3935件中 31 - 40件表示
  • 3月21日

    3月21日から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    1960年 - 南アフリカ共和国はヨハネスブルグ近郊のでシャープビル虐殺事件が発生(cf. )。3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • ノリリスク・ニッケル

    ノリリスク・ニッケルから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    2007年、ノリリスク・ニッケルはロシア国外の鉱山や精錬所を多数買収し、オーストラリア、ボツワナ、フィンランド、南アフリカ、アメリカなどにまたがる多国間操業体制を構築した。2007年7月28日、当時ニッケル生産量世界第10位であったカナダのLionOre Mining International Ltd社株の90%を取得した。この買収(64億米ドル相当)はロシア企業が外国企業を買収した事例としては過去最大であり、この買収の結果ノリリスク・ニッケルは世界最大のニッケル生産企業となった。ノリリスク・ニッケル フレッシュアイペディアより)

  • 軌間

    軌間から見た南アフリカ南アフリカ共和国

    1860年代後半から1880年代にかけては、フォックスやその影響を受けたイギリス人を中心とする技術者の指導により、アジア、アフリカ、ラテンアメリカなどの鉄道未開業地域において1067mmや1000mm、914mmなどの軌間での鉄道建設が相次いだ。1872年に開業した日本の鉄道が1067mm軌間を採用したのもその一例である。またケープ植民地(南アフリカ)やニュージーランドでは、一旦標準軌での鉄道建設が始まっていたものが、狭軌に切り替えられている。タイやインドネシアでは、先行していた標準軌鉄道とは別に狭軌の鉄道が建設され、その後長い時間をかけて狭軌に統一された。軌間 フレッシュアイペディアより)

  • ブーベ島

    ブーベ島から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ブーベ島(、)は、南大西洋の亜南極に浮かぶノルウェー領の火山島である。2016年現在、無人島である。ケープタウン(南アフリカ)の南南西約 2,500 km に位置する。最も近い陸地(南極大陸)との距離は 1,600 km であり、地理的に世界で最も隔絶した孤島である。島には無人の気象観測所がある。ブーベ島 フレッシュアイペディアより)

  • レソト

    レソトから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    レソト王国(レソトおうこく、ソト語: 、)、通称レソトは、アフリカ南部に位置する立憲君主制をとる国家。イギリス連邦加盟国のひとつで、周囲を南アフリカ共和国に囲まれた世界最南の内陸国でもある。首都はマセルで、1966年にイギリスから独立した。非同盟中立を宣言している。レソト フレッシュアイペディアより)

  • センチュリオン (戦車)

    センチュリオン (戦車)から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    設計は堅実で発展の余地があったため、その後もセンチュリオンの改良は休み無く続けられ、やがて20ポンド砲に代わる火力として後に西側第二世代戦車の標準装備となるL7 105mm ライフル砲を搭載した。イギリスではチーフテンが配備されるまでの20年間、Mk.13まで改修を重ねて主力戦車の重責を果たした。さらに各国で独自の改修型、派生型が開発され、南アフリカのオリファントのように外見上はもはや別物化したものまで存在する。センチュリオン (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • 配線用差込接続器

    配線用差込接続器から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    BS 546は20世紀始めにイギリスで使われていた規格であり、インドやパキスタンで現在、標準のプラグとなっている。使用可能な最大電流値は6Aだが、実際には5Aまで使われる。円筒状のピン3本が3角形に並んだ形をしている。中東の一部(クウェート、カタール)や東南アジアの一部など、イギリスが電化に関わった地域でも使われている。かつては南アフリカ共和国でも使われていたが、今は15Aのタイプに置き換わりつつある。ガーナ、ケニア、ナイジェリアなどでも使われていたが、大部分はタイプGに置き換えられている。今のイギリスでも、この規格や、一回り小さな2Aの規格が、一部で照明に使われている。配線用差込接続器 フレッシュアイペディアより)

  • 1912年のスポーツ

    1912年のスポーツから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    男子シングルス 金:チャールズ・ウィンスロー(南アフリカ)、銀:ハロルド・キトソン(南アフリカ)、銅:オスカー・クロイツァー(ドイツ)1912年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ムガベ

    ロバート・ムガベから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    1924年2月21日、英領南ローデシアのソールズベリー(現在のハラレ)の北東に位置するジンバ地区クタマ伝道団で育つ。ムガベの父はマラウィ人と考えられる。ムガベはカトリック教徒として育てられ、マリスト会やイエズス会の学校で教育を受けた。17歳で教員資格を取得。その後、南アフリカのフォート・ヘア大学で英語と歴史学を学ぶ。この間にムガベと同世代で後にアフリカ諸国の指導者となったジュリウス・ニエレレ、ハーバート・チテポ、ロバート・ソボクウェ、ケネス・カウンダらと出会い、1951年に同大学で文学士(歴史学と英語専攻)を取得した。ロバート・ムガベ フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ

    アンゴラから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    しかし、MPLAに主導権を握られるのを嫌ったアンゴラ国民解放戦線 (FNLA)・アンゴラ全面独立民族同盟 (UNITA) 連合がウアンボ(旧ノーヴァ・リズボア)にアンゴラ人民民主共和国の独立を宣言し、独立直後から、キューバ(直接介入)とソ連が支援するアンゴラ解放人民運動 (MPLA) と、南アフリカ共和国(直接介入)とアメリカ合衆国が支援するUNITA、ザイール(直接介入)とフランスが支援するFNLA連合の間で内戦状態に陥った。キューバ軍の支援を受けたMPLAは首都ルアンダの防衛に成功し、政権を掌握したが、しかし、1975年の時点で50万人を数えたポルトガル系アンゴラ人の入植者の大規模な引き上げや、戦争によるインフラ、農地の荒廃によってアンゴラの産業は大混乱に陥った。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

3935件中 31 - 40件表示