前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • 青森県

    青森県から見た十和田湖十和田湖

    世界遺産白神山地を有し、景勝地十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヶ浦などの自然環境が数多く残されている。青森県の中央部には奥羽山脈が縦走し、西側の津軽地方と東側が南部地方(三八地方・上北地方・下北地方)ではそれぞれ異なる歴史や気候、文化、風土を持つ。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 稲生川

    稲生川から見た十和田湖十和田湖

    かつてこの地は火山(現在の十和田湖)の噴火で発生した火砕流によってできた荒地で、その地質と夏場の強いやませにより「木なんか三本と育たね」として「三本木原」と呼ばれていた。当時この地は年間を通して非常に寒く、農業はほぼ不可能であり、そのため定住者はほとんどおらず「三本木さ行ぐな」と言われる程で外部から人が近寄ることも稀な所であった。稲生川 フレッシュアイペディアより)

  • 沖浦ダム

    沖浦ダムから見た十和田湖十和田湖

    浅瀬石川は、岩木川水系の主要な河川である平川の支流である。十和田湖の西側に広がる八甲田山系を水源として概ね北に流れ、黒石市内を貫流したのちに南津軽郡藤崎町において平川に合流する。平川は浅瀬石川と合流すると直ぐに岩木川に注ぎ、北へ流れ十三湖を経て日本海に注ぐ。ダムは黒石市の上流部、温湯温泉の上流にある。ダム名は所在地右岸部の大字から命名された。沖浦ダム フレッシュアイペディアより)

  • 十和田南線

    十和田南線から見た十和田湖十和田湖

    とわだこ号(とわだこごう)は、岩手県盛岡市と青森県十和田市十和田湖を結んでいた季節運行の高速バスである。2009年度から運行が中止されている。十和田南線 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂町内テレビ中継局

    小坂町内テレビ中継局から見た十和田湖十和田湖

    これらの中継局は小坂町内へ電波を発射している。但し、町北東部の十和田湖地区には在秋テレビ局が中継局を置いておらず、在青テレビ局を受信・視聴している。又、町南部の一部では花輪中継局を受信している。小坂町内テレビ中継局 フレッシュアイペディアより)

  • 火山湖

    火山湖から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖(青森県・秋田県)火山湖 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県の記念物

    秋田県の記念物から見た十和田湖十和田湖

    日本の文化財保護法では史跡、名勝、天然記念物を合わせて記念物と称する。なお、秋田県と青森県にまたがる「十和田湖および奥入瀬渓流」は、その学術的価値により、特別名勝と天然記念物の2つの種別の記念物に重複して指定されている。秋田県の記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 旅美人

    旅美人から見た十和田湖十和田湖

    7月(3回) - 桜井裕美:青森県十和田湖・金木町・青森市旅美人 フレッシュアイペディアより)

  • 三湖伝説

    三湖伝説から見た十和田湖十和田湖

    八郎太郎は村の娘と旅の男との間の息子で、父親は寒風山で竜に姿を変えて消えたと言われており、母親は難産で死んでいたので祖父母に育てられ、マタギをして生活していた。しかしある日仲間の掟を破り、仲間の分のイワナまで自分一人で食べてしまったところ、急に喉が渇き始め、33夜も川の水を飲み続け、いつしか33尺の竜へと変化していった。自分の身に起こった報いを知った八郎太郎は、十和田山頂に湖を作り、そこの主として住むようになった。この湖が十和田湖である。三湖伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 噴火

    噴火から見た十和田湖十和田湖

    紀元前4200年頃 - 十和田。噴出量9.2km3、十和田湖の中湖を形成。噴火 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「十和田湖」のニューストピックワード