1431件中 61 - 70件表示
  • 村松郁延

    村松郁延から見た治療薬医薬品

    静岡県磐田郡出身の生理学者である。生物系薬学や薬理学一般を専門としており、アドレナリン受容体やムスカリン受容体の研究で知られている。アドレナリン受容体の「α1L」表現型を史上初めて発見するとともに、α1L表現型の存在を確認する技法を開発した。さらに新薬の開発に応用し、α1L表現型を標的とする排尿障害治療薬の開発に取り組んだ。これらの研究成果は、前立腺肥大に伴う排尿困難に対する治療薬「シロドシン」の開発に繋がることになった。さらに、単一の受容体遺伝子から複数の表現型が発現することを、世界で初めて発見した。この受容体表現型の薬物感受性の差異に着目し、表現型薬理学の概念を提唱した。なお、京都大学医学部の助手、講師、福井医科大学医学部の助教授、教授を経て、福井大学医学部の教授として教鞭を執った。福井大学では、医学図書館の館長、ライフサイエンスイノベーション推進機構の機構長など要職を歴任した。村松郁延 フレッシュアイペディアより)

  • バルサン

    バルサンから見た医薬品医薬品

    バルサンは、1954年より中外製薬がブランドの使用を始め、2004年以降は同社から譲渡を受けたライオンが製造・販売する燻蒸・燻煙式を主とした殺虫剤である。医薬品扱い。バルサン フレッシュアイペディアより)

  • ノバルティス

    ノバルティスから見た医薬品医薬品

    以下ではノバルティスの医薬品事業における日本法人である、ノバルティスファーマ株式会社(Novartis Pharma K.K.)についても併せて記述する。ノバルティス フレッシュアイペディアより)

  • 総合感冒薬

    総合感冒薬から見た医療用医薬品医薬品

    医療用医薬品としては1950?1960年代に大衆薬と同等の成分を配合した「ダン・リッチ」(住友製薬)、「PL(顆粒)」(塩野義製薬)などが発売されている。現況は薬価引き下げに伴い製薬会社にとってほとんど利益が出ない製品となっているが、廉価でも効果があるとしてよく処方する医師もいる。なお「ダン・リッチ」についてはPPA問題(後述)に絡み2005年3月末をもって販売終了済である。総合感冒薬 フレッシュアイペディアより)

  • 的屋

    的屋から見た薬売り医薬品

    芸や見世物を用いて客寄せをし、薬や香の製造販売・歯の医療行為をする者をさし、名称は他にも、野士・野師・弥四とも表記し、すべて「やし」と読む。由来は、野武士が困窮して薬売りに身を投じたという説や、弥四郎という者が薬の行商の祖と言われる事など諸説ある。的屋 フレッシュアイペディアより)

  • 絆創膏

    絆創膏から見た医薬品医薬品

    粘着部のシートの中央部に不織布製のパッドが取り付けられたもので創傷面の保護に用いられる。傷口を清潔にした状態にし、剥離紙をはがしてパッド部分を創傷面に貼りつけて細菌の侵入や感染を予防する。近年では湿潤療法に合わせた商品も増えてきている。日本においては救急絆創膏は薬事法によって医薬品、医薬部外品、医療機器の3つの種類に区分されている。パッド部分に殺菌消毒薬(アクリノール、塩化ベンザルコニウムなど)を含み殺菌消毒効果を有しているものが医薬品・医薬部外品に、パッド部分に薬剤を含んでいないものが医療機器に分類される。絆創膏 フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見た医薬品医薬品

    2004年7月30日 - 医薬品の規制緩和によってこれまで医薬品扱いだった整腸薬・便秘薬・ビタミン剤など371品目が医薬部外品となり、コンビニエンスストアや一般小売で販売が可能になった。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • マグネシウム

    マグネシウムから見た医薬品医薬品

    必須元素であり、食品や医薬品のほか、飼料、肥料として広く用いられる。マグネシウム フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見た医薬品医薬品

    インドの経済は1991年から改革に取り組んでいる(詳細)。1997年5月に政府は低品質の米の輸入を自由化し、民間が無関税で輸入することを許可した。それまで全ての形態の米の輸入はインド食料公社によって独占されていた。小麦は1999年3月から製粉業者が政府を通さずに加工用の小麦を輸入できることが決まった。2002年4月に米・小麦の輸出制限が廃止された。改革によりIT産業の他、自動車部品・電機・輸送機器といった分野も伸びており、加えて産業規模は小さいもののバイオ・医薬品といった産業の発展に力を注いでいる。特に2003年以降は概ね年間7%から9%、2010年度も8.5%の高い経済成長率を達成している。インド フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド

    アイスランドから見た医薬品医薬品

    近年、工業の多様化に努め、ソフトウェア産業やバイオテクノロジー(医薬品の輸出が盛ん)の他、水力発電によって産み出される安価な電力を利用したアルミニウム精錬産業が盛んである。さらに天然資源の加工品としてコンクリートがあり、非常に高価な輸入木材に代わってほとんどの建築に利用されている。アイスランド フレッシュアイペディアより)

1431件中 61 - 70件表示

「医薬品」のニューストピックワード