1164件中 11 - 20件表示
  • 店舗販売業

    店舗販売業から見た医薬品医薬品

    販売できる医薬品は一般用医薬品に限定され、そのうち薬剤師は第一類、第二類及び第三類医薬品を販売出来るが、登録販売者は第二類及び第三類医薬品の販売に限定され、第一類医薬品は販売出来ない。なお、第一類は薬剤師、第二類及び第三類は薬剤師・登録販売者の管理・指導の下でそれぞれ登録販売者及び一般従事者をして対面で販売授与が可能となった。「店舗販売業に関する事項の一般用医薬品の販売方法(新施行規則第159条の14関係)」店舗販売業 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞毒性

    細胞毒性から見た医薬品医薬品

    細胞毒性試験では主に培養細胞を用いて、毒性を細胞の生死、すなわち生存率もしくは死亡率により評価する。細胞の性質(浮遊性か固着性か)や目的(例えば医薬品の開発にはハイスループットスクリーニングが要求される)にも応じて様々な方法が開発されている。大きく分けると、細胞数を直接計数する方法、増殖可能な細胞からできたコロニーを数える方法と、特定の物質を光学的方法または放射標識化合物により定量して間接的に生存・死亡率を見積もる方法がある。細胞毒性 フレッシュアイペディアより)

  • 殺虫剤

    殺虫剤から見た医薬品医薬品

    燻煙剤(医薬品=バルサンSXジェット・キンチョウジェット・ワイパアジェットなど。雑貨=バルサンカメムシジェットなど)殺虫剤 フレッシュアイペディアより)

  • リゾチーム

    リゾチームから見た医薬品医薬品

    リゾチーム(Lysozyme,EC 3.2.1.17)とは、真正細菌の細胞壁を構成する多糖類を加水分解する酵素である。この作用があたかも細菌を溶かしているように見えることから溶菌酵素とも呼ばれる。ヒトの場合涙や鼻汁、母乳などに含まれている。工業的には卵白から抽出したリゾチームが食品や医薬品に応用されている。この酵素は1922年にアレクサンダー・フレミング(ペニシリンの発見でノーベル医学生理学賞を受賞した著明な細菌学者、Alexander Fleming)によって発見され、溶菌をあらわすlysisと、酵素をあらわすenzymeからLysozymeと命名された。リゾチーム フレッシュアイペディアより)

  • 東京都福祉保健局

    東京都福祉保健局から見た医薬品医薬品

    健康安全対策の企画調整、安全性情報の提供、食品の安全確保対策、食中毒対策、薬事関係免許、薬物乱用防止対策、医薬品等の許認可、薬事法等に基づく監視指導、医薬品の広告の適正化、毒劇物・違法ドラッグ対策、国有ワクチンの供給調整、環境に係る健康影響対策、アレルギー・花粉症対策、各種生活衛生対策、動物愛護管理、動物由来感染症対策、水道施設の認可、感染症・結核・後天性免疫不全症候群等の予防対策、感染症・食品・医薬品・水質・環境汚染物質等の試験検査・調査研究・大規模食品製造業・広域に流通する食品・輸入食品等の監視指導・建物衛生対策、薬用植物・有毒植物等の栽培研究・知識の普及啓発、市販生薬の監視指導に必要な標本の整備、都内の卸売市場内に流通する食品の監視指導・試験検査、牛・豚等のと畜に関する検査、輸入食肉や移入枝肉の監視及び検査、犬・猫の捕獲・収容・引取り・譲渡、動物愛護思想の普及啓発、動物取扱業の監視指導、犬・猫の終末処理に関する事務を行っている。東京都福祉保健局 フレッシュアイペディアより)

  • 毒物及び劇物取締法

    毒物及び劇物取締法から見た医薬品医薬品

    ただし、医薬品及び医薬部外品は、毒物や劇物に分類されている物質であっても毒物及び劇物には含まない(毒物及び劇物取締法 第二条)。また混同されやすいが『薬事法における毒薬、劇薬』と『毒物及び劇物取締法における毒物、毒物及び劇物取締法 フレッシュアイペディアより)

  • デントヘルス

    デントヘルスから見た医薬品医薬品

    デントヘルスは従来、歯肉炎・歯槽膿漏の塗るタイプの治療薬(医薬品)「パラデントエース」(ライオン歯磨時代から現在も発売中。ルーツは「パラデント」の商品名でデビューした(ライオン最初の医薬品であった))の処方を改良した「ハイパラデント」よりもさらに処方を改良し、効能・効果に口内炎を加え1993年に発売。後に生薬を配合した薬用歯磨(オオバクの力)を発売した。デントヘルス フレッシュアイペディアより)

  • 噴霧乾燥

    噴霧乾燥から見た医薬品医薬品

    噴霧乾燥はスプレードライまたはスプレードライングとも呼ばれる。これは食品や医薬品といった熱で傷みやすい材料を乾燥させる好ましい方法である。安定した粒度分布(particle size distribution)となるので、触媒のような製品の乾燥に用いられる。一般に空気を加熱して乾燥媒体として用いるが、エタノールのような可燃性液体を溶媒とする場合や酸素感受性の製品である場合には、窒素ガスなどを乾燥媒体として用いる。また、製品によっては比較的低温の気体を用いる場合や減圧環境で行うこともある。噴霧乾燥 フレッシュアイペディアより)

  • ボランタリー・チェーン

    ボランタリー・チェーンから見た医薬品医薬品

    オールジャパンドラッグ株式会社 - 医薬品、化粧品、健康食品、他。PB商品の開発も行っている。ボランタリー・チェーン フレッシュアイペディアより)

  • 治験

    治験から見た医薬品医薬品

    治験(ちけん)とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験のことである。元々は、「治療の臨床試験」の略であるという。治験 フレッシュアイペディアより)

1164件中 11 - 20件表示

「医薬品」のニューストピックワード