3935件中 61 - 70件表示
  • ケープライオン

    ケープライオンから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ケープライオン は、食肉目ネコ科に属するライオンの一亜種で、現在の南アフリカ共和国にあたる地域に生息していた。メスの剥製標本で全長264cmという記録があり、バーバリライオンと並ぶ最大のライオンとされることもある。アフリカ大陸の中心部に赤道が走っているので、北端のバーバリライオンと南端のケープライオンが最も巨大であるというのはベルクマンの法則からいって理に適っている。理屈の上からは2世紀までに絶滅したヨーロッパライオンはさらに巨大だった可能性がある。ケープライオン フレッシュアイペディアより)

  • 移動図書館

    移動図書館から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    東京では区部における移動図書館が2005年3月末をもってすべて終了した。東京区部最後の移動図書館車となった練馬区の「ひかり号」は南アフリカ共和国に譲渡された。多摩地区では最盛期22市町村で運行されていたが、2006年4月1日現在、日野市のほか町田市「そよかぜ号」、三鷹市「ひまわり号」、昭島市「もくせい号」などで運行されている。移動図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカグランプリ (ロードレース)

    南アフリカグランプリ (ロードレース)から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    南アフリカグランプリ(南アフリカGP、South African Grand Prix )は、1983年から2004年までロードレース世界選手権の一戦として南アフリカ共和国で断続的に開催されていたオートバイレースのイベントである。南アフリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • クボアジ

    クボアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    クボアジ(学名:Atropus atropos)は、アジ科に属し熱帯の海に生息する魚類である。本種は西は南アフリカ、東は日本までの、インド洋、西太平洋の沿岸域に広く生息し、しばしば表層近くでみられる。クボアジはクボアジ属を構成する唯一の種であり、腹部に溝があることなど、いくつかの形態的特徴から他属の魚類と区別が出来る。比較的小型の種であり、記録されている最大体長は26.5cmである。肉食魚で、様々な種類の小型の甲殻類や魚類を捕食する。生息域のほとんどにおいて、漁業においてそれほど重要な種ではない。クボアジ フレッシュアイペディアより)

  • イトウオニヒラアジ

    イトウオニヒラアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    イトウオニヒラアジ(学名:Caranx heberi)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド洋と西太平洋の熱帯、亜熱帯域に広く生息し、分布は西は南アフリカから東はフィジー、日本、オーストラリア北部にまで広がっている。生息域の全域において沿岸海域でみられ、岩礁などのある比較的深く透明度の高い海域を好む。鰭が黄色であることや尾鰭上部が黒味を帯びること、その他の解剖学的特徴などから近縁他種と容易に区別できる。最大で全長88cmに達する。しばしば小さな群れを形成し様々な種類の魚類、頭足類、甲殻類を捕食する。繁殖について分かっていることはわずかであるが、産卵は生息域のうち熱帯域で行われ、幼魚は湾や大きなエスチュアリーに生息することが知られている。様々な漁法によりしばしば漁獲されるが市場にはそれほど出回らない。引きが強く、また美味であることから釣りの対象魚としても人気がある。イトウオニヒラアジ フレッシュアイペディアより)

  • インドカイワリ

    インドカイワリから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    インドカイワリ(学名:Carangoides plagiotaenia)はアジ科に属する比較的大型の海水魚である。本種はインド太平洋の熱帯域に広く生息し、生息域は西は南アフリカ、北は日本、南はオーストラリア、東は中央太平洋の島々にまで伸びている。沿岸域と沖合でみられ、ラグーンやサンゴ礁外縁部などに生息し小型の魚類や底生の甲殻類を捕食する。比較的大型の種であり最大で全長50cmに達した記録がある。近縁種とは下顎が突き出ていることや、鰓蓋に黒い帯がみられることにより区別することができる。生息域の全域において漁業における重要性は高くないが、トロール漁など様々な漁法によって捕獲される。インドカイワリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーン・ヘンドリク・ペルズーン

    クリスティアーン・ヘンドリク・ペルズーンから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    クリスティアーン・ヘンドリク・ペルズーン(Christiaan Hendrik Persoon、1761年2月1日 ? 1836年11月16日)は、南アフリカ生まれの菌類学者である。エリーアス・フリースらと並んで、菌類の分類研究の創始者の1人である。クリスティアーン・ヘンドリク・ペルズーン フレッシュアイペディアより)

  • ハンフリー・ナイプ

    ハンフリー・ナイプから見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    ビクター・ハンフリー・ナイプ(Victor Humphry Knipe、1941年9月20日 - )は、南アフリカ出身の社会学・歴史の著作家、ポルノ映画の脚本家・監督、ウェブサイト管理者。彼は5か国語に翻訳された社会学の書籍『支配型人間 : あなたはそれになれるか (The Dominant Man: The Pecking Order in Human Society)』の共同執筆者で、皇帝ネロと占星術について書いた歴史小説『The Nero Prediction』で2006年のIndependent Publisher Book Award(独立系の著者、出版者に与えられる賞)で「最優秀歴史小説賞 (Best Historical Fiction)」を獲得した。ハンフリー・ナイプ フレッシュアイペディアより)

  • オニヒラアジ

    オニヒラアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    オニヒラアジ(学名:Caranx papuensis)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド洋、西太平洋の熱帯域に広く分布し、分布域は西は南アフリカ、東はマルキーズ諸島、南はオーストラリア、北は日本まで広がっている。体色によって他種と区別することができ、側線の上下に小さな黒い斑点が散らばっているほか、尾鰭の下部が細く白色で縁取られる。記録されている最大の体長は全長で88cm、最大体重は6.4kgである。沿岸部や沖合の岩礁、サンゴ礁そしてラグーンや湾などでみられ、若魚はエスチュアリーでもみられる。単独あるいは小さな群れで行動する。肉食魚であり、小魚や時としてイカや甲殻類を捕食する。繁殖形態については不明である。漁業においてはあまり重要な種ではないが、様々な漁法により捕獲されることがある。釣りの対象魚であり、また食用としても美味とされる。オニヒラアジ フレッシュアイペディアより)

  • ミナミギンガメアジ

    ミナミギンガメアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    ミナミギンガメアジ(学名:Caranx tille)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド太平洋地域の熱帯、亜熱帯域に広く生息し、分布域は西は南アフリカ、東はフィジー、日本、オーストラリアまで広がっている。他種とは丸みを帯びた頭部や、その他の解剖学的特徴によって区別される。最大で全長80cm、体重7.2kgに達することが記録されてる。沿岸性の種であり、岩礁やサンゴ礁、ラグーンなどでみられるが、深い外洋において海山付近からも記録がある。肉食魚であり、様々な種の魚類や甲殻類を捕食する。繁殖についてはほとんど分かっていない。漁業における重要性は高くないが、様々な漁法によって捕獲されることがある。釣りの対象魚として人気があり、また食用としても美味である。ミナミギンガメアジ フレッシュアイペディアより)

3935件中 61 - 70件表示

「南アフリカ」のニューストピックワード