前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
180件中 1 - 10件表示
  • 法量 (十和田市)

    法量 (十和田市)から見た十和田湖十和田湖

    青森県の東南部には二級河川の奥入瀬川が流れている。奥入瀬川の本流は十和田湖に発し、その代表的な支流のひとつ蔦川は八甲田山に発している。同じ八甲田山の南東斜面からは中里川が発し、さらに八甲田山の外輪から熊ノ沢川が発する。これらはいずれも東南方向へ流れて奥入瀬川に合流する。法量 (十和田市) フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た十和田湖十和田湖

    世界遺産白神山地を有し、景勝地十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヶ浦などの自然環境が数多く残されている。青森県の中央部には奥羽山脈が縦走し、西側の津軽地方と東側が南部地方(三八地方・上北地方・下北地方)ではそれぞれ異なる歴史や気候、文化、風土を持つ。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県の記念物

    秋田県の記念物から見た十和田湖十和田湖

    日本の文化財保護法では史跡、名勝、天然記念物を合わせて記念物と称する。なお、秋田県と青森県にまたがる「十和田湖および奥入瀬渓流」は、その学術的価値により、特別名勝と天然記念物の2つの種別の記念物に重複して指定されている。秋田県の記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 国道102号

    国道102号から見た十和田湖十和田湖

    青森県津軽地方の中心都市である弘前市から十和田湖を経由して南部地方内陸部の十和田市に至る路線である。国道102号 フレッシュアイペディアより)

  • 火山湖

    火山湖から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖(青森県・秋田県)火山湖 フレッシュアイペディアより)

  • 菅江真澄

    菅江真澄から見た十和田湖十和田湖

    十曲湖(トワタノウミ) - 1807年(文化4年)8月十和田湖に遊んだ紀行文。1910年7月に石川理紀之助によって仙北郡西明寺村の齋藤邸で発見された。8月、小坂町から鳥越の疫病除けのまじないを見て藤原に到達、七滝明神に参拝し、級の木(しなのき)長根で十和田湖を見た。鉛山鉱山に宿泊、休屋で南祖坊と八郎太郎の物語を聞く。南祖坊を祀る十和田神社に参拝し、休屋の山小屋でキノコ取りのマタギ達と一泊し、発荷峠を越え、大倉を経て、鴇(ときとう)に一泊し毛馬内まで帰った。9月には、大湯を経て菷畑の家に泊る。止滝、中滝、銚子の滝を巡り、再度紅葉の十和田湖を見る。菅江真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 高村光太郎

    高村光太郎から見た十和田湖十和田湖

    1950年(昭和25年)、戦後に書かれた詩を収録した詩集『典型』を出版。翌年に第2回読売文学賞を受賞。1952年(昭和27年)、青森県より十和田湖畔に建立する記念碑の作成を委嘱され、これを機に小屋を出て東京都中野区桃園町(現・東京都中野区中野三丁目)のアトリエに転居し、記念碑の塑像(裸婦像)を制作。この像は「乙女の像」として翌年完成した。高村光太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅瀬石川ダム

    浅瀬石川ダムから見た十和田湖十和田湖

    浅瀬石川は、岩木川水系の主要な河川である平川の支流である。十和田湖の西側に広がる八甲田山系を水源として概ね北に流れ、黒石市内を貫流したのちに南津軽郡藤崎町において平川に合流する。平川は浅瀬石川と合流すると直ぐに岩木川に注ぎ、北へ流れ十三湖を経て日本海に注ぐ。ダムは黒石市の上流部、温湯温泉の上流にある。浅瀬石川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 国道103号

    国道103号から見た十和田湖十和田湖

    国道103号(こくどう103ごう)は、青森県青森市から十和田湖を経由して秋田県大館市に至る一般国道である。国道103号 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田南線

    十和田南線から見た十和田湖十和田湖

    とわだこ号(とわだこごう)は、岩手県盛岡市と青森県十和田市十和田湖を結んでいた季節運行の高速バスである。2009年度から運行が中止されている。十和田南線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
180件中 1 - 10件表示

「十和田湖」のニューストピックワード