3935件中 51 - 60件表示
  • ブライアン・ノートン

    ブライアン・ノートンから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ブライアン・ノートン(Brian Norton, 1899年10月10日 - 1956年7月16日)は、南アフリカ・ケープ州(現西ケープ州)出身の男子テニス選手。1921年のウィンブルドン選手権男子シングルス準優勝者で、南アフリカ出身のテニス選手として最初の4大大会シングルス決勝進出者になった人である。2年後の1923年に全米選手権男子ダブルスでビル・チルデンと組んで優勝し、同国で最初の4大大会タイトルを獲得した。フルネームは Brian Ivan Cobham Norton (ブライアン・アイバン・コブハム・ノートン)といい、「ベーブ・ノートン」(Babe Norton)の愛称で知られた。ブライアン・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • サンドラ・レイノルズ

    サンドラ・レイノルズから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    サンドラ・レイノルズ・プライス(Sandra Reynolds Price, 1939年3月4日 - )は、南アフリカ・ブルームフォンテーン出身の女子テニス選手。1960年のウィンブルドン選手権女子シングルス準優勝者。彼女は1956年から1962年までの選手経歴の間に、1959年の全豪選手権女子ダブルス・混合ダブルス2部門制覇、全仏選手権女子ダブルス3勝を成し遂げ、通算5個の4大大会ダブルスタイトルを獲得した。旧姓「サンドラ・レイノルズ」の名前であったが、1962年にローウェル・プライス(Lowell Price)と結婚した。サンドラ・レイノルズ フレッシュアイペディアより)

  • アモス・マンスドルフ

    アモス・マンスドルフから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    マンスドルフは1986年にさらなる躍進を見せ、ウィンブルドンと全米オープンで初の3回戦に進出した後、11月の南アフリカ・ヨハネスブルグ大会でツアー初優勝を遂げた。1987年11月16日付で、彼は世界ランキングの自己最高位「18位」をマークした。これは今なお、イスラエルの男子テニス選手によるシングルス最高位記録として残っている。1988年には男子ツアーで2勝を挙げ、プロテニス選手の出場が認められたソウル五輪にもイスラエル代表選手として出場した。オリンピックでは男子シングルス3回戦まで進み、アメリカ代表のティム・メイヨットに 4-6, 2-6, 4-6 で敗れた。アモス・マンスドルフ フレッシュアイペディアより)

  • モスコプス

    モスコプスから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    モスコプス (Moschops=“仔ウシの頭”の意) は、古生代ペルム紀後期(約2億5,500万年前)の南アフリカに生息していた単弓類の絶滅した属。獣弓目 - ディノケファルス亜目(恐頭亜目とも)に属する。主に南アフリカ及びヨーロッパ東部に生息。南アフリカのカルーから化石が大量に出土している。モスコプス フレッシュアイペディアより)

  • ロブ・ネルソン (投手)

    ロブ・ネルソン (投手)から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    哲学を専攻していたコーネル大学で投手として活躍し、ニューヨーク州立大学で教育学修士を取得した後、南アフリカ共和国へ渡り、現地リーグで投手をしていた。その後、帰国し、からまでマイナーリーグのA-級ポートランド・マーベリックスの投手となったが、このときの同僚のひとりが、元ニューヨーク・ヤンキースのスター選手ジム・バウトンだった。ロブ・ネルソン (投手) フレッシュアイペディアより)

  • キム・ウォーウィック

    キム・ウォーウィックから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ウォーウィックは少年時代、オーストラリアの名コーチであるビクトル・エドワーズの“秘蔵っ子”として知られた。エドワーズはイボンヌ・グーラゴングを育てたコーチであり、ウォーウィックとグーラゴングは1972年に混合ダブルスでペアを組んだ。2人は全仏オープンで地元フランスペアのジャン・クロード・バークレー&フランソワーズ・デュール組を 6-2, 6-4 で破り、続くウィンブルドンでもイリ・ナスターゼ&ロージー・カザルス組との決勝まで進出したが、ナスターゼとカザルスには 4-6, 4-6 で敗れた。その後しばらく低迷期があったが、1976年全仏オープン混合ダブルスでイラナ・クロス(南アフリカ)とペアを組み、4年ぶり2度目の優勝を果たす。ウォーウィックの4大大会男子ダブルス初優勝は、1978年全豪オープンであった。この大会で、ウォーウィックはポーランドのヴォイチェフ・フィバクと組み、決勝でポール・クロンク&クリフ・レッチャー(ともにオーストラリア)組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を決めた。パートナーのフィバクにとっては、これはポーランドの男子テニス選手として初めて獲得した4大大会タイトルであった。キム・ウォーウィック フレッシュアイペディアより)

  • ロザリン・フェアバンク

    ロザリン・フェアバンクから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ロザリン・フェアバンク(Rosalyn Fairbank, 1960年11月2日 - )は、南アフリカ・ダーバン出身の元女子プロテニス選手。1981年と1983年の2度、全仏オープン女子ダブルスで優勝した人である。4大大会では、女子ダブルスで1983年全米オープン準優勝、混合ダブルスで1986年全仏オープン準優勝もあった。自己最高ランキングはシングルス15位、ダブルス12位。ロザリン・フェアバンク フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国のワイン

    南アフリカ共和国のワインから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国のワイン(みなみアフリカきょうわこくのワイン)は、南アフリカ共和国(南アフリカ)産のワイン。南アフリカ共和国のワイン フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・Gプラットフォーム

    マツダ・Gプラットフォームから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    GCは、最初のGプラットフォームであり、最初のFFミドルクラスプラットフォームである。2ドアクーペ、4ドアセダン、5ドアハッチバックに対応。フォード・テルスター用はTX5と呼ばれた。テルスターにクーペは設定されていない。製造は日本で行われ、ノックダウン生産などでオーストラリア(テルスターのみ)、ニュージーランド、台湾で組立が行われた。南アフリカでは1993年までこのプラットフォームが製造されていた。マツダ・Gプラットフォーム フレッシュアイペディアより)

  • ヒロガシラトラザメ

    ヒロガシラトラザメから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    ヒロガシラトラザメ はトラザメ科に属するサメの一種。ナミビアから南アフリカの沿岸に近い深海に生息する。体は頑丈で頭は短くて平たく、尾は非常に細長い。背面には暗褐色の複雑な模様がある。胸鰭と背面の正中線上には棘の列がある。最大69cmで雄は雌より大きい。ヒロガシラトラザメ フレッシュアイペディアより)

3935件中 51 - 60件表示