1431件中 11 - 20件表示
  • 薬剤師

    薬剤師から見た医薬品医薬品

    薬剤師(やくざいし、)とは、調剤、医薬品の供給、その他薬事衛生を司る医療従事者である。近代的な医療制度では、医療を施す医師・歯科医師と、医薬品を扱う薬剤師を分離独立させた資格制度(分業制度)をとっている。薬剤師 フレッシュアイペディアより)

  • 脱法ハーブ

    脱法ハーブから見た医薬品医薬品

    一方で、諸外国での医療大麻の研究と法律上の認可が続いている。癌の化学療法の副作用の治療に対して、THCとまったく同じ化学構造のドロナビノールが、欧米では医薬品として発売されている。脱法ハーブ フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た医薬品医薬品

    日本たばこ産業株式会社(にほんたばこさんぎょう、、略称: JT)は、日本のたばこ、並びに医薬品、食品・飲料の製造・販売会社である。日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき財務省所管の特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立された。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フロログルシノール

    フロログルシノールから見た医薬品医薬品

    フロログルシノール(phloroglucinol)は、医薬品や爆薬の合成に使われる有機化合物である。フロログルシノールはフェノール型である1,3,5-トリヒドロキシベンゼンと、ケトン型である1,3,5-シクロヘキサトリオン(フロログルシン)の2種の互変異性体が存在し、それぞれ化学平衡の関係にある。フロログルシノールは多官能性であることから有機合成における中間体として便利である。フロログルシノール フレッシュアイペディアより)

  • 医原病

    医原病から見た医薬品医薬品

    原因としては、医療器具、医薬品、医療材料の他にも、医師による誤診、医療過誤(不適切な薬物選択、不適切・未熟な手術、検査など)、院内感染等々が挙げられる。(→)医原病 フレッシュアイペディアより)

  • 精力剤

    精力剤から見た医薬品医薬品

    精力剤(せいりょくざい)とは、主に更年期以降における男性を対象とした、性機能増強のための薬剤及び一般食品の俗称。大きく分けて医薬品に類されるものと、それ以外の食品(サプリメント、健康食品や清涼飲料水など)がある。女性を対象としたものもあるが、ここでは特別な場合を除き、とりわけ更年期以降の男性を対象とした精力剤について言及するものとする。精力剤 フレッシュアイペディアより)

  • 歯肉増殖症

    歯肉増殖症から見た治療薬医薬品

    てんかんの治療薬の一つであるフェニトインを長期間服用することで、約50%の患者に発生する。若年者に好発する。再発は多く、特に口腔内の衛生状態の悪い場合は注意が必要である。歯肉増殖症 フレッシュアイペディアより)

  • 荷居屋

    荷居屋から見た医薬品医薬品

    有限会社荷居屋(にいや、)は、日本の医薬品販売業者。健康食品製造業、医薬部外品製造業なども手掛けている。かつては医薬品製造業も手掛けていた。荷居屋 フレッシュアイペディアより)

  • BASFジャパン

    BASFジャパンから見た医薬品医薬品

    基礎化学品、接着剤、半導体・太陽電池業界向けの電子材料化学品から溶剤、可塑剤のほか、洗剤、プラスチック、繊維、ペイントおよびコーティング材、医薬品などの原料まで供給は多岐にわたる。BASFジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 生薬

    生薬から見た医薬品医薬品

    漢方薬は、生薬であるが漢方医学に基づいたものであり同一ではない。日本において、生薬は、医薬品医療機器等法によって医薬品として扱われるものと、食品として扱われるものの2種類に分類される。前者の製剤化されたものは生薬製剤であり、後者は健康食品である。生薬 フレッシュアイペディアより)

1431件中 11 - 20件表示