180件中 11 - 20件表示
  • 十和田市

    十和田市から見た十和田湖十和田湖

    市の北西部は八甲田山の山麓である。青森市との境には、乗鞍岳などの南八甲田連峰がそびえ、青森市側の田代平から続く牧場が広がっている。谷地・猿倉・蔦・焼山といった温泉が点在する。市の南西部も山地であり、主なものはカルデラ湖である十和田湖、その外輪山である御鼻部山や十和田山である。十和田市 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂町

    小坂町から見た十和田湖十和田湖

    町の北東部には十和田湖があるが、2008年までは町の境界が確定していなかった。2008年(平成20年)9月に十和田市との境界が覚え書きによって決定して官報に告示され、十和田湖の西側が正式に小坂町の町域となった。小坂町 フレッシュアイペディアより)

  • 旅美人

    旅美人から見た十和田湖十和田湖

    7月(3回) - 桜井裕美:青森県十和田湖・金木町・青森市旅美人 フレッシュアイペディアより)

  • 六戸町

    六戸町から見た十和田湖十和田湖

    六戸町(ろくのへまち)は、青森県上北郡の東南部に位置する町である。一面が平坦な地形にて形成されており、目立った高山・湖沼はない。十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には農地が広がる。積雪は多くなく年間を通して穏やかな気候である。六戸町 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅こさか七滝

    道の駅こさか七滝から見た十和田湖十和田湖

    秋田県道2号大館十和田湖線は東北自動車道から十和田湖へ向かう最短ルートで、当駅は東北自動車道小坂ICから約8km、十和田湖(発荷峠)まで約12kmと小坂 - 十和田湖間の中間点の山間部に位置する。施設は『滝の茶屋 孫左衞門』がすでに存在していたが、その『滝の茶屋 孫左衞門』を核として2010年に開駅した。道の駅こさか七滝 フレッシュアイペディアより)

  • 田沢湖

    田沢湖から見た十和田湖十和田湖

    秋田県の中東部に位置する。直径は約6kmの円形、最大深度は423.4mで日本第1位(第二位は支笏湖、第三位は十和田湖)、世界では17番目に深い湖である(世界で最も深い湖はバイカル湖)。田沢湖 フレッシュアイペディアより)

  • 八甲田山

    八甲田山から見た十和田湖十和田湖

    青森県のほぼ中央に位置し、約20km南には十和田湖が位置する。東北地方の脊梁奥羽山脈の北端である。青森県の最高峰「岩木山」標高1,625mに次ぐ、標高1,584m。2016年12月1日より気象庁指定の常時観測火山である。八甲田山 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た十和田湖十和田湖

    湖沼:十和田湖、田沢湖、八郎潟残存湖、太平湖秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 三湖伝説

    三湖伝説から見た十和田湖十和田湖

    八郎太郎は村の娘と旅の男との間の息子で、父親は寒風山で竜に姿を変えて消えたと言われており、母親は難産で死んでいたので祖父母に育てられ、マタギをして生活していた。しかしある日仲間の掟を破り、仲間の分のイワナまで自分一人で食べてしまったところ、急に喉が渇き始め、33夜も川の水を飲み続け、いつしか33尺の竜へと変化していった。自分の身に起こった報いを知った八郎太郎は、十和田山頂に湖を作り、そこの主として住むようになった。この湖が十和田湖である。三湖伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 大館能代空港

    大館能代空港から見た十和田湖十和田湖

    秋田県北部の鷹巣盆地の中央に位置し、大館市(車で約35分)・能代市(車で約50分)などを主な利用圏とする。周囲に白神山地・十和田湖・八幡平など豊かな観光資源に恵まれた観光拠点空港である。大館能代空港 フレッシュアイペディアより)

180件中 11 - 20件表示

「十和田湖」のニューストピックワード