153件中 81 - 90件表示
  • 日本新八景

    日本新八景から見た十和田湖十和田湖

    湖沼:十和田湖(青森県・秋田県) - 泉鏡花日本新八景 フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見た十和田湖十和田湖

    7月16日:青森県十和田湖 湖水まつり2000(青森県・十和田湖)*来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • 十和田西線

    十和田西線から見た十和田湖十和田湖

    近年では、十和田湖観光の旅行企画で「弘前・十和田湖号」が十和田西線で沿線の観光地を巡りながら運行されている。なお、当項ではツアーバス「弘前・十和田湖号」についても記述する。十和田西線 フレッシュアイペディアより)

  • 北上特定地域総合開発計画

    北上特定地域総合開発計画から見た十和田湖十和田湖

    同法の施行後北海道を除く全国から多くの地域が指定地域に名乗りを挙げたが、最終的に二十二箇所の地域が対象地域として選定され(対象地域については一覧表を参照)、ここに特定地域総合開発計画が決定した。東北地方では岩木川・十和田湖を中心とした「岩木川・十和田特定地域総合開発計画」(青森県)、米代川・雄物川を中心とした「阿仁・田沢特定地域総合開発計画」(秋田県)、名取川を中心とした「仙塩特定地域総合開発計画」(宮城県)、最上川を中心とした「最上特定地域総合開発計画」(山形県)、只見川を中心とした「只見特定地域総合開発計画」(福島県・新潟県)ほか一地域が指定された。北上川については岩手県・宮城県の複数県にまたがり、北上川水系のみならず隣接する鳴瀬川水系を含めた形で「北上特定地域総合開発計画」が定められた。ここにおいて、治水と農地かんがい、そして水力発電を目的とした大規模な河川総合開発事業がスタートしたのである。北上特定地域総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 只見特定地域総合開発計画

    只見特定地域総合開発計画から見た十和田湖十和田湖

    宮下発電所の建設を進めていた日本発送電東北支店は、1946年に只見川・阿賀野川の総合的な水力発電計画を企図し政府の指示を得ずに自主的な調査を開始した。南会津郡伊北村に調査所を設置し23名にて只見川の気象・水文などを調査した。さらに翌1947年(昭和22年)には商工省が只見川・尾瀬原・利根川総合開発計画を策定し只見川流域の調査を委託。その結果只見川調査所も上流部と下流部に分離・拡大して調査を続行した。1948年(昭和23年)10月には「東北地方電力復興計画案」をまとめ北上川、十和田湖、田沢湖、猪苗代湖と共に只見川が重要な開発地点にあげられ、特に只見川は復興計画にある水力発電計画の87パーセントに及ぶ約247万キロワットを新規に開発できると報告した。この間只見川の水力発電計画の骨子として1947年3月に「只見川筋水力開発計画概要」が発表された。只見特定地域総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田丸 (2代)

    十和田丸 (2代)から見た十和田湖十和田湖

    船体の塗装は象牙色とオレンジ。シンボルマークは「湖面輝く十和田湖」。十和田丸 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 七戸十和田駅

    七戸十和田駅から見た十和田湖十和田湖

    2009年(平成21年)7月29日、JR東日本盛岡支社は駅名を「七戸十和田駅」とすることを発表した。支社長の福田泰司は「地元の七戸町と観光地として有名な十和田湖への玄関口になるという観点から総合的に判断した」と述べた。七戸十和田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県の観光地

    青森県の観光地から見た十和田湖十和田湖

    十和田湖および奥入瀬渓流(特別名勝)青森県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 八甲田山死の彷徨

    八甲田山死の彷徨から見た十和田湖十和田湖

    弘前歩兵第31聯隊は地元出身者を主体に編成され、徳島大尉は1年前に雪中行軍演習を行った経験を持っていた。綿密な下準備を行なった上で、大人数では危険な雪山で行動力が低下する恐れがあるため比較的小規模な小隊編成とし、また徴兵されて在営している兵卒は徳島大尉の従卒と八甲田山系出身者の計4名にとどめ、あとは雪山の経験があり身長制限を通過した将校・下士のみ(他に東奥日報記者が1名随行)で行軍隊を構成した。弘前市を出発し十和田湖畔を通り一旦三本木町(現十和田市)に出て、三本木町から八甲田山中を通って青森市に抜け、さらに青森市から梵珠山を走破し弘前に帰営する総距離240kmを11日で踏破する計画(ただし青森市から弘前市へのルートは第5聯隊の遭難発覚後に中止し、汽車で帰営)で、落伍者なく成功させた。ただし途中で下士官1名が転倒して足首を痛め、それまでにまとめられた報告書を託され、馬車と鉄道を乗り継いで弘前へ戻されている。八甲田山死の彷徨 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田観光電鉄線

    十和田観光電鉄線から見た十和田湖十和田湖

    1970年(昭和45年)度に年間165万人が利用してピークとなったがその後は乗客が減少し、2010年(平成22年)12月4日に東北新幹線・七戸十和田駅が開業すると、十和田湖周辺への観光客を中心に乗客減に拍車がかかり同年度は年間46万人にまで低下した。さらに2011年(平成23年)3月11日に発災した東日本大震災の影響で、鉄道事業の赤字を補っていた同社のホテルやバス事業の収入も減ったため、同社は沿線の三沢市、六戸町、十和田市に今後10年間で約5億円の資金援助を要請したが、自治体側は10月上旬に「経営改善が見込めない」と要請を拒否した。そのため、10月7日の十和田観光電鉄の臨時取締役会にて2012年(平成24年)3月末をもって廃線にし、バス転換する方針が決定、10月11日に十和田観光鉄道活性化協議会の臨時総会で発表された。十和田観光電鉄線 フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「十和田湖」のニューストピックワード