153件中 31 - 40件表示
  • 八太郎

    八太郎から見た十和田湖十和田湖

    階上岳から十和田湖に至る「八の太郎大蛇伝説」がある。八太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大湯温泉 (鹿角市)

    大湯温泉 (鹿角市)から見た十和田湖十和田湖

    温泉地は十和田湖観光の拠点の一つともなっており、また大湯環状列石にも近い。大湯温泉 (鹿角市) フレッシュアイペディアより)

  • 岩岳 (青森県・秋田県)

    岩岳 (青森県・秋田県)から見た十和田湖十和田湖

    岩岳(いわだけ)は、十和田湖の西岸の青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との境界に位置する標高879.9mの山である。東北百名山に選定されている。岩岳 (青森県・秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 神道天行居

    神道天行居から見た十和田湖十和田湖

    友清は、ユダヤ人の陰謀による日本への攻撃、すなわち武力戦・生産戦・思想戦に対して霊的方面から援護するという「霊的国防」を提唱した。これを実現するために、天行居では、友清の指示により、1927年(昭和2年) - 1952年(昭和27年)の間、白馬岳山上、中朝国境の白頭山頂の天池、武甲山上、洞爺湖、台湾の日月潭、琵琶湖、富士山麓、十和田湖、明石海峡に神璽を鎮め、国内の神璽については、現在でも毎年、現地で例祭を執行している。これらの神璽のうち白頭山天池の神璽を最も重要なものとしている。神道天行居 フレッシュアイペディアより)

  • 末期古墳

    末期古墳から見た十和田湖十和田湖

    築造年代は7世紀初頭から10世紀にかけてとされる。7世紀前半、北上川中・上流域と馬淵川流域で始まった末期古墳の造営は、8世紀から9世紀にかけて東北地方北部と北海道の石狩低地帯へと分布範囲が広がった。発掘時に確認された十和田湖の915年(延喜15年)大噴火で噴出した火山灰と、白頭山の10世紀前半と推定されている大噴火による火山灰によって、場所によっては10世紀前半まで末期古墳の造営が続いていたことが明らかになっている。末期古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 高村山荘

    高村山荘から見た十和田湖十和田湖

    高村光太郎(1883年-1956年)は、1945年5月に東京の自宅兼アトリエを空襲で失い、宮沢賢治の父の宮沢政次郎および実弟の宮沢清六を頼って花巻の宮沢家に疎開した。しかし、宮沢家も同年8月に空襲により焼失したため、1945年秋から小屋を設けて住むこととした。それがこの高村山荘である。以来、十和田湖畔の「乙女の像」制作のため当地を離れる1952年までの晩年の7年間を独りで過ごした。この生活には戦争中に戦意高揚のために多くの詩を作ったことへの贖罪の意味があったとされる。面積は土間を含めても15畳程度と小さく、柱が細くて造作も粗末。この旧居を保存するために、二重に蓑屋で囲われている。蓑屋の入口には、草野心平の書「無得殿」が掲げてある。高村山荘 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖畔温泉

    十和田湖畔温泉から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖湖畔の休屋地区に温泉街が広がる。十和田湖畔温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 繭子ひとり

    繭子ひとりから見た十和田湖十和田湖

    西に十和田湖、そして八甲田山をのぞむ青森県の三戸町。農業を営む父・加野謙吉の一人娘として生まれた繭子は、21歳の春を迎えた。繭子は毎晩夢を見た。母の夢である。繭子の母は16年前、弟だけを連れて突然三戸から姿を消した。繭子ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 大湯川

    大湯川から見た十和田湖十和田湖

    大湯川の上流域には、大平・熊取平・田代平などの広大な農地や牧場が広がり、また数基の風力発電所も見られ、さらに上流へ向かうと、十和田八幡平国立公園の十和田湖地区に至る。大湯川 フレッシュアイペディアより)

  • 赤神神社

    赤神神社から見た十和田湖十和田湖

    竜飛岬の黒神と当地の赤神が、十和田湖の女神を巡って争い、赤神が負けたが、同情した女神は赤神を選んだという伝説がある。赤神神社 フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「十和田湖」のニューストピックワード