180件中 81 - 90件表示
  • 小館善四郎

    小館善四郎から見た十和田湖十和田湖

    太宰の側では小館を許す気持ちが強く、1946年(昭和21年)8月、小館の妹れい子に「私は四郎君の今後の家庭生活の幸福をいつでも、ひそかに祈つてゐました。秋頃には四郎君に案内していただいて十和田湖へ行つてみたいと思つてゐます」と書き送ったが、太宰多忙のため実現はしなかった。小館善四郎 フレッシュアイペディアより)

  • すみからすみまで角淳一です

    すみからすみまで角淳一ですから見た十和田湖十和田湖

    1987年11月26日の放送では、「リンゴに乳酸菌を増やす働きがある」というコラムを基に、「りんご園のお嬢さん お電話ください」という「条件」でメッセージを募集。その結果、「実家が秋田県でりんご園を営んでいる」という大阪府在住の既婚女性から、旅先の十和田湖で出会った山口県岩国市出身の男性と「遠距離文通」の末に結婚へ至ったというエピソードが紹介された。このエピソードに感銘を受けた角は、1989年に八曜社から番組本を刊行する際に、放送当時の「条件」をそのままタイトルに採用(で詳述)。同書の冒頭には、放送当時のやり取りを書き起こした内容が載せられている。また、この「条件」は後年、「台風が青森県を通過した影響で、現地のりんご園で収穫間近だったリンゴが落果した」という報道があった直後の放送でも提示。MBSラジオの番組の受信が困難なはずの同県の住民が、「りんご園の取材に関する問い合わせ」のつもりで、本当に電話をかけてきた。すみからすみまで角淳一です フレッシュアイペディアより)

  • 火山帯

    火山帯から見た十和田湖十和田湖

    那須火山帯(なすかざんたい)は、北海道北西海上の利尻島から東北地方中央部を通り那須岳から浅間山へ至る火山群である。日本海溝と平行しており、東北地方部分は奥羽山脈とほぼ一致する。主な火山は北から、利尻山、羊蹄山、有珠山、恐山、八甲田山、八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳、栗駒山、蔵王山、吾妻山、安達太良山、磐梯山、那須岳、燧ケ岳、高原山、男体山、赤城山、浅間山などである。この地域に位置する洞爺湖、支笏湖、十和田湖、田沢湖、沼沢湖はカルデラ湖であり、猪苗代湖や中禅寺湖は火山活動によって形成された堰止湖である。火山帯 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田警察署

    十和田警察署から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖警察官駐在所(十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486)十和田警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 倶多楽湖

    倶多楽湖から見た十和田湖十和田湖

    貧栄養湖でプランクトン量に乏しく、エゾサンショウウオ(かつて、サンショウウオが鰓を付けたまま成熟する現象「ネオテニー」があったが、最近は見られない)以外ほとんど生息していない湖だったが、1910年(明治43年)に十和田湖や支笏湖からヒメマスが移植され、以降その養殖が行われている。倶多楽湖 フレッシュアイペディアより)

  • 子ノ口駅

    子ノ口駅から見た十和田湖十和田湖

    奥入瀬渓流の散策拠点や、十和田北ルートからの十和田湖の玄関口としての役割も果たしている。子ノ口駅 フレッシュアイペディアより)

  • 周遊きっぷ

    周遊きっぷから見た十和田湖十和田湖

    以後、北海道ワイド周遊券で十和田湖周辺を行きまたは帰りに通過できるオプション券の発売、北陸ワイド周遊券で周遊地に能登を追加する「能登付随券」、東日本の信州ワイド周遊券で片道だけ名古屋経由にできる「名古屋経由券」が設定された。周遊きっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖町

    十和田湖町から見た十和田湖十和田湖

    大きく3つに地域に区分され、法量地区・奥瀬地区・沢田地区に分かれている。1735年(享保20年)には、法量地区は七戸代官所、奥瀬・沢田地区は五戸代官所の統治下にあった。その元となる境界線は、十和田湖から流れる奥入瀬川となっている。十和田湖町 フレッシュアイペディアより)

  • 元慶の乱

    元慶の乱から見た十和田湖十和田湖

    まず、広範囲の蝦夷をまとめて、自分たちの要求を朝廷側に文書にして提出するなど、反乱を指導した人物がいるはずであるが、この人物が朝廷側の多数の犠牲者(焼山での戦いだけで500人以上が死亡あるいは捕虜になったという)にもかかわらず彼らの名前が明確に記録されていないこと(一応首謀者とされる2人の「首」は蝦夷側から提出されている。しかし、これは朝廷側が独自に処分できなかったことを意味している。これだけの被害なら、アテルイのように必ず文書に残っているはずという主張もある)、また915年北東北に2000年来最大の自然災害である十和田湖火山の大噴火が起きるが、この噴火あるいはそれに続く広範囲の自然災害が全く文書で記述されていないこと。などから、この元慶の乱は事実上蝦夷側の要求が通り、雄物川以北は蝦夷側の支配する地区となり、朝廷が手を出せなくなってしまったというのである。同時期に仙北郡で極めて大規模な城柵として使われたのにもかかわらず、記録が全く残っていない払田柵跡にあった施設で中央から監視しに来た人を接待したのではないかとする説もある。いずれにせよ、全く記録に残っていない払田柵の存在は当時のこの地区の人が中央の管理とは別に比較的自由に行動できたことを示す。元慶の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 義江彰夫

    義江彰夫から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖が語る古代北奥の謎 入間田宣夫,斉藤利男共編著 校倉書房, 2006義江彰夫 フレッシュアイペディアより)

180件中 81 - 90件表示

「十和田湖」のニューストピックワード