180件中 91 - 100件表示
  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た十和田湖十和田湖

    東北地方は日本でも早期より多目的ダムによる河川総合開発事業が積極的に進められていた。青森県は多目的ダムとして日本最初の施工例となった沖浦ダム(浅瀬石川)や十和田湖の総合開発事業を1938年(昭和13年)より実施。河川総合開発の父である物部長穂の故郷・秋田県も田沢湖・玉川の総合開発を1939年(昭和14年)より実施するなど他の都道府県に先駆けて河川開発を進めていた。当時河川行政を管轄した内務省も1941年より国直轄の河川総合開発を計画し、北上川と名取川が東北では対象とされ田瀬ダム(猿ヶ石川)が直轄ダム日本第一号として施工を開始、さらに田瀬ダムなど5ダムを北上川本支流に建設する北上川五大ダム計画(田瀬、石淵、湯田、四十四田、御所)がこの時成立した。また釜房ダムの計画も進められたが、太平洋戦争により事業は中断した。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 津軽ダム

    津軽ダムから見た十和田湖十和田湖

    当時の日本における河川行政は、東京帝国大学教授で内務省土木試験所長だった物部長穂が河水統制事業を提唱し、従来利水目的で建設が行われていたダム事業を治水・利水の双方で利用し総合的な河川開発を行うべきと主張。内務省内務技監の青山士(あきら)が1935年に国策として採用したことから相模川(神奈川県)、錦川(山口県)、綾川(香川県)などで多目的ダムによる河川開発が実施され始めた。青森県はこれに先立ち1934年(昭和9年)、治水と水力発電を目的として岩木川最大の支流・平川の二次支流である浅瀬石(あせいし)川上流部に日本最初の多目的ダム事業である浅瀬石川河水統制事業・沖浦ダムの建設に着手。十和田湖の莫大な貯水量を利用して三本木原台地の農地開発と水力発電を目的とした奥入瀬川河水統制事業と共に河川総合開発の先駆けとして1945年(昭和20年)に完成させた。戦後、連年発生する水害や食糧不足、発電設備の障害に端を発する停電頻発が日本の復興に負の影響を及ぼすことを懸念した内閣経済安定本部により、1951年(昭和26年)に物部の河水統制事業を拡充した河川総合開発事業が制度化。岩木川水系は対象河川となり多目的ダム計画がスタート。さらに1950年(昭和25年)制定の国土総合開発法に基づき、より広域かつ強力な河川開発を行い地域発展を促進する目的で特定地域総合開発計画が日本の22地域で計画された。青森県下でも岩木川水系と奥入瀬川水系が対象とされ1957年(昭和32年)に十和田岩木川特定地域総合開発計画が閣議決定され、岩木川の治水、津軽平野・三本木原台地の灌漑、両河川の水力発電開発などが計画に盛り込まれた。津軽ダム フレッシュアイペディアより)

  • 青森県の観光地

    青森県の観光地から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖および奥入瀬渓流(特別名勝)青森県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 和井内貞行

    和井内貞行から見た十和田湖十和田湖

    和井内 貞行(わいない さだゆき、安政5年2月15日(1858年3月29日) - 大正11年(1922年)5月16日)は、秋田県十和田湖開発の先駆者である。和井内貞行 フレッシュアイペディアより)

  • 地方港湾

    地方港湾から見た十和田湖十和田湖

    地方港湾の中には湖や河川内に所在するものがある。前者には青森県の子ノ口港、休屋港(十和田湖沿岸)、福島県の翁島港、湖南港(猪苗代湖沿岸)、茨城県の土浦港(霞ケ浦沿岸)、滋賀県の大津港、長浜港、彦根港、竹生島港(琵琶湖沿岸)が、後者には茨城県の潮来港、軽野港(利根川沿岸)や京都府の伏見港(宇治川沿岸)がある。地方港湾 フレッシュアイペディアより)

  • オオクワガタ

    オオクワガタから見た十和田湖十和田湖

    山梨県の韮崎市や大阪府豊能郡能勢町は、大都市に近いこともありオオクワガタの有名な採集地となっていたが、乱獲の影響を受け新聞などの報道もなされた。また福島県桧枝岐村も生息地として知られるようになり、それに佐賀県筑後川流域、岡山県を加え、これらは愛好家の間で五大名産地とも呼ばれる。なお十和田湖周辺や東海地方の木曽三川流域なども注目されており、これらは○○産として半ばブランド化している。能勢町や兵庫県川辺郡猪名川町阿古谷産に大顎の太い個体が多いとされるが、それらが本当に野生個体であるかどうかの検証は十分なされていない。オオクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥鴻彰

    白鳥鴻彰から見た十和田湖十和田湖

    白鳥は、明治30年(1897年)ごろから十和田湖や酸ケ湯温泉が将来必ず観光地として脚光を浴びる日が来ると考えていた。当時、青森から酸ケ湯温泉に行くには荒川から金浜を経て行く細い山道しかなかった。そのため、荒川には3軒の宿屋があり、酸ケ湯へ行く人々は荒川を午前3時位に出発した。白鳥鴻彰 フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見た十和田湖十和田湖

    7月16日:青森県十和田湖 湖水まつり2000(青森県・十和田湖)*来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • 複合艇

    複合艇から見た十和田湖十和田湖

    また十和田湖では、民間企業により2011年よりRHIBを用いたツアーが催され、2014年には7隻に増勢している。複合艇 フレッシュアイペディアより)

  • 奥入瀬川

    奥入瀬川から見た十和田湖十和田湖

    青森県十和田市の秋田県との境界に位置する十和田湖に源を発する。十和田湖の唯一の流出河川で、湖の東岸の子ノ口(ねのくち)から北東に流れ、十和田市焼山で東に向きを変える。十和田市市街地の南側を流れ、上北郡おいらせ町と八戸市の境界で太平洋に注ぐ。上流部の奥入瀬渓流は景勝地として知られる。奥入瀬川 フレッシュアイペディアより)

180件中 91 - 100件表示

「十和田湖」のニューストピックワード