前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • サハリン2

    サハリン2から見た千代田化工建設千代田化工建設

    このプロジェクトにおいて、ロシアで初めて天然ガス液化プラントが建設された。このことはロシアのエネルギー政策上重要な意味をもち、後、ガスプロム社が強引にサハリン・エナジー社の株式を取得した理由のひとつとされている。事業本体は100%外資である()。なおプラント建設工事は2003年日本の千代田化工建設、東洋エンジニアリングがロシア企業と共同で受注した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • 田中伸男

    田中伸男から見た千代田化工建設千代田化工建設

    田中 伸男(たなか のぶお、1950年3月3日 - )は日本の元経産官僚、前国際エネルギー機関(IEA)事務局長。2011年9月からは財団法人日本エネルギー経済研究所特別顧問を、2013年からは帝人株式会社監査役を、2015年からは千代田化工建設株式会社取締役、公益財団法人笹川平和財団理事長を務める。神奈川県出身。田中伸男 フレッシュアイペディアより)

  • みなとみらいグランドセントラルタワー

    みなとみらいグランドセントラルタワーから見た千代田化工建設千代田化工建設

    みなとみらいグランドセントラルタワー(MinatoMirai Grand Central Tower)は、神奈川県横浜市のみなとみらい地区(42街区の南区画・グランモール公園沿い)にある超高層オフィスビル。千代田化工建設の本社が、8 - 25階に入居している。みなとみらいグランドセントラルタワー フレッシュアイペディアより)

  • 日本マイコンクラブ

    日本マイコンクラブから見た千代田化工建設千代田化工建設

    渡邊茂(東京大学)、渕一博(電子技術総合研究所)、矢田光治(電子総合研究所)、東山尚(千代田化工建設)、高御堂富三夫(マイテック)、石原秀策(富士通)、篠崎博(パナファコム)、広瀬治臣(東京芝浦電気)、唯山利朗(アルプス電気)、鎌田信夫(インテルジャパン)、秋房義博((社)日本電子工業振興会)を発起人として1976年10月1日に発足した。日本マイコンクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 千代田システムテクノロジーズ

    千代田システムテクノロジーズから見た千代田化工建設千代田化工建設

    千代田システムテクノロジーズ株式会社(ちよだシステムテクノロジーズ、英文名称Chiyoda System Technologies Corporation)は、工場等へ計装設備・電気設備の設置を行うプラントエンジニアリングとITシステムの開発・運用支援を行う会社である。千代田化工建設の完全子会社であるが、技術力が買われて日揮や三菱重工業など親会社のライバル企業との取引もある。千代田システムテクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • パングラオ島

    パングラオ島から見た千代田化工建設千代田化工建設

    この新空港は、2015年にJICAの円借款で千代田化工建設と三菱商事が建設を受注することが発表された。パングラオ島 フレッシュアイペディアより)

  • メチルシクロヘキサン

    メチルシクロヘキサンから見た千代田化工建設千代田化工建設

    トルエンの水素化により生じ、触媒による脱水素化で水素を取り出せることから、有機ハイドライドの一種として水素の安定的な貯蔵・輸送手段としての研究もすすめられている。理論上の水素貯蔵密度は47.0kg-H2/m3であり、水素ガスは1/500の体積のMCHとなる。貯蔵密度はベンゼン←→シクロヘキサン(56.0kg-H2/m3)やナフタレン←→デカリン(65.4kg-H2/m3)に比べやや劣るものの、液体の状態を維持できる温度範囲が広い利点を持つ。千代田化工建設はMCHの脱水素触媒を開発し、商業ベースでの水素の供給の実証試験に成功した。日立製作所は国立極地研究所より、南極の昭和基地での風力発電機とメチルシクロヘキサンを組み合わせた水素発電システムを受注した。メチルシクロヘキサン フレッシュアイペディアより)

  • 昭和電工川崎工場爆発事故

    昭和電工川崎工場爆発事故から見た千代田化工建設千代田化工建設

    この時、同工場では千代田化工建設によるタンクの増設工事を行っており、被害者の大半は工事の下請け労働者であった。オートメーション化されており、昭和電工の従業員は付近にはいなかった。酸化プロピレンは沸点34℃、引火点?37℃と危険性が高い物質であるため、タンクを液体窒素で冷却していたが、爆発発生の約40分前にパイプ付近で気化した酸化プロピレンとみられる白煙が目撃されており、これが溶接の火花に引火したことが原因とみられている。昭和電工川崎工場爆発事故 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原巍

    宮原巍から見た千代田化工建設千代田化工建設

    理研ビニル工業、千代田化工建設に勤務。1958年に南極地域観測隊第4次隊、1962年にヒマラヤ登山隊、1965年にグリーンランド遠征隊(隊長)に参加。1966年、自転車でインドからネパールに入る。同年ネパール政府通商産業省中小企業局に勤務。1968年にトランス・ヒマラヤン・ツアー社(カトマンズ)、1969年にヒマラヤ観光開発株式会社(本社・東京)を設立。その後、ネパールのシャンボチェに世界最高峰エベレストを望む「ホテル・エベレスト・ビュー」とカトマンズに「ホテル・ヒマラヤ」を建設。宮原巍 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋エンジニアリング

    東洋エンジニアリングから見た千代田化工建設千代田化工建設

    日揮、千代田化工建設と併せて「エンジニアリング専業三社」と呼ばれる。東洋エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「千代田化工建設」のニューストピックワード