85件中 21 - 30件表示
  • 十和田湖

    十和田湖から見た十和田湖観光汽船

    また、観光用の湖上遊覧船が運航している。かつては十和田湖観光汽船(青森県青森市)の定期航路が開設されていたが、2013年に経営破たん。2014年5月からは十和田湖観光汽船(青森県十和田市)の従業員が十和田湖遊覧船企業組合(青森県十和田市)を設立したが、この航路も2016年に廃止となった。これとは別に十和田湖には十和田観光電鉄(青森県十和田市)も定期航路を開設している。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た奥入瀬渓流

    十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。湖の最大水深は326.8mで日本で第3位、面積は日本の湖沼で12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が位置する。約20km北には八甲田山が位置する。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た十和田市

    十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。湖の最大水深は326.8mで日本で第3位、面積は日本の湖沼で12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が位置する。約20km北には八甲田山が位置する。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た噴火

    十和田湖は、その北に位置する八甲田山と同じく、カルデラを有する火山群である。十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖で、現在も活火山として指定されている。最大深度326.8mは日本で3番目の深さである。流出河川は奥入瀬川。胡桃を半分にした形。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見たカルデラ

    十和田湖は、その北に位置する八甲田山と同じく、カルデラを有する火山群である。十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖で、現在も活火山として指定されている。最大深度326.8mは日本で3番目の深さである。流出河川は奥入瀬川。胡桃を半分にした形。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た小坂町

    十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。湖の最大水深は326.8mで日本で第3位、面積は日本の湖沼で12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が位置する。約20km北には八甲田山が位置する。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た奥入瀬川

    十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。湖の最大水深は326.8mで日本で第3位、面積は日本の湖沼で12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が位置する。約20km北には八甲田山が位置する。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た火砕流

    約20万年前から活動をし、大きな噴火は、約5.5万年前(奥瀬噴火, 4.76 DRE km)、約2.5万年前(大不動噴火, 17.87 DRE km)、約1.3万年前(八戸噴火, 20.34 DRE km)に起こったと考えられている。十和田湖の原型(外縁)は、約2.5万年前に発生した大不動噴火と、約1.3万年前に発生した八戸噴火による陥没によってできたと考えられている。東湖や西湖はこの第一カルデラの一部である。1万3000年前の噴火の火砕流は青森市付近まで到達している。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た中禅寺湖

    ニジマスは、1900年と1919年に日光中禅寺湖から移入された。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田湖

    十和田湖から見た秋田県

    十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。湖の最大水深は326.8mで日本で第3位、面積は日本の湖沼で12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が位置する。約20km北には八甲田山が位置する。十和田湖 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「十和田湖」のニューストピックワード