180件中 31 - 40件表示
  • 十和利山

    十和利山から見た十和田湖十和田湖

    標高990.9m。十和田湖の南東に位置し、同湖を取り囲む外輪山の一つである。また、山頂が上記3市村の境界となっている。戸来岳、十和田山とともに十和田三山をなす。十和利山 フレッシュアイペディアより)

  • 赤岩山 (秋田県)

    赤岩山 (秋田県)から見た十和田湖十和田湖

    標高785.5m。十和田湖を囲む外輪山の一つで、同湖の南岸に位置する。赤岩山 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 白地山

    白地山から見た十和田湖十和田湖

    標高1,034.0m。十和田湖の西岸に位置し、湖を取り囲む外輪山の一つである。白地山 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖温泉郷

    十和田湖温泉郷から見た十和田湖十和田湖

    ただし、いずれの場合でも十和田湖から離れた範囲が温泉郷となっている。十和田湖温泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 可知貢一

    可知貢一から見た十和田湖十和田湖

    1926年に十和田湖の調節によって三本木原開墾・開発案を樹立したのをはじめ、1918年から土地利用の調査、計画を担当。可知貢一 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田西線

    十和田西線から見た十和田湖十和田湖

    近年では、十和田湖観光の旅行企画で「弘前・十和田湖号」が十和田西線で沿線の観光地を巡りながら運行されている。なお、当項ではツアーバス「弘前・十和田湖号」についても記述する。十和田西線 フレッシュアイペディアより)

  • 大湯温泉 (鹿角市)

    大湯温泉 (鹿角市)から見た十和田湖十和田湖

    温泉地は十和田湖観光の拠点の1つともなっており、また大湯環状列石にも近い。大湯温泉 (鹿角市) フレッシュアイペディアより)

  • 櫛ヶ峯

    櫛ヶ峯から見た十和田湖十和田湖

    山頂からは、十和田湖や岩木山、北八甲田山、青森市などを見ることができ、360度の眺望を得ることができる。山頂から、廃道になったかつての登山道を降りると崩れた祠の跡がある。祠には開山の経緯が掘られた碑があり、その碑文によると、櫛ヶ峯に登山道が作られたのは1956年(昭和31年)10月である。櫛ヶ峯 フレッシュアイペディアより)

  • 正七位

    正七位から見た十和田湖十和田湖

    著名な正七位の叙位の例としては、十和田湖の開発に尽力した和井内貞行、東武東上線ときわ台駅で殉職した警視庁警部の宮本邦彦の叙位などがある。正七位 フレッシュアイペディアより)

  • 末期古墳

    末期古墳から見た十和田湖十和田湖

    築造年代は7世紀初頭から10世紀にかけてとされる。7世紀前半、北上川中・上流域と馬淵川流域で始まった末期古墳の造営は、8世紀から9世紀にかけて東北地方北部と北海道の石狩低地帯へと分布範囲が広がった。発掘時に確認された十和田湖の915年(延喜15年)大噴火で噴出した火山灰と、白頭山の10世紀前半と推定されている大噴火による火山灰によって、場所によっては10世紀前半まで末期古墳の造営が続いていたことが明らかになっている。末期古墳 フレッシュアイペディアより)

180件中 31 - 40件表示

「十和田湖」のニューストピックワード