85件中 61 - 70件表示
  • 医薬品

    医薬品から見た薬物相互作用

    日本における医薬品の売り上げは年間で7兆3000億円を超え、日本はアメリカ合衆国に次ぐ世界2位の「薬好き」とすら言われる。それは薬漬け医療の問題の反面を持つ。これは飲酒の影響なども加えた薬物相互作用によって深刻な事態となることがある。医薬品の過剰摂取による死亡は、英米でも交通死亡者数を上回り懸念となっている。2010年のアメリカでは、過剰摂取による死亡の原因の過半数が処方箋医薬品であり、全体の74.3%が意図しない死亡である。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た剤形

    医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た農林水産大臣

    日本では「専ら動物のために使用されることが目的とされている医薬品」と定義されており、農林水産大臣が定めたものをいう。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た食品

    食品中の成分の薬理作用の研究が進んだ結果、疾病の予防などの効果をうたった健康食品が出現し、医薬品との区別があいまいになってきた。このため食品と医薬品を明確に区分する必要が生まれた。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た予防医学

    医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た外用薬

    医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た薬剤師

    医薬品医療機器等法では、薬剤師が販売または授与の目的で調剤業務を行う場所を、薬局と定義している。調剤室以外での調剤は、薬剤師法の規定により原則として認められていない。ただし、在宅医療などの場合は例外がある。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た診断

    医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た製剤

    薬局製造販売医薬品 - 承認許可を取ることで薬局の調剤室での製造が認められる製剤。2014年6月12日からの改正でインターネット販売が原則として解禁された。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た自治体

    医薬品販売業のうち医療機関や薬局などに医薬品を卸売りする業態であり倉庫が主体で店舗は持たない。自治体にワクチンを納めるなど特殊な例を除き、医療関係者以外に直接医薬品を販売することは禁じられている。医薬品 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示