1164件中 61 - 70件表示
  • 森田草楽堂

    森田草楽堂から見た医薬品医薬品

    株式会社森田草楽堂(もりたそうらくどう)は奈良県橿原市に本社を置き、医薬品を中心に卸及び小売を行っている企業である。社名の草楽堂の由来は【草「漢方」を楽しみ、身体を楽にする】⇒“薬”⇒を業とする会社ということからである。森田草楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • ワイス (企業)

    ワイス (企業)から見た医薬品医薬品

    ワイス(Wyeth, )は、かつて存在したアメリカ合衆国の大手医薬品メーカー。ワイス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ピネン

    ピネンから見た医薬品医薬品

    ピネン(pinene)は、化学式がC10H16で表される有機化合物で、モノテルペンの1種。名称はマツ (pine) に由来し、その名の通り松脂や松精油の主成分であるほか、多くの針葉樹に含まれ特有の香りのもととなる。香料や医薬品の原料となる。ピネン フレッシュアイペディアより)

  • 御木本製薬

    御木本製薬から見た医薬品医薬品

    御木本製薬株式会社(みきもとせいやく、Mikimoto Pharmaceutical Co.,Ltd )は、三重県伊勢市に本社を持つ、真珠をベースとした化粧品、医薬品、医薬部外品、栄養食品、工業薬品の製造販売を手がける会社。特に化粧品に関しては、長きに渡りミキモト化粧品とよばれ親しまれる。ミキモトコスメティックスの名称も用いられる。御木本製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 化学の歴史

    化学の歴史から見た医薬医薬品

    燃焼の性質(酸素を参照)が明らかになったのち、生気論および有機物と無機物の識別という別の論争は、フリードリヒ・ヴェーラーが偶然無機物から尿素を合成した1828年から革命的に展開した。これ以前に無機物から有機物が合成された事例はなかった。この発見は異性論にも大きく貢献した。これで化学の新しい研究領域が開かれ、19世紀末までに科学者は数多くの有機化合物を合成できるようになった。そのうちきわめて重要なものは、モーブ、マゼンタ、およびその他合成染料、そして広く使われている医薬のアスピリンである。化学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 天仙液

    天仙液から見た医薬品医薬品

    1983年に王振国が、前身となる「複方天仙膠嚢(ふくほうてんせんこうのう)」(製品名「天仙丸」)を開発し、1988年に中国政府が抗がん薬として同国医薬品許認可。これを液体化及び成分改良したのが現在の天仙液である。天仙液 フレッシュアイペディアより)

  • 硫酸亜鉛

    硫酸亜鉛から見た医薬品医薬品

    硫酸亜鉛(りゅうさんあえん Zinc sulfate)は、硫酸と亜鉛の塩である。水溶液から結晶化させると、温度によって7、6、または1水和物が得られる。皓礬(こうばん)とも呼ばれる斜方晶で水によく溶け、繊維工業、医薬品、また条件付きで食品添加物にも使用される。硫酸亜鉛 フレッシュアイペディアより)

  • バーチャルスクリーニング

    バーチャルスクリーニングから見た医薬品医薬品

    バーチャルスクリーニング(英語:Virtual screening、略称:VS)は医薬品開発に用いられるコンピュータ技術の1つ。医薬品ターゲット(多くの場合、タンパク質受容体もしくは酵素)と最も良く結合する化学構造を特定するために、コンピュータを用いて高速に多数の構造を評価するバーチャルスクリーニング フレッシュアイペディアより)

  • ラミネートチューブ

    ラミネートチューブから見た医薬品医薬品

    ラミネートチューブは、チューブの一種で、合成樹脂、特殊紙、アルミ箔などをラミネート加工により重ね合わせたシートを原料として作られる。食品、歯磨剤、医薬品、化粧品、絵具、接着剤など半固形状の材質のものを入れるのに幅広く用いられている。ラミネートチューブ フレッシュアイペディアより)

  • 証言拒絶権

    証言拒絶権から見た医薬品医薬品

    医師、歯科医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁理士、弁護人、公証人、宗教・祈祷・祭祀の職にある者(これらの職にあった者)が職務上知り得た事項で黙秘すべきもの(民事訴訟法197条1項2号)証言拒絶権 フレッシュアイペディアより)

1164件中 61 - 70件表示

「医薬品」のニューストピックワード