1164件中 41 - 50件表示
  • 歯肉増殖症

    歯肉増殖症から見た治療薬医薬品

    てんかんの治療薬の一つであるフェニトインを長期間服用することで、約50%の患者に発生する。若年者に好発する。再発は多く、特に口腔内の衛生状態の悪い場合は注意が必要である。歯肉増殖症 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品副作用被害救済制度

    医薬品副作用被害救済制度から見た医薬品医薬品

    医薬品副作用被害救済制度(いやくひんふくさようひがいきゅうさいせいど)とは、医薬品の副作用により患者が入院や死亡した際、救済給付を行う制度。平成14年法律第192号、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づいて公式に制定されている。医薬品副作用被害救済制度 フレッシュアイペディアより)

  • 百草

    百草から見た医薬品医薬品

    主に長野県西部で製造されている黒色板状の胃腸薬・苦味健胃薬で、現在の医薬品のリスク区分では第2類医薬品に分類される。200年以上前から製造されているという、キハダ樹皮から抽出されたオウバクエキスのみを配合した黒色板状の苦味健胃薬(胃腸薬)。この百草をより飲みやすくするために丸状にしたものが百草丸である。また百草(板)はオウバクエキスのみで出来ているが、百草丸にはほかの生薬が処方・配合されている。百草 フレッシュアイペディアより)

  • フロログルシノール

    フロログルシノールから見た医薬品医薬品

    フロログルシノール(phloroglucinol)は、医薬品や爆薬の合成に使われる有機化合物である。フロログルシノールはフェノール型である1,3,5-トリヒドロキシベンゼンと、ケトン型である1,3,5-シクロヘキサトリオン(フロログルシン)の2種の互変異性体が存在し、それぞれ平衡の関係にある。フロログルシノールは多官能性であることから有機合成における中間体として便利である。フロログルシノール フレッシュアイペディアより)

  • 脱法ハーブ

    脱法ハーブから見た医薬品医薬品

    世界中で大麻の医療用途研究に合成カンナビノイドを使った実験がなされているため、無闇な包括規制は将来の医薬品の研究開発に支障が出る可能性があることも指摘されている。脱法ハーブ フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド

    アイスランドから見た医薬品医薬品

    近年、工業の多様化に努め、ソフトウェア産業やバイオテクノロジー(医薬品の輸出が盛ん)の他、豊富な電力を利用したアルミニウム精錬産業が盛んである。さらに天然資源の加工品としてコンクリートがあり、非常に高価な輸入木材に代わってほとんどの建築に利用されている。アイスランド フレッシュアイペディアより)

  • ビスマス

    ビスマスから見た医薬品医薬品

    常温で安定に存在し、凝固すると体積が増加するのが特徴。またビスマス化合物には医薬品の材料となるものがあり、他の窒素族元素(ヒ素やアンチモン)の化合物に毒性が強いものが多いことと対照的である。ビスマス フレッシュアイペディアより)

  • 健康食品

    健康食品から見た医薬品医薬品

    一般的に、通常の飲食物の形態をとるほか、粉末や錠剤やカプセルなど医薬品と似た形態のものも多い。ビタミンなどの栄養素や動植物の抽出物を補給するものは「サプリメント」とも呼ばれる。健康食品 フレッシュアイペディアより)

  • 医療費控除

    医療費控除から見た医薬品医薬品

    治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価。医療費控除 フレッシュアイペディアより)

  • マグネシウム

    マグネシウムから見た医薬品医薬品

    必須元素であり、食品や医薬品のほか、飼料、肥料として広く用いられる。マグネシウム フレッシュアイペディアより)

1164件中 41 - 50件表示

「医薬品」のニューストピックワード