107件中 11 - 20件表示
  • 卓球

    卓球から見た馬琳

    シェークハンドの柄を短くしたような形状をしている。ラバーを両面に貼る選手が多い。最近では王皓、馬琳などの中国選手が裏面打法を取り入れたペン両ハンドドライブ型を完成させ、世界トップレベルで実績を残している。中国式では、ブレードの形状・厚さがシェークハンドと同じものが多い。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た国際卓球連盟

    1921年にイギリスで卓球協会が誕生し、国際卓球連盟は1926年に誕生した。同年、ロンドンで最初の世界選手権が開催された。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た荻村伊智朗

    それを問題視したのが当時国際卓球連盟の会長を務めていた荻村伊智朗であった。荻村は、卓球の普及という観点でのボールスピードの減速、スポーツ精神という観点での用具のドーピングは好ましくないこと、スピードグルーにトルエンが含まれているものが多く人体に有害で、シンナー遊びと同様の卓球以外の不適切な用途に使用されて社会問題化した歴史があったことなどから、スピードグルーの禁止を提案したが、荻村の死去により一旦は白紙の状態となった。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たブラディミル・サムソノフ

    ブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た坪井玄道

    日本にて初めて卓球が伝来したのは、1902年に東京高等師範学校の坪井玄道がイギリスからピンポン用具を持ち帰ったのが最初とされる。そこからしばらくの間は日本独自の用具とルールの発展があり、初の卓球統轄機関として大日本卓球協会が創立された1921年(大正10年)頃は軟式(日本式)卓球にて競技が行われていた。硬式卓球との主な違いは卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たヨルゲン・パーソン

    ヨルゲン・パーソン(スウェーデン)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た朱世赫

    基本的には中 - 後陣からのカットによって相手のミスを誘って点を取り、また、チャンスボールが来ればスマッシュやドライブで点を取る戦型である。ラケットを振り下ろし、バックスピンをかける打球が下から浮き上がるような軌道を描く点や、希少な戦型である点から、野球のアンダースローの投手のような存在だといわれることがある。レベルがあがると、直線的で回転の変化がついた攻撃的なカットや、横回転を混ぜたカットを使う選手、さらにレベルが上がると、カット打ちをし続けた結果、攻撃側が肩を痛めたり、攻撃側の選手のラバーが裂けたりするような強烈に切れたカットを使う選手も出てくる。世界のトップレベルでは、それに加えて、守備力と共に攻撃選手並みの攻撃力を兼ね備えた選手が多い。この戦型は卓球におけるほぼ全ての打法を習得しなければいけない。そのうえ、後ろに下がれば下がるほど横に動く距離が多くなるため、瞬発力と体力も必要になってくる。また、現在では非常に攻撃的なカット主戦型もいる。日本ではカットマンという呼び方が定着しているがこれは和製英語で、英語圏では chopper と呼ぶ。韓国の朱世赫や日本の松下浩二が有名。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たヴェルナー・シュラガー

    ヴェルナー・シュラガー(オーストリア)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た王励勤

    両面に裏ソフトラバーを貼り、フォアとバックの両ハンドからのドライブを主戦武器とする。ヨーロッパをはじめとして世界各国で一般的な戦型であり、現代卓球の主流といえる(こういった背景には、スピードグルーの存在がある)。中国の王励勤や日本の岸川聖也など、多数の選手がこの戦型である。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た水谷隼

    両面に裏ソフトラバーを張り、ドライブ・ロビングなど多くの技術を駆使して点を取る戦型。戦術の柔軟性や高い身体能力、前陣・中陣・後陣全てで戦うことができる技術力が求められる。スウェーデンのワルドナーや日本の水谷隼が有名。卓球 フレッシュアイペディアより)

107件中 11 - 20件表示

「卓球」のニューストピックワード