前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 十和田湖

    十和田湖から見た大町桂月

    紀行文作家大町桂月はこの湖の美しさについて、「山は富士、湖は十和田湖、広い世界に一つずつ」と評している。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た高村光太郎

    湖畔には高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」の他、十和田ビジターセンター、十和田科学博物館などがあり、観光用の湖上遊覧船が運航している。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たトリインフルエンザ

    2008年4月、同湖で死んだハクチョウ3羽と衰弱したハクチョウ1羽が見つかった。同月23日簡易検査で鳥インフルエンザと推定されたため、同月27日動物衛生研究所(茨城県つくば市)で再検査したところ鳥インフルエンザウイルス強毒性のH5N1亜型が検出されたと秋田県と環境省が同月28日に発表した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た八甲田山

    毎年1月下旬(2月上旬) - 2月下旬には休屋で「十和田湖冬物語」が開催され、雪像やかまくらなどを見ることができる。また、20時頃から冬花火も打ち上げられる。ただし、この時期は近隣の国道102、103、394、454号、青森県道40号の一部区間が冬季閉鎖や夜間交通規制の対象となるため、来場する際は注意が必要である。特に18時以降は八甲田山周辺の通行ができないため、冬花火を見るなどしてこの時間帯に青森方面や黒石方面へ帰る場合は小坂インターチェンジ方面か十和田市方面へ大きく迂回する必要がある。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たハクチョウ

    2008年4月、同湖で死んだハクチョウ3羽と衰弱したハクチョウ1羽が見つかった。同月23日簡易検査で鳥インフルエンザと推定されたため、同月27日動物衛生研究所(茨城県つくば市)で再検査したところ鳥インフルエンザウイルス強毒性のH5N1亜型が検出されたと秋田県と環境省が同月28日に発表した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た環境省

    2008年4月、同湖で死んだハクチョウ3羽と衰弱したハクチョウ1羽が見つかった。同月23日簡易検査で鳥インフルエンザと推定されたため、同月27日動物衛生研究所(茨城県つくば市)で再検査したところ鳥インフルエンザウイルス強毒性のH5N1亜型が検出されたと秋田県と環境省が同月28日に発表した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たきりたんぽ

    青森県と秋田県の県境にあるため土産物屋では青森の特産物(りんごなど)と秋田の特産物(きりたんぽや樺細工)とが両方販売されている。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たアユ

    ワカサギ、ウグイ、アユは定着に失敗した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たイワナ

    人間が魚の放流を開始する以前に生息していた魚介類は、サワガニのみと考えられている。従って、現在生息している魚類の全てが人為放流された物である。記録に残る最初の放流は、1855年のイワナとされている。1960年代に行われた調査では、下記が確認されている。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た富士山

    紀行文作家大町桂月はこの湖の美しさについて、「山は富士、湖は十和田湖、広い世界に一つずつ」と評している。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「十和田湖」のニューストピックワード