85件中 11 - 20件表示
  • 十和田湖

    十和田湖から見た国民宿舎

    湖に突き出した中山半島には十和田神社がある。湖畔には十和田湖畔温泉があり、国民宿舎十和田湖温泉が設置されている。十和田プリンスホテルには、十和田湖西湖畔温泉がある。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たりんご

    青森県と秋田県の県境にあるため土産物屋では青森の特産物(りんごなど)と秋田の特産物(きりたんぽや樺細工)とが両方販売されている。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たツキノワグマ

    十和田湖周辺は、冷温帯林(ブナ林)や亜寒帯林(ダケカンバ林)が広がり、クマタカやイヌワシ、ツキノワグマなどの野生動物が生息している。これらの生息が重要であることから、国指定十和田鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されている(面積37,674ha、うち特別保護地区19,366ha)。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たウナギ

    魚類:ヒメマス、ニジマス、イワナ、サクラマス、コイ、フナ、ウナギ、カジカ、ヨシノボリ十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たトリインフルエンザ

    2008年4月、同湖で死んだハクチョウ3羽と衰弱したハクチョウ1羽が見つかった。同月23日簡易検査で鳥インフルエンザと推定されたため、同月27日動物衛生研究所(茨城県つくば市)で再検査したところ鳥インフルエンザウイルス強毒性のH5N1亜型が検出されたと秋田県と環境省が同月28日に発表した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た環境省

    2008年4月、同湖で死んだハクチョウ3羽と衰弱したハクチョウ1羽が見つかった。同月23日簡易検査で鳥インフルエンザと推定されたため、同月27日動物衛生研究所(茨城県つくば市)で再検査したところ鳥インフルエンザウイルス強毒性のH5N1亜型が検出されたと秋田県と環境省が同月28日に発表した。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たイワナ

    人間が魚の放流を開始する以前に生息していた魚介類は、サワガニのみと考えられている。従って、現在生息している魚類の全てが人為放流された物である。記録に残る最初の放流は、1855年のイワナとされている。1960年代に行われた調査では、下記が確認されている。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た

    現在は閉山しているが、かつて同湖西岸には17世紀中頃に発見された鉛山鉱山と十輪田鉱山があり鉛、亜鉛、を産出していた。この廃鉱山からの流入水は現在も湖水の亜鉛含有量に影響を与えていると考えられる。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たニジマス

    魚類:ヒメマス、ニジマス、イワナ、サクラマス、コイ、フナ、ウナギ、カジカ、ヨシノボリ十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た和井内貞行

    1903年に和井内貞行らによりヒメマスの最初の放流が行われた。十和田湖へのヒメマスの定着以降は、本州各地の湖への移植用卵及び稚魚の供給源として中禅寺湖とともに重要な位置を占めている。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「十和田湖」のニューストピックワード