180件中 71 - 80件表示
  • 温泉郷

    温泉郷から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖温泉郷 (十和田湖。但し温泉郷は十和田湖から奥入瀬渓流を下った先に存在)温泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 一式双発高等練習機

    一式双発高等練習機から見た十和田湖十和田湖

    2010年(平成22年)8月、青森県/秋田県の十和田湖湖底の地形調査を行っている株式会社ウインディーネットワーク http://www.3d-survey.jp/index.html によって、本機とみられる航空機が沈んでいるのを確認したとの報道があった。1943年9月27日に同湖に墜落した北部第74部隊(北方軍指揮下の内地部隊の通称号)所属の機体とみられている。墜落当時、乗員4名(少年飛行兵3名と教官役の整備兵1名)のうち少年兵1名が、たまたま湖に漁に出ていた近くの旅館主(翌年に召集されシベリア抑留生活で亡くなった)に救出されホテルへ送り届けられた。墜落地点は最も水深の深い「中湖」で、漁をしていた場所から20分程度要するため到着した時には既に機体は沈み全員の救出は困難だった。現代になって当時13歳で墜落の一部始終を目撃した旅館主の息子が宿泊中の地形調査会社の者に墜落地点などを詳しく話したところ探索が開始され機体を発見した。機体の引き上げに関して話し合いを進めていたが、国の同意を得られたことから有志による引き揚げを2011年3月より行い、その時は失敗したものの2012年8月24日より再度引き揚げに挑戦し、9月5日に引き揚げられた。一式双発高等練習機 フレッシュアイペディアより)

  • 目屋ダム

    目屋ダムから見た十和田湖十和田湖

    終戦を迎え、日本各地では戦争に伴う河川事業の停滞と森林の乱伐による保水力の低下により、1947年(昭和22年)のカスリーン台風を皮切りに日本各地で多数の死傷者を伴う災害が毎年発生した。加えて極端な食糧不足や空襲・設備酷使による発電所機能の減衰に伴う停電の頻発は治安維持の不安要因にもなっていた。こうした状況を憂慮した内閣経済安定本部は治水・食糧増産・電力安定の供給を図るため物部論文をさらに発展させた河川総合開発事業の計画を関係する各省庁と折衝し、1951年(昭和26年)河川総合開発調査5カ年計画を策定した。この中で十和田湖の豊富な水量を利用した水力発電・灌漑事業を核とする奥入瀬川水系と共に岩木川水系は河川総合開発事業の対象河川に指定された。これにより岩木川本流に多目的ダムを建設する計画が立案され、調査の結果目屋地点がダム建設の適地として選ばれた。また、この動きに前後して第3次吉田内閣は広域かつ強力な河川総合開発を行い、地域の農業・経済発展を促進する狙いから国土総合開発法を1950年(昭和25年)に施行。立候補した数多くの地域から19地域を選定して特定地域総合開発計画を策定した。東北地方では北上川・鳴瀬川水系を対象とした北上特定地域総合開発計画(岩手県・宮城県)、只見川の水力発電事業を根幹とする只見特定地域総合開発計画(福島県)をはじめ阿仁田沢(秋田県)、最上(山形県)といった地域が特定地域に選ばれた。青森県は当初特定地域の対象にはならなかったが、1953年(昭和28年)より特定地域に指定するための調査が進められ、1957年(昭和32年)10月に岩木川水系及び十和田湖を含む奥入瀬川水系を対象とした十和田岩木川特定地域総合開発計画が閣議決定された。目屋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 津島文治

    津島文治から見た十和田湖十和田湖

    1947年、青森県知事に就任(初代民選知事)。以後、3期(9年余)を務めた。十和田湖湖畔の裸婦像(「乙女の像」)は、津島が高村光太郎に依頼して制作されたものである。1948年、弟・修治が自殺。津島文治 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖畔温泉

    十和田湖畔温泉から見た十和田湖十和田湖

    十和田八幡平国立公園内の十和田湖湖畔の休屋地区に温泉街が広がる。十和田湖畔温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 国道341号

    国道341号から見た十和田湖十和田湖

    国道341号は県中央内陸部と鹿角市・十和田湖を結ぶ幹線道路ではあるが、玉川温泉 - 鹿角澄川間が県内有数の豪雪地帯のため冬季閉鎖をし、玉川温泉 - 宝仙湖までは冬期間は関係者と路線バスのみ通行可能になっている。この区間は、試験的に除雪を実施し通年通行を模索している。国道341号 フレッシュアイペディアより)

  • 国道454号

    国道454号から見た十和田湖十和田湖

    国道454号(こくどう454ごう)は、青森県八戸市から、十和田湖畔でいったん秋田県を通り、再び青森県の南津軽郡大鰐町に至る一般国道である。国道454号 フレッシュアイペディアより)

  • 夏のない年

    夏のない年から見た十和田湖十和田湖

    915年(延喜15年)に十和田湖も過去2000年間で日本国内最大級の噴火をした。日本では承平天慶の乱が起こった。夏のない年 フレッシュアイペディアより)

  • 河川信仰

    河川信仰から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖 三湖伝説 竜に姿を変えた八郎太郎が棲む湖河川信仰 フレッシュアイペディアより)

  • 八太郎

    八太郎から見た十和田湖十和田湖

    階上岳から十和田湖に至る「八の太郎大蛇伝説」がある。八太郎 フレッシュアイペディアより)

180件中 71 - 80件表示

「十和田湖」のニューストピックワード