2925件中 11 - 20件表示
  • マラウイの歴史

    マラウイの歴史から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    マラビ帝国の衰退は、2つの強大な他民族の登場と関連している。その一方は、現在の南アフリカ共和国のクワズール・ナタール州に該当する地域からマラビ帝国へやってきた、ズワンゲンダバ(:en:Zwangendaba)率いるンゴニ族である。このンゴニ族の移住は、ズールー人の王をめぐりシャカ・ズールーとズウィデが争い、ズウィデが敗れたことに起因する。ズウィデの配下であったズワンゲンダバは、シャカ・ズールーとの戦いを続けたが一方的に押され続け、最終的には北方へ逃れるためのムフェチャネ(:en:mfecane)と呼ばれる大移動を行ったのである。このムフェチャネは、マラビ帝国を含めた南部アフリカ地域に多大な影響を与えた。シャカの軍勢と戦闘を行っていた期間、ンゴニ族は軍事的戦略としてマラビ帝国に対し度々の攻撃や占領を行った。その後、ンゴニ族は岩山地帯に定住すると、食料の略奪や奴隷の獲得を目的として、マラビ帝国へ毎年攻め込むようになった。ンゴニ族は、獲得した奴隷の大部分を軍隊を養うための食料の生産に従事させ、子供の場合は戦士として養育した。また、一部は奴隷商人への売却を行った。マラウイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ゾーラ・バッド

    ゾーラ・バッドから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    女子陸上長距離がまだそれほど盛んでない頃から活躍していたパイオニア的な選手であったとともに、常に裸足で走ることでも有名であった。さらに、アパルトヘイト下の南アフリカの選手ということで、イギリスに滞在していた期間、常に政治的論争の的を巻き起こした。ゾーラ・バッド フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国で行われた第2回女子ワールドカップゴルフで、アニカ・ソレンスタムを擁するスウェーデンが通算7アンダーで初優勝、連覇を狙った日本の宮里藍・横峯さくらペアは終始不調で優勝争いに一度も絡むことなく、通算8オーバーの12位に終わり連覇を逃した。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • サブサハラアフリカ

    サブサハラアフリカから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ブッシュベルト () - 南アフリカ共和国・ボツワナ・ジンバブエの草原地帯。サブサハラアフリカ フレッシュアイペディアより)

  • ナミビア

    ナミビアから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ナミビア共和国(ナミビアきょうわこく)、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にアンゴラ、北東にザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。首都はウィントフック。ナミビア フレッシュアイペディアより)

  • ジンバブエ

    ジンバブエから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ南部の共和制国家。首都はハラレ。アフリカ大陸の内陸部に位置し、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する。イギリス連邦の元加盟国。ジンバブエ フレッシュアイペディアより)

  • モザンビーク

    モザンビークから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    モザンビーク共和国(モザンビークきょうわこく)、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家である。南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。モザンビーク フレッシュアイペディアより)

  • 1912年のスポーツ

    1912年のスポーツから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    男子シングルス 金:チャールズ・ウィンスロー(南アフリカ)、銀:ハロルド・キトソン(南アフリカ)、銅:オスカー・クロイツァー(ドイツ)1912年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ノリリスク・ニッケル

    ノリリスク・ニッケルから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    2007年、ノリリスク・ニッケルはロシア国外の鉱山や精錬所を多数買収し、オーストラリア、ボツワナ、フィンランド、南アフリカ、アメリカなどにまたがる多国間操業体制を構築した。2007年7月28日、当時ニッケル生産量世界第10位であったカナダのLionOre Mining International Ltd社株の90%を取得した。この買収(64億米ドル相当)はロシア企業が外国企業を買収した事例としては過去最大であり、この買収の結果ノリリスク・ニッケルは世界最大のニッケル生産企業となった。ノリリスク・ニッケル フレッシュアイペディアより)

  • 吉澤裕

    吉澤裕から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    吉澤 裕(よしざわ ゆたか、1951年2月14日 - )は日本の外交官。内閣官房内閣審議官、中国公使、駐フィジー兼キリバス兼ツバル兼ナウル兼バヌアツ兼トンガ特命全権大使を経て、駐南アフリカ共和国特命全権大使。吉澤裕 フレッシュアイペディアより)

2925件中 11 - 20件表示

「南アフリカ」のニューストピックワード