180件中 51 - 60件表示
  • 八甲田山死の彷徨

    八甲田山死の彷徨から見た十和田湖十和田湖

    弘前歩兵第31聯隊は地元出身者を主体に編成され、徳島大尉は1年前に雪中行軍演習を行った経験を持っていた。綿密な下準備を行なった上で、大人数では危険な雪山で行動力が低下する恐れがあるため比較的小規模な小隊編成とし、また徴兵されて在営している兵卒は徳島大尉の従卒と八甲田山系出身者の計4名にとどめ、あとは雪山の経験があり身長制限を通過した将校・下士のみ(他に東奥日報記者が1名随行)で行軍隊を構成した。弘前市を出発し十和田湖畔を通り一旦三本木町(現十和田市)に出て、三本木町から八甲田山中を通って青森市に抜け、さらに青森市から梵珠山を走破し弘前に帰営する総距離240kmを11日で踏破する計画(ただし青森市から弘前市へのルートは第5聯隊の遭難発覚後に中止し、汽車で帰営)で、落伍者なく成功させた。ただし途中で下士官1名が転倒して足首を痛め、それまでにまとめられた報告書を託され、馬車と鉄道を乗り継いで弘前へ戻されている。八甲田山死の彷徨 フレッシュアイペディアより)

  • 大館盆地

    大館盆地から見た十和田湖十和田湖

    その後、米代川の上流から中流の河岸段丘が十和田火山に由来する火山堆積物で埋められて平地が形成された。特に上流の花輪盆地や中流の大館盆地ではそれが顕著で、大館盆地では20万年から25万年前に火山堆積物の平坦面が形成されたと考えられている。その後、完新世米代川が沖積地を形成しており、川に沿った沖積地は水田として、火砕流の堆積面である舌状台地は市街地として発展している。大館盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 湯瀬渓谷

    湯瀬渓谷から見た十和田湖十和田湖

    十和田八幡平国立公園のうち、十和田湖と八幡平のおおむね中間地点に位置する。新秋田三十景に選定。湯瀬渓谷 フレッシュアイペディアより)

  • 現頭倉

    現頭倉から見た十和田湖十和田湖

    標高884.9m。十和田湖を取り囲む外輪山の一つで、同湖の南西岸に位置している。湖畔の猿鼻岬の後方にそそり立つような姿をしている。現頭倉 フレッシュアイペディアより)

  • 大湯温泉 黒森ユースホステル

    大湯温泉 黒森ユースホステルから見た十和田湖十和田湖

    花輪線十和田南駅からバス十和田湖、大湯温泉行17分大湯温泉 黒森ユースホステル フレッシュアイペディアより)

  • 追良瀬川

    追良瀬川から見た十和田湖十和田湖

    奥入瀬川 - 同じ青森県を流れる川で読みが同じ。十和田湖から太平洋に注ぐ。追良瀬川 フレッシュアイペディアより)

  • 鉛山

    鉛山から見た十和田湖十和田湖

    標高915m。十和田湖の西岸に位置し、同湖を取り囲む外輪山の一つである。鉛山 フレッシュアイペディアより)

  • 平成百景

    平成百景から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖・奥入瀬川(青森・秋田)平成百景 フレッシュアイペディアより)

  • トワダ湖

    トワダ湖から見た十和田湖十和田湖

    トワダ湖は、2007年にカッシーニによって発見された、2011年に正式名称としてトワダ湖と名づけられた。名前は、日本の十和田湖から。主成分は液体メタン、エタンとプロパン、直径約24km。トワダ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 風の視線

    風の視線から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖、浅虫温泉、十三潟、松島、富貴寺 (大分県)、川治温泉、沢崎鼻灯台 (佐渡) - いずれも本作の舞台。風の視線 フレッシュアイペディアより)

180件中 51 - 60件表示

「十和田湖」のニューストピックワード