医薬品 ニュース&Wiki etc.

医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「医薬品」のつながり調べ

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た医薬品

    日本においては鯨食はただ単に食料としてではなく、骨や皮まで全て廃棄することなく利用してきた。平安時代からは公家が滋養強壮のとして、戦国時代には武士が戦いに勝つための縁起担ぎや贈答の最高級品として珍重した、江戸時代からは組織捕鯨の隆盛と共に庶民にも親しまれ、時節やハレの日に縁起物として広く食されるようになり、多種多様な鯨料理が生まれ現在も伝承されている。食文化以外では「花おさ」に代表される縁起物としての工芸品でもある鯨細工は、クジラの歯・骨や鬚を原材料としており、その他にも人形浄瑠璃のエンバ板や、歌舞伎の肩持ちやカラクリ人形のゼンマイに使われ、捕鯨禁止による資源の枯渇が、伝統文化を阻害する。捕鯨問題に係わりその伝統文化の消失が危惧される。ノルウェー、アイスランドなどにも鯨食文化が残っている。また、鯨肉は美味であるだけでなく、高タンパク、低脂肪、低カロリー、でコレステロール含有量も少なく、脂肪酸には血栓を予防するエイコサペンタエン酸(EPA)や頭の働きをよくするドコサヘキサエン酸(DHA)、抗疲労効果のあるバレニン成分が豊富に含まれ、生活習慣病、アトピー等のアレルギー症状を軽減する。(捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海薬品 (島根県)

    日本海薬品 (島根県)から見た医薬品

    日本海薬品有限会社(にほんかいやくひん)は、かつて存在した医薬品、衛生材料、化粧品の卸売を中心とする日本の企業である。鳥取県の「日本海薬品株式会社」に吸収合併され、現在はスズケングループの株式会社サンキとなっている。医薬品の卸売手。(日本海薬品 (島根県) フレッシュアイペディアより)

「医薬品」のニューストピックワード