107件中 71 - 80件表示
  • 卓球

    卓球から見た卓球ブンデスリーガ

    ドイツ - 卓球のプロリーグ(ブンデスリーガ)があり、男子では世界中から有力な選手が集まっている。男子は2008年北京オリンピック団体で銀メダルを獲得。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た行け!稲中卓球部

    1993年に漫画『行け!稲中卓球部』がベストセラー、ほぼ同時期に福原愛が「天才卓球少女」として脚光を浴び、2002年に映画『ピンポン』(窪塚洋介主演)が上映されて以降、ブームが若者の間にも広まった。服装を問わず、力のない女性や子供でもできること、ケガの心配も少ないことから、気軽に遊ぶことが出来るスポーツの一つである。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た摩擦

    この状況が変化する転機は、第二次世界大戦後、1950年代に日本が新しい用具を続々と開発し、実戦に使用され結果を出したことである。先ずは従来のラバーを裏返しにして貼る「裏ラバー」が使われるようになった。これは従来のラバー(現在の1枚ラバー、裏ラバーに対して表ラバーとみなされる)と比較してボールとの接触面積が広いため摩擦が大きく、強い回転をかけやすくなり、それを大きく活かした攻撃を行うことが可能となった。さらに、太平洋戦争時に航空機燃料タンク防弾用など、軍事用に用いられていた独立気泡スポンジが卓球の用具として使われるようになる。これは反発力が強く、従来のラバーと比べて打力が飛躍的に向上した。それをラケットの打球面に貼り付けた「スポンジラバー」、裏ラバーとスポンジを貼りあわせた「裏ソフトラバー」や、一枚ラバー(表ラバー)とスポンジを貼りあわせた「表ソフトラバー」が開発された。その特徴を大きく活かしたスマッシュ攻撃を武器に、1952年の第19回世界卓球選手権で日本は大会初参加ながら、女子団体・男子シングルス・男子ダブルス・女子ダブルスの4種目で優勝と黄金時代の口火を切り、1950年代の世界選手権において日本選手が各種目にて優勝者を多数輩出した。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た

    木材については、材質によって使用用途が異なるが、主にアユース、桐、、バルサ材、柳、シナ材、アバシ、アネグレ、マツ、リンバ、コト、ウォルナットなどが用いられている。従来は、弾みに優れて安価で量産できることから桐が中芯材によく用いられてきたが、桐は一度湿気を吸収してしまうとラケットに狂いが生じやすく、質量が軽い材質ゆえにブレードの薄型化が困難であることなどから、ノングルー以降の現在においては、軽量かつ薄型化とコストダウンが可能で、桐よりも強い打球を可能にするアユースが中芯材に多く用いられるようになった。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たシンガポール

    シンガポール - 代表選手は中国の帰化選手が多く、プレースタイルも中国と類似している。女子は、2008年世界選手権と2008年北京オリンピックの団体でいずれも銀メダルを獲得しており、2010年の世界選手権(団体)では中国を破り金メダルを獲得した。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たヨーロッパチャンピオンズリーグ (卓球)

    ヨーロッパ卓球選手権 - ヨーロッパの選手を対象に個人戦と団体戦を行っている。ヨーロッパチャンピオンズリーグとは異なる。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たデザイン

    卓球のユニフォームは、上が襟付でポロシャツに類似した形状のものやTシャツ状のもの、下はハーフパンツ・スカートが基本である。日本国内の公式試合で使用が認められるのは日本卓球協会の公認品のみで、その表示が義務付けられている。非公認品や打球したボールが見えにくくなるなど試合の妨げとなるデザインがされているものは使用不可である。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たヤナギ

    木材については、材質によって使用用途が異なるが、主にアユース、桐、檜、バルサ材、、シナ材、アバシ、アネグレ、マツ、リンバ、コト、ウォルナットなどが用いられている。従来は、弾みに優れて安価で量産できることから桐が中芯材によく用いられてきたが、桐は一度湿気を吸収してしまうとラケットに狂いが生じやすく、質量が軽い材質ゆえにブレードの薄型化が困難であることなどから、ノングルー以降の現在においては、軽量かつ薄型化とコストダウンが可能で、桐よりも強い打球を可能にするアユースが中芯材に多く用いられるようになった。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たバルサ

    木材については、材質によって使用用途が異なるが、主にアユース、桐、檜、バルサ材、柳、シナ材、アバシ、アネグレ、マツ、リンバ、コト、ウォルナットなどが用いられている。従来は、弾みに優れて安価で量産できることから桐が中芯材によく用いられてきたが、桐は一度湿気を吸収してしまうとラケットに狂いが生じやすく、質量が軽い材質ゆえにブレードの薄型化が困難であることなどから、ノングルー以降の現在においては、軽量かつ薄型化とコストダウンが可能で、桐よりも強い打球を可能にするアユースが中芯材に多く用いられるようになった。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たポロシャツ

    卓球のユニフォームは、上が襟付でポロシャツに類似した形状のものやTシャツ状のもの、下はハーフパンツ・スカートが基本である。日本国内の公式試合で使用が認められるのは日本卓球協会の公認品のみで、その表示が義務付けられている。非公認品や打球したボールが見えにくくなるなど試合の妨げとなるデザインがされているものは使用不可である。卓球 フレッシュアイペディアより)

107件中 71 - 80件表示

「卓球」のニューストピックワード