125件中 81 - 90件表示
  • 卓球

    卓球から見たハーフパンツ

    卓球のユニフォームは、上が襟付でポロシャツに類似した形状のものやTシャツ状のもの、下はハーフパンツ・スカートが基本である。日本国内の公式試合で使用が認められるのは日本卓球協会の公認品のみで、その表示が義務付けられている。非公認品や打球したボールが見えにくくなるなど試合の妨げとなるデザインがされているものは使用不可である。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た

    ブレードの木材については材質によって使用用途が異なるが、使用する木材や製造工程、保管方法によってもラケットの特性は左右される。使用される木材については、単板では檜や桂が主に使用される。合板では和材や洋材など多種多様だが、中芯には、バルサ材、柳、シナ材、アバシ、アユース、サンバなどの比重が軽量な木材が使われ、添芯はパイン、アネグレ、スプルース、染色材などが使われ、上板はリンバ、コト、ウォルナット、檜、アユース、染色材が主に使用されるが、近年では黒檀、紫檀、ウエンジ材、ブラッドウッド、ホワイトアッシュなどのハードウッドが上板に用いられている。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たガラス繊維

    ラケットは素材の85%以上は天然木と決められていて、15%以内なら木以外の材料を使用することが認められており、炭素繊維(カーボン・ファイバー)、アリレート(ベクトランファイバー)、ケブラー、ガラス繊維(グラスファイバー)、チタン、ザイロンなどの特殊素材を使用したラケットも使われている。上記の素材の他、カーボン・ファイバーとアリレートを合わせたアリレートカーボンや、ZLカーボンと称されるザイロンとカーボンを合わせたもの、ケブラーとカーボンが使われたケブラーカーボンや、テキサリウム、シルバーカーボン、バサルトファイバー、テキストリームなど多種多様の特殊素材がある。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たジョック

    卓球は、他のスポーツと比べ、ゲームをプレイする条件(ルールの理解、スキル、場所・道具・プレイヤーの確保)を満たすことが容易なため、老若男女問わず親しみやすく、実践的、生涯スポーツとして広く日本人に愛されている。しかし卓球部員はいわゆるジョックではなくナードとして扱われる(これは偏見であり、タモリの根暗発言が原因でこのような状況が出来てしまったとの意見がある)ことが一般的であるが、北米やヨーロッパではこのような偏見は無い。ただし、欧米でも前述のように中国人をはじめとした黄色人種に人気のあるスポーツであるというイメージはある。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たアジアジュニア卓球選手権

    アジアジュニア卓球選手権 - 1964年に始まった毎年開催されるATTU主催のアジアの18歳以下の国際大会。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たスロベニア

    オーストリア、クロアチア、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スロベニアのトップクラブが参加するリーグ卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た原因

    卓球は、他のスポーツと比べ、ゲームをプレイする条件(ルールの理解、スキル、場所・道具・プレイヤーの確保)を満たすことが容易なため、老若男女問わず親しみやすく、実践的、生涯スポーツとして広く日本人に愛されている。しかし卓球部員はいわゆるジョックではなくナードとして扱われる(これは偏見であり、タモリの根暗発言が原因でこのような状況が出来てしまったとの意見がある)ことが一般的であるが、北米やヨーロッパではこのような偏見は無い。ただし、欧米でも前述のように中国人をはじめとした黄色人種に人気のあるスポーツであるというイメージはある。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見たアジアユースゲームズ

    アジアユースゲームズ - 2009年に始まった4年に1度開催されるアジアの18歳以下の国際大会。翌年開催されるユースオリンピックのアジア予選も兼ねる。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た卓球レポート

    卓球レポート(タマスが発行する卓球専門月刊誌。)卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た大韓民国

    大韓民国 - フットワークを生かしたダイナミックなプレーをする選手が多い。ソウルオリンピック・アテネオリンピックでは男子単の金メダルを獲得。卓球 フレッシュアイペディアより)

125件中 81 - 90件表示

「卓球」のニューストピックワード