評価される入院1日あたりの定額支払い制度でDPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System)と呼ばれる。通称はマルメ(丸め)。診断群分類包括評価 フレッシュアイペディアより)

  • 片頭痛

    片頭痛から見た医療費医療費

    慢性的片頭痛の発症は、痛みや苦しみの主な原因であることに加え、「医療費」と「生産性の損失」の主要な原因でもある。EC(欧州共同体)では、片頭痛は1年あたり270億ユーロ以上と、最も費用のかかる神経疾患であると推定されている。1988年のある研究で、6ヶ月間の患者一人あたりの医療費は平均107ドル(米)で、生産性の損失を含めた代償となると平均313ドル(米)であることが分かった。また、片頭痛による生産性の損失で雇用主が被る代償は、患者一人あたり3,309ドルであると見積もられている。アメリカでの片頭痛関連の医療費は1994年に10億ドルにも上り、生産性の損失も1年あたり130億ドルから170億ドルと推定された。雇用主は、職場におけるさらなる理解を促進するため、片頭痛の影響について勉強すると良いだろう。9時から17時まで週5日働く職場モデルは、片頭痛患者には実行できないかもしれないのだ。教育と理解をもってすれば、雇用主は双方にとって実行可能な解決策を作ることで、雇用者と妥協できるのである。片頭痛 フレッシュアイペディアより)

  • 医療費

    医療費から見た国民医療費医療費

    国民医療費に含まれる薬局調剤医療費は、平成7年の1兆2,662億円(国民医療費の4.7%)から平成18年の4兆7,061億円(同14.2%)まで急増している。その伸びは11年で372%以上、国民医療費での比率にして3倍強である。医療費 フレッシュアイペディアより)

  • 高度先進医療

    高度先進医療から見た医療費医療費

    高度先進医療は、通常の保険診療と費用の扱いが異なる。通常の保険診療では、食事療養費などの例外を除いて、医療費は全て保険の対象となり、患者は一部負担金(3割分)を支払えばよい。高度先進医療 フレッシュアイペディアより)

  • 社会運動

    社会運動から見た医療費医療費

    健康増進運動 - 健康な生活や医療費の節減を望む者社会運動 フレッシュアイペディアより)

  • サプリメント

    サプリメントから見た医療費医療費

    アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気にかかると日本と比べて高額な医療費が必要となるため、日頃からの健康の維持に大きく関心が割かれ、薬よりも安いものも多いサプリメントが幅広く普及している。またという、食品の効能の表示の自由や、サプリメントの使用の自由を健康のために求める運動が活発である。1910年代にビタミンが発見され、その後サプリメントとして消費されるようになった。サプリメント フレッシュアイペディアより)

  • 脇信男

    脇信男から見た医療費医療費

    市長就任後は全国初の老人医療費助成制度(70歳以上が対象で所得制限なし)をはじめ、福祉を中心とした諸施策を実施。全国革新市長会の会長を1978年11月から1983年8月まで務める。脇信男 フレッシュアイペディアより)

  • 後発医薬品

    後発医薬品から見た医療費医療費

    一方、日本における後発医薬品の普及率は、43.1%に留まっている(2013年)。しかし少子高齢化が進んだ2000年代後半から、医療費(社会保障費)抑制のため、厚生労働省の主導で、後発医薬品の普及が進められるようになった。後発医薬品 フレッシュアイペディアより)

140件中 71 - 80件表示

「医療費の窓口負担」のニューストピックワード