107件中 31 - 40件表示
  • 卓球

    卓球から見たタマス

    株式会社タマス(「Butterfly(バタフライ)」ブランドの卓球用品)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たヤマト卓球

    ヤマト卓球株式会社(「TSP」ブランドの卓球用品)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た日本卓球

    日本卓球株式会社(「Nittaku(ニッタク)」ブランドの卓球用品)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た三英

    三英(「SAN-EI」ブランドの卓球台を製造)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たイギリス

    卓球の起源は1880年代のイギリスと言われ、上流階級の遊びがスポーツに発展したものと考えられている。テーブルテニスと言われるように、卓球の元はテニスである。テニスが雨でできなくなったため、屋内でできないかと考えられた。そして卓球が誕生したのである(しかし、そもそもテニスの元となったポームは屋内競技であった)。当初はディナーの後に行われる室内ゲームの一種で「ディン=ドン」("ding-dong")と呼ばれていたが、やがてピンポンと呼ばれるようになり、1900年代に急速に現在の形に近いものへと発展した。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た北京オリンピック

    団体戦は場合により様々な方式が取られている。世界卓球選手権などでは、双方のチームが3人の選手でシングルスにより最大5回対戦し、先に3勝した側が勝ちとなる方式が採用されている。北京オリンピックの団体戦では、3人の選手で4シングルス、1ダブルスを戦う方式が採用された。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た裏面打法

    ペンを持つように握るタイプのラケット(通称)。日本式ペンホルダーと中国式ペンホルダーに大別できる。親指と人差し指で支えなければならないため、通常、片面のみにラバーを貼り、その面だけで打球する。打球の幅を広げることを目的として両面にラバーを貼るケースもある。試合中やラリー中に反転して打球したり(反転式)、弱点とされるバックハンドの技術を補うため裏面打法をする選手が多くなってきている。ラバーの色としては、シェークハンド同様、表面と裏面とで異なる色のラバーを貼らなければならない。また片面のみにラバーを貼る場合は、表面と異なる色のシートを張るか塗りつぶさなければならない。日本式ペンでは、購入する時には既に塗りつぶされているものが多い。シェークハンドに比べ、手首を利かせた台上での操作性に優れ、ミドルに来たボールを比較的打ち易いと言う特徴がある。また、ラケット角度等を微調整しやすいが、その半面で、少しでも感覚がはずれるとミスにつながりやすいといった難しい面がある。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たセルロイド

    卓球(たっきゅう、Table tennis)は、球技の一種で、競技者は卓球台を挟んで向かい合い、セルロイド製のボール1個を相手コートに向かって打ち合って得点を競う。ピンポン(Ping pong)ともいう。競技は、男子/女子シングルス、男子/女子ダブルス、混合ダブルス、男子/女子団体戦の4つに分けられる。競技人口の多さは世界有数であり、メジャースポーツの一つといえる。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たヨーロッパ卓球選手権

    このように、スピードグルー禁止から僅か1ヶ月で補助剤も禁止されたため、グルーや補助剤を発売してきたメーカーは、多くの在庫を抱えるようになり経営を圧迫する要因にもなった。その直後のヨーロッパ卓球選手権では、ラケット検査が新ルールに対応できなかったことから、従来通り補助剤を使用する選手もいる状況になっていた。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たコルク

    現在の卓球は19世紀後半にイギリスで生まれ、発展してきた。もともとテニス選手が、雨でテニスが出来ず退屈だったので室内のテーブルの上でテニスの真似事をしたのが始まりといわれている。初めの頃は長い柄のついたバドミントンのようなラケットとコルクの球を使用し、ラケットには革や紙やすりなどを張っていた。卓球 フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「卓球」のニューストピックワード