64件中 31 - 40件表示
  • 医薬品

    医薬品から見た中毒

    日本内外で薬害の問題がある。特に副作用について十分な知識が出回っていなかった頃は医薬品として使われていたものが、後に医薬品の副作用や中毒作用の強さや、重大な副作用による医療訴訟が起こるようになって規制されるようになったものも多い。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た食品

    1971年、「無承認無許可医薬品の指導取締りについて」(昭和46年6月1日薬発第476号、厚生省薬務局長通知)が出され、医薬品と食品の区分が明示された。(通称46通知)医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た処方せん

    医師等の処方せんがなければ、一般の人は購入できない医薬品。入手するには医療機関を受診し、医師または歯科医師の処方箋が必要になる。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た歯科医師法

    医薬品は誰でも販売できる訳ではなく、原則として都道府県知事より許可を受けた以下のような場所でのみ販売できる。診療所や病院などで医薬品が扱えるのは、医師法あるいは歯科医師法の例外規定が根拠になっている。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た栄養改善法

    健康増進法第26条(旧栄養改善法第12条)の規定に基づき許可を受けた表示内容を表示する特別用途食品(病者用食品、妊産婦授乳婦用粉乳、乳児用調製粉乳、高齢者用食品、保健機能食品(特定保健用食品と栄養機能食品)が該当する)医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た注射剤

    医薬品(いやくひん)とは、飲んだり(内服)塗ったり(外用)注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うための物である。医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とに大別される。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た製剤

    一般用医薬品以外の医薬品をいう。いわゆる医療用医薬品及び薬局製造販売医薬品(承認許可を取ることで薬局の調剤室での製造が認められる製剤)。一般人へは薬局において薬剤師が対面で情報提供した上で販売するとされている。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た日本

    日本の薬事法第2条では、次のように定義される。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た薬種商販売業

    医薬品販売業のうち店舗において一般人へ一般用医薬品を販売する業態で,一般用医薬品以外の医薬品は扱うことができない。いわゆる調剤を行わない薬店やドラッグストアと呼ばれている業態。従来の一般販売業及び薬種商販売業は経過措置により2012年5月までは店舗販売業とみなされ営業できる。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た医療用医薬品

    医薬品(いやくひん)とは、飲んだり(内服)塗ったり(外用)注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うための物である。医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とに大別される。医薬品 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「医薬品」のニューストピックワード