153件中 51 - 60件表示
  • 湖沼型

    湖沼型から見た十和田湖十和田湖

    栄養塩類濃度が低いため、生物生産活動があまり活発ではなく、プランクトンや魚類は比較的少ない。透明度が高く、水が澄んで見える。OECDの基準では、リン濃度が平均10mg/m³以下、クロロフィルa濃度が平均2.5mg/m³以下、最高値が8mg/m³以下、透明度が平均6m以上、最低値が3m以上の湖を指す。日本では、十和田湖や野尻湖、西湖などが該当する。湖沼型 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス東北青森支店

    ジェイアールバス東北青森支店から見た十和田湖十和田湖

    各地で観光路線(培養路線)を運行していた鉄道省では十和田湖に注目し、鉄道省営バスの運行計画を進めた。道路改修を行い、青森 - 酸ヶ湯間の個人路線を買収して1934年(昭和9年)8月5日の十和田北線開業と共に青森自動車所を設置した。その後、青森市内での区間運行便も新設し、横内線・浅虫線をそれぞれ運行を開始した。なお、この2つの路線は青森市営バスに先駆けて運行を開始したものである。ジェイアールバス東北青森支店 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県道1号八戸階上線

    青森県道1号八戸階上線から見た十和田湖十和田湖

    かつて青森県道1号は八甲田を通る青森十和田湖線であったが、同道が全区間で国道103号・国道394号に指定変更されたため、八戸階上線が1号となった。この当時、この道は県道19号であった。青森県道1号八戸階上線 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の重要湿地500

    日本の重要湿地500から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖 (青森県、秋田県)日本の重要湿地500 フレッシュアイペディアより)

  • 義江彰夫

    義江彰夫から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖が語る古代北奥の謎 入間田宣夫,斉藤利男共編著 校倉書房, 2006義江彰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前高等学校 (旧制)

    弘前高等学校 (旧制)から見た十和田湖十和田湖

    1928年11月: 校友会、「弘高会館」 設立案を承認 (十和田湖畔)。弘前高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 記念物

    記念物から見た十和田湖十和田湖

    記念物においては、「史跡」と「名勝」など複数の種別にまたがって指定される場合も多い。たとえば秋田県と青森県にまたがる「十和田湖および奥入瀬渓流」は、その価値によって「特別名勝」と「天然記念物」の2つの種別の記念物に指定されている。記念物 フレッシュアイペディアより)

  • とわだ (補給艦)

    とわだ (補給艦)から見た十和田湖十和田湖

    とわだ(ローマ字:JS Towada、AOE-422)は、海上自衛隊の補給艦。とわだ型補給艦の1番艦。艦名は十和田湖に由来する。とわだ (補給艦) フレッシュアイペディアより)

  • 白地山

    白地山から見た十和田湖十和田湖

    標高1,034.0m。十和田湖の西岸に位置し、湖を取り囲む外輪山の一つである。白地山 フレッシュアイペディアより)

  • 大町桂月

    大町桂月から見た十和田湖十和田湖

    青森県の十和田湖と奥入瀬をことに愛し、晩年は同地の蔦温泉(現:十和田市)に居住し、1925年(大正14年)4月には本籍も蔦温泉に移したが、ほどなく胃潰瘍のため死去、57歳。墓は、蔦温泉の温泉旅館の近くにある。(現在は雑司ヶ谷霊園にもある)大町桂月 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「十和田湖」のニューストピックワード