153件中 11 - 20件表示
  • カルデラ

    カルデラから見た十和田湖十和田湖

    カルデラ湖 (caldera lake) は、カルデラ全体または一部に雨水が貯まり湖になったもの。箱根山の芦ノ湖や十和田湖などカルデラ湖は多数ある。ほとんどのカルデラ(海中を除く)は一度は湖になっており、現在、カルデラ湖でないものは流出する河川ができて排水されたものである。カルデラ フレッシュアイペディアより)

  • 六戸町

    六戸町から見た十和田湖十和田湖

    六戸町(ろくのへまち)は、青森県上北郡の東南部に位置した町である。一面が平坦な地形にて形成されており、目立った高山・湖沼はない。十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には水田が広がる。積雪は多くなく年間を通して穏やかな気候である。六戸町 フレッシュアイペディアより)

  • 国道103号

    国道103号から見た十和田湖十和田湖

    国道103号(こくどう103ごう)は、青森県青森市から十和田湖を経由して秋田県大館市に至る一般国道である。国道103号 フレッシュアイペディアより)

  • 高村光太郎

    高村光太郎から見た十和田湖十和田湖

    1950年(昭和25年)、戦後に書かれた詩を収録した詩集『典型』を出版。翌年に第2回読売文学賞を受賞。1952年(昭和27年)、青森県より十和田湖畔に建立する記念碑の作成を委嘱され、これを機に小屋を出て東京都中野区桃園町(現・東京都中野区中野三丁目)のアトリエに転居し、記念碑の塑像(裸婦像)を制作。この像は翌年完成した。高村光太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田市

    十和田市から見た十和田湖十和田湖

    市の北西部は八甲田山の山麓である。青森市との境には、乗鞍岳などの南八甲田連峰がそびえ、青森市側の田代平から続く牧場が広がっている。谷地・猿倉・蔦・焼山といった温泉が点在する。市の南西部も山地であり、主なものはカルデラ湖である十和田湖、その外輪山である御鼻部山や十和田山である。十和田湖からの水に八甲田山麓などからの水を合わせ奥入瀬川が流れており、特に湖岸の子ノ口から焼山までは奥入瀬渓流として有名である。十和田市 フレッシュアイペディアより)

  • 田沢湖

    田沢湖から見た十和田湖十和田湖

    秋田県の中東部に位置する。最大深度は423.4mで日本第一位(第二位は支笏湖、第三位は十和田湖)、世界では17番目に深い湖である(世界で最も深い湖はバイカル湖)。田沢湖 フレッシュアイペディアより)

  • 虹の湖

    虹の湖から見た十和田湖十和田湖

    黒石市街地から国道102号を十和田湖方面へ進み、黒石温泉郷を過ぎていくと見えてくる。岸辺には道の駅虹の湖が建っており、ハイキング・貸しボート・バーベキューができる施設が整っている。虹の湖 フレッシュアイペディアより)

  • 八の太郎大蛇伝説

    八の太郎大蛇伝説から見た十和田湖十和田湖

    八の太郎大蛇伝説とは、青森県十和田湖に住んでいた大蛇が、その後秋田県の八郎潟の主になったという伝説である。地域によって伝説の内容に違いはあるが、ここではその一つを紹介する。八の太郎大蛇伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 現頭倉

    現頭倉から見た十和田湖十和田湖

    標高884.9m。十和田湖を取り囲む外輪山の一つで、同湖の南西岸に位置している。湖畔の猿鼻岬の後方にそそり立つような姿をしている。現頭倉 フレッシュアイペディアより)

  • 追良瀬川

    追良瀬川から見た十和田湖十和田湖

    奥入瀬川 - 同じ青森県を流れる川で読みが同じ。十和田湖から太平洋に注ぐ。追良瀬川 フレッシュアイペディアより)

153件中 11 - 20件表示

「十和田湖」のニューストピックワード