153件中 61 - 70件表示
  • 西十和田中継局

    西十和田中継局から見た十和田湖十和田湖

    中継局名に十和田が付されているが、十和田市内及び十和田湖畔で当中継局の受信は不可能である。西十和田中継局 フレッシュアイペディアより)

  • 愛のりくん

    愛のりくんから見た十和田湖十和田湖

    玉川温泉便と十和田湖便の2系統。各便1日2往復愛のりくん フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅こさか七滝

    道の駅こさか七滝から見た十和田湖十和田湖

    秋田県道2号大館十和田湖線は東北自動車道から十和田湖へ向かう最短ルートで、当駅は東北自動車道小坂ICから約8km、十和田湖(発荷峠)まで約12kmと小坂 - 十和田湖間の中間点の山間部に位置する。施設は『滝の茶屋 孫左衞門』がすでに存在していたが、その『滝の茶屋 孫左衞門』を核として2010年に開駅した。道の駅こさか七滝 フレッシュアイペディアより)

  • 一式双発高等練習機

    一式双発高等練習機から見た十和田湖十和田湖

    2010年(平成22年)8月、青森県/秋田県の十和田湖湖底の地形調査を行っている会社によって、本機とみられる航空機が沈んでいるのを確認したとの報道があった。1943年(昭和18年)9月27日に同湖に墜落した北部第74部隊(北方軍指揮下の内地部隊の通称号)所属の機体とみられている。墜落当時、乗員4名(少年飛行兵3名と教官役の整備兵1名)のうち少年兵1名が、たまたま湖に漁に出ていた近くの旅館主(翌年に召集されシベリア抑留生活で亡くなった)に救出されホテルへ送り届けられた。墜落地点は最も水深の深い「中湖」で、漁をしていた場所から20分程度要するため到着した時には既に機体は沈み全員の救出は困難だった。現代になって当時13歳で墜落の一部始終を目撃した旅館主の息子が宿泊中の地形調査会社の者に墜落地点などを詳しく話したところ探索が開始され機体を発見した。機体の引き上げに関して話し合いを進めていたが、国の同意を得られたことから有志による引き揚げを2011年3月より行い、その時は失敗したものの2012年8月24日より再度引き揚げに挑戦し、9月5日に引き揚げられた。一式双発高等練習機 フレッシュアイペディアより)

  • オオクワガタ

    オオクワガタから見た十和田湖十和田湖

    山梨県の韮崎市や大阪府豊能郡能勢町は、大都市に近いこともありオオクワガタの有名な採集地となっていたが、乱獲の影響を受け新聞などの報道もなされた。また福島県桧枝岐村も生息地として知られるようになり、それに佐賀県筑後川流域、岡山県を加え、これらは愛好家の間で五大名産地とも呼ばれる。なお十和田湖周辺や東海地方の木曽三川流域なども注目されており、これらは○○産として半ばブランド化している。能勢町や兵庫県川辺郡猪名川町阿古谷産に大顎の太い個体が多いとされるが、それらが本当に野生個体であるかどうかの検証は十分なされていない。オオクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • 小坂川 (秋田県)

    小坂川 (秋田県)から見た十和田湖十和田湖

    小坂川支流の荒川川には、七滝がある。更に上流へ向かうと、十和田八幡平国立公園の十和田湖地区に至る。小坂川 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 湯瀬渓谷

    湯瀬渓谷から見た十和田湖十和田湖

    十和田八幡平国立公園のうち、十和田湖と八幡平のおおむね中間地点に位置する。新秋田三十景に選定。湯瀬渓谷 フレッシュアイペディアより)

  • 赤岩山 (秋田県)

    赤岩山 (秋田県)から見た十和田湖十和田湖

    標高785.5m。十和田湖を囲む外輪山の一つで、同湖の南岸に位置する。赤岩山 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 茂谷山 (鹿角市)

    茂谷山 (鹿角市)から見た十和田湖十和田湖

    昔、十和田湖を追われた八郎太郎は、茂谷山の中腹に綱をかけて引き寄せ、鹿角(現秋田県鹿角市・小坂町、岩手県八幡平市の一部)を湖にして住もうとしたが、鹿角の神様たちに阻まれてあきらめた、という伝承が残っている。茂谷山 (鹿角市) フレッシュアイペディアより)

  • 高井場山

    高井場山から見た十和田湖十和田湖

    この山の東側を水源とする行内沢はその昔、とてもきれいな水が流れていた。十和田湖を追われた八郎太郎は、この行内沢をせき止めて湖を造ろうとしたという伝承がある。高井場山 フレッシュアイペディアより)

153件中 61 - 70件表示

「十和田湖」のニューストピックワード