83件中 11 - 20件表示
  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た四国

    その後は埼玉、群馬、茨城などの北関東周辺を放浪し、熱海を経て静岡県の駿河湾付近まで南下した後に青森県まで北上することを決める。事件前に福岡県の知人宛てに近々遊びに行く旨のメールを送信しており、パソコンの記録解析によって南方への逃亡が察知される危険性を考えた行動であった。東京から新潟を経て青森まで移動したが、青森駅前公園で1週間ほど寝泊りするうちに青森の経済状況がよくないことを感じ取り、働いて生活するために大阪市西成区の職業安定所を訪れた。ここでは職に就くことはなく、すぐに岡山県を経由して四国に移動した。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た公的懸賞金制度

    後にこの事件は「公的懸賞金制度」の適用を受け、捜査特別報奨金の上限を100万円として、別の4事件と共に懸賞金が掲出された。これを受け、同年6月29日、被害者遺族が駐日英国大使館において記者会見を開催し、市橋逮捕とその契機となる情報提供を広く訴求するとともに、新たに製作された手配ポスター約6000枚を配布し、その後も市橋の捜索に関してしばしばコメントを寄せた。後に、報奨金額は、1000万円まで引き上げられた。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た無人島

    四国では香川県高松市から徒歩で徳島県?高知県?愛媛県とお遍路を歩いた。これは贖罪の意味があったとしている。一方で「逮捕されればさらしものになる」「指名手配されると、自首しても減刑にならない」と自主的な出頭は考えていなかった。お遍路の先々にも手配写真が掲載されているのを見て、このままでは逮捕されるのは時間の問題と考え、無人島での生活を考え始める。高知の図書館で無人島について調べ、滞在地として沖縄県のオーハ島を選択した。お遍路を途中で止め、松山港からフェリーで別府港に移動し、その後鹿児島県を経て沖縄に渡った。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た名古屋市

    2009年11月5日、名古屋市内の美容形成外科医院が、過去に美容形成術を行った患者カルテの顔写真を整理していたところ、男性には珍しいほくろの除去を不審に感じ報道された市橋との一致部分を確認し、病院スタッフが通報した。県警は骨格などから同市橋と断定。顔写真を公開した。同市橋はすでに整形していて、一重だったまぶたが二重になっているほか、鼻が高くなっていた。下唇は薄くなっていた。指名手配の顔写真は整形後の同院提供の顔写真に差替えられた。なお、同院は、手術前にすでに市橋が顔を整形していた模様であったため、実際の施術にあたっては気付かなかったとしている。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た東京ディズニーランド

    初回のオーハ島渡航は準備不足で1週間ほどで頓挫した。資金が尽きた市橋は、沖縄本島の建設現場で偽名で働き金を稼いだ。沖縄での経験で、市橋はオーハ島と大阪での住み込み労働を繰り返す生活スタイルを考案した。住み込みでの仕事は解体現場や建設現場を選んだ。他にも船に乗る仕事や風俗に女性を派遣する仕事などをしないかと誘われたが市橋は断っている。勤務態度は良好であったが、宿舎の近くに警察らしい車両が止まっていたりすると、身近に捜査が及んでいるのではないかと疑い、所持物を部屋に残したまま逃げ出すことを繰り返した。2008年春には自宅の近隣に所在し、卒業論文のテーマであった東京ディズニーランドを訪れている。住み込み労働で得た貯金で、2008年10月23日と24日に名古屋の形成外科にて眉間の形成手術を受けた。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た窒息死

    司法解剖の結果、死因は、頚部を圧迫したことによる窒息死と判断された。頚部を圧迫されたために2箇所の舌骨骨折を伴っている。また右眼窩下と左頬部に、殴打痕とみられる皮下出血が確認された。部屋のゴミ袋からは、市橋のDNAと一致する体液が入った避妊具が発見され、避妊具の外側には被害者の細胞が認められた。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た神戸市

    同年11月10日、神戸市東灘区の六甲船客ターミナルにおいて、同社の従業員が、沖縄行き航路に搭乗しようとしていた乗客の中に、市橋に似た不審な男性を発見した。当日は、神戸発・沖縄行きの航路は欠航であったため、同日も同航路に就航していた大阪南港発の沖縄行き便を案内すると、市橋と思われる人物が乗船のため大阪南港に向かう旨の発言をしたことから、不審に思った同港担当者は警察当局ならびに大阪南港担当者に通報、大阪南港フェリーターミナルに先回りし待機していた警察官により身柄を確保され、移送された住之江署において同事件容疑で逮捕、さらに東海道新幹線を経由して千葉県警行徳署に移送された。市橋が逮捕された2009年11月10日は、俳優森繁久彌逝去の報道と報道日時が重複したこともあり、ニュース報道の視聴率が軒並み20%を超えた。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た女装

    2008年3月13日、千葉県警察行徳警察署捜査本部は、市橋が茶髪で眼鏡をかけた姿と女装姿の2つのイメージ画像を掲載した手配ポスターを新たに公開し、A3版を約4000枚掲示するとともに、A4判チラシ約3万枚をホテルや駅などで配布した。さらに2008年3月18日には、市橋が記した被害者の似顔絵付きのメモと、市橋の遺留品であるリュックサックや靴・靴下の写真を公開している。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た久米島

    市橋は、逃亡中に沖縄県の沖縄県島尻郡久米島町のオーハ島を4回訪れており最長で3ヶ月ほど滞在した。最初の滞在では海岸近くの岩場に当初潜伏していたが、2回目以降の滞在は海岸近くのコンクリートブロック造りの小屋に移動した。オーハ島はダイビングスポットや海水浴としては人気があったが、当時居住していたのは70歳代の男性が1人であった。隣の久米島で仕事を探したが適当な仕事がなく、自給自足の生活をしていた。最初の滞在は準備不足で魚釣りも満足にできず食料調達に失敗し1週間で頓挫した。オーハ島から沖縄本島に戻るときにはフェリーの代金が足りずキセルをして職員に捕まっているが、事件の市橋とは察知されず放免されている。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

    リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件から見た死体遺棄

    市橋は死体遺棄容疑で指名手配された。千葉県警行徳警察署捜査本部の捜査により、市橋と被害者の両名は被害者が所属していた英会話学校のプログラムとは無関係な個人的レッスンに合意していたことが判明した。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示