192件中 11 - 20件表示
  • 半田健人

    半田健人から見たますだおかだますだおかだ

    2007年7月、「通(つう)」(NHK)にて、ますだおかだを相手に落ち着いた口調で持論を展開、東京放送管弦楽団によるピンク・レディー「サウスポー」のフルオーケストラ演奏を例に、歌謡曲は「楽器の数だけ楽しみがある」と熱く語り、その様子をVTRで観察し実況解説していた歌謡界の重鎮・阿久悠をも、「やるな、小僧!」「気にいった」と唸らせ、当初ヘッドホンで歌謡曲を聞くという半田に批判的だった阿久悠が「科学者の聴き方」であるとして持論を撤回するまでに至った。さらに、歌謡曲の歌詞の世界観や歌手の演出法、さらには歌謡曲の楽しみ方を語る半田のVTRを見て、「彼、本当に23(歳)ですか?」と言わしめた。これをきっかけに一度対面の予定が組まれたそうだが、阿久が急逝したため果たせなかった。結局この番組が阿久悠にとって最後のテレビ出演となった。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た田崎竜太

    主役を務めることになったものの、幼い頃から特撮ヒーローものを一切観たことがなかったため、『555』の出演が決まった時は模範もなく、どういう気持ちでヒーローを演じるか悩んだ、と発言している。オーディションに受かり、クランクイン前に、『555』のパイロット監督である田?竜太に「先代の藤岡(弘)さん世代のライダーシリーズを観たほうがいいんですか?」と質問したところ「観るんだったら終わってから観て」「あえて観ないでくれ」と言われ、「変な先入観なく、全く新しいものを作りたいんだな」という意思が伝わってきたという。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た水道橋博士水道橋博士

    2007年3月、『草野キッド』内の「草野さんに受けさせたい授業」のコーナーで講師を務め、草野仁相手に高層ビルの歴史と歌謡曲の変遷をたどる「高層ビルで見る昭和歌謡史」の授業を行い、草野より5点満点中6点の評価をされる。また同番組の司会者で西新宿出身の浅草キッドの玉袋筋太郎と昭和40年代の西新宿話で盛り上がり、水道橋博士に「まるで同級生の会話」と言わしめた。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た草野仁草野 仁

    2007年3月、『草野キッド』内の「草野さんに受けさせたい授業」のコーナーで講師を務め、草野仁相手に高層ビルの歴史と歌謡曲の変遷をたどる「高層ビルで見る昭和歌謡史」の授業を行い、草野より5点満点中6点の評価をされる。また同番組の司会者で西新宿出身の浅草キッドの玉袋筋太郎と昭和40年代の西新宿話で盛り上がり、水道橋博士に「まるで同級生の会話」と言わしめた。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たBONNIE PINKBONNIE PINK

    フラレラ(2010年11月 期間限定公開/BONNIE PINK15周年記念企画 リレー式ショートムービー) - 故牟田ワタル 役(Episode1)半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たDAIGO

    2008年7月2日放送の『ザ!世界仰天ニュース』に初登場した際、共にスタジオに居たDAIGOに「最近よく間違われる」と公言した。『さんまのSUPERからくりTV』でも同様の発言をしており、間違われた際に仕方なく「うぃっしゅ」(DAIGOの持ちネタ)をやったと明かした。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たカン・ドンウォン

    韓国ドラマ「マジック」日本語吹き替え版(2008年) - チャ・カンジェ(演:カン・ドンウォン)の声 役(主演)半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た尾崎紀世彦

    半田の尊敬するボーカリストは尾崎紀世彦。毎年恒例の仮面ライダー卒業式イベント(仮面ライダースーパーライブ)にて、当時19歳の半田は蝶ネクタイ・タキシードを着込み、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を熱唱して、観客の度肝を抜いた(通常は、演じた役のキャラクターソングを披露する)。雑誌「団塊パンチ 5号」誌上にて尾崎との対談が実現した際、半田は持参した全アルバムを傍らに置き、尾崎さえも忘れていたアルバム収録曲をも引っ張り出してきて語った。その半田の尾崎フリークぶりは、尾崎に「俺より俺のことを知ってるんじゃない?」と言わしめた。尾崎と半田は、2007年10月『カラオケ★バトル3』の番組内でカラオケ対決を行う。曲目は「また逢う日まで」で、カラオケマシーンが採点した結果91対79で半田が勝利する。なお尾崎の点数が低かったのは、極端に原曲をアレンジして歌ったためである。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たやくみつる

    2004年(平成16年)3月、『タモリ倶楽部』に初出演した際、筋金入りの高層ビルマニアぶりを披露し、タモリら出演者を圧倒。この回の蘊蓄担当として出演していたやくみつるのお株を奪う勢いであった。解説として出演していた日本建築センター建築技術研究所審議役の菅野忠を、半田は「神」と表現した。これを機に、半田は同番組の常連出演者への道を歩み始める事となる。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た関根勤関根 勤

    2008年7月放送の『ザ・クイズマン!』の昭和40年代・50年代の懐メロ特集で、当時のヒット曲にまつわる秘話などを披露。その詳しさに、当時を知る同じゲストの錦野旦(にしきのあきら、1970年デビュー)や司会の関根勤らは驚嘆し、「君、ほんとは歳いくつ?」と聞いていた。半田健人 フレッシュアイペディアより)

192件中 11 - 20件表示

「半田健人」のニューストピックワード