153件中 21 - 30件表示
  • 円筒土器文化圏

    円筒土器文化圏から見た十和田湖十和田湖

    自然環境の面からいえば、円筒土器文化圏は津軽海峡のブラキストン線をはさむ両側の寒流域だと見なすことができる。植生の面からすれば今日でも白神山地や十和田湖・奥入瀬渓流などで知られるように、ブナなどの落葉広葉樹林が濃密に分布する地域で、ミズナラ・コナラなどのドングリ類やクルミに加えて、クリやトチといったきわめて有用な堅果(ナッツ)類が豊富である。さらに、サケ・マスの遡上が広くみられる点でも、当時きわめて生活に適した環境にあったものと考えられる。漁撈では回転式離頭銛を用いた海獣の捕獲もなされていた。これは北筒式土器文化圏と共通する文化要素であるが、海獣捕獲の道具についてはこの後も江戸時代に至るまで一貫してこの地域では北海道と歩調をあわせている。円筒土器文化圏 フレッシュアイペディアより)

  • 小館善四郎

    小館善四郎から見た十和田湖十和田湖

    太宰の側では小館を許す気持ちが強く、1946年(昭和21年)8月、小館の妹れい子に「私は四郎君の今後の家庭生活の幸福をいつでも、ひそかに祈つてゐました。秋頃には四郎君に案内していただいて十和田湖へ行つてみたいと思つてゐます」と書き送ったが、太宰多忙のため実現はしなかった。小館善四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 活彩とわだこ号

    活彩とわだこ号から見た十和田湖十和田湖

    活彩とわだこ号(かっさいとわだこごう)は青森県八戸市と十和田市にある十和田湖を結ぶ会員制バスである。活彩とわだこ号 フレッシュアイペディアより)

  • 子ノ口駅

    子ノ口駅から見た十和田湖十和田湖

    奥入瀬渓流の散策拠点や、十和田北ルートからの十和田湖の玄関口としての役割も果たしている。子ノ口駅 フレッシュアイペディアより)

  • 地方港湾

    地方港湾から見た十和田湖十和田湖

    地方港湾の中には湖や河川内に所在するものがある。前者には青森県の子ノ口港、休屋港(十和田湖沿岸)、福島県の翁島港、湖南港(猪苗代湖沿岸)、茨城県の土浦港(霞ケ浦沿岸)、滋賀県の大津港、長浜港、彦根港、竹生島港(琵琶湖沿岸)が、後者には茨城県の潮来港、軽野港(利根川沿岸)や京都府の伏見港(宇治川沿岸)がある。地方港湾 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖温泉郷

    十和田湖温泉郷から見た十和田湖十和田湖

    但し、いずれの場合でも十和田湖から離れた範囲が温泉郷となっている。十和田湖温泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 焼山温泉 (青森県)

    焼山温泉 (青森県)から見た十和田湖十和田湖

    奥入瀬渓流や十和田湖観光の拠点になっており、大型の宿泊施設が多い。焼山温泉 (青森県) フレッシュアイペディアより)

  • 鹿角弁

    鹿角弁から見た十和田湖十和田湖

    鹿角地方は、いわゆる”鹿角盆地”と呼ばれ、米代川上流域にあり、北は十和田湖、南は八幡平を控え、東側は奥羽山脈にさえぎられるなど、四方を青垣山に囲まれた風光明媚な土地である。また古来、金や銅などが盛んに採掘されていた。鹿角弁 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田タクシー

    十和田タクシーから見た十和田湖十和田湖

    花輪駅 - 十和田南駅 - 大湯温泉 - 四の岱 - 十和田湖(運行期間注意)十和田タクシー フレッシュアイペディアより)

  • 休屋

    休屋から見た十和田湖十和田湖

    十和田八幡平国立公園の十和田湖南部の湖畔にあり、ホテルなどの宿泊施設や土産物ほか、観光汽船乗り場、乙女の像などがある十和田湖の中心観光拠点である。休屋 フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「十和田湖」のニューストピックワード