192件中 31 - 40件表示
  • 半田健人

    半田健人から見たごくせん (テレビドラマ)

    2002年、『ごくせん』 第5話のゲスト出演でドラマデビュー。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たタモリ倶楽部

    2004年、『タモリ倶楽部』への出演を機に、高層ビル好きであることが知られるようになる。その後、同番組や、バラエティ番組等への出演を通じ、鉄道、昭和歌謡といったジャンルへの造詣の深さも、徐々に明らかになっていった。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た吹き替え

    韓国ドラマ「マジック」日本語吹き替え版(2008年) - チャ・カンジェ(演:カン・ドンウォン)の声 役(主演)半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た宮本真希宮本 真希

    2006年6月、『恋するハニカミ!』に出演した際、軽井沢・ワールドトイミュージアムで鉄道のオモチャに夢中になり、相手の宮本真希に対し「(新幹線の)0系ぐらいは覚えてて欲しい」と注文をつけた。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た藤岡弘、藤岡 弘、

    主役を務めることになったものの、幼い頃から特撮ヒーローものを一切観たことがなかったため、『555』の出演が決まった時は模範もなく、どういう気持ちでヒーローを演じるか悩んだ、と発言している。オーディションに受かり、クランクイン前に、『555』のパイロット監督である田?竜太に「先代の藤岡(弘)さん世代のライダーシリーズを観たほうがいいんですか?」と質問したところ「観るんだったら終わってから観て」「あえて観ないでくれ」と言われ、「変な先入観なく、全く新しいものを作りたいんだな」という意思が伝わってきたという。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た高岩成二

    幼少時の体験から絶叫マシーンにトラウマがあったため、ジェットコースターに乗るシーンの撮影では高岩成二(ファイズのスーツアクター)に頼んで代わってもらったという(実は高岩も高所恐怖症 で絶叫マシーンが苦手だった)。2006年に『ライオンのごきげんよう』にゲスト出演した際、この件を謝罪している。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たTBSテレビ

    愛の劇場『正しい恋愛のススメ』(2005年9月5日 - 10月4日、TBS系) - 護国寺洸 役半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たコラムニスト

    半田 健人(はんだ けんと、1984年6月4日 - )は、日本の俳優、作曲家、タレント、歌手、コラムニスト、音楽プロデューサー。兵庫県神戸市生まれ、兵庫県芦屋市出身。兵庫県立芦屋高等学校卒業。身長177cm、体重56kg、B88・W65・H86。2001年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会出場者(ファイナリスト)に選ばれたことをきっかけに芸能界入りした。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見たいのくままさお

    『555』のカメラマンであったいのくままさおについて、「新人俳優にさまざまなことを教えてくれる教育係のような存在だった」と話している。半田健人 フレッシュアイペディアより)

  • 半田健人

    半田健人から見た馬飼野康二

    昭和の名曲を後世に伝えたいという思いから「歌謡見聞録」と銘打ったライブを渋谷のクロコダイルで2006年7月から同年12月まで、月に1度のペースで開催。毎回特集する作詞家・作曲家を決めて行った。特集されたのは、なかにし礼・馬飼野俊一・馬飼野康二・千家和也・阿久悠・川口真・都倉俊一といった、昭和歌謡を代表する面々である。半田健人 フレッシュアイペディアより)

192件中 31 - 40件表示

「半田健人」のニューストピックワード