3935件中 71 - 80件表示
  • フランシスタウン

    フランシスタウンから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    南アフリカ系の白人が多く住んでいる。フランシスタウン フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・バトラー

    ジョナサン・バトラーから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    ジョナサン・バトラー(Jonathan Butler, 1961年10月-)は南アフリカケープタウン生まれ。2度のグラミー賞ノミネート歴を持つポップス、ジャズ・フュージョンのシンガー。ジョナサン・バトラー フレッシュアイペディアより)

  • アンダマンアジ

    アンダマンアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    アンダマンアジ(学名:Carangoides gymnostethus )は、アジ科に属し広い生息域をもつ大型の海水魚である。インド太平洋西部の熱帯・亜熱帯域に広く分布し、分布域は西は南アフリカ、東は日本やニューカレドニアまで広がっている。大型の種であり、最大で全長90cmに達した記録がある。同属種のホシカイワリとよく似るが、本種には胸部の鱗が完全に無いことをはじめ、様々な解剖学的特徴から両種は区別できる。比較的水深の深い、外洋のサンゴ礁や岩礁に生息する。肉食魚であり、主に小さな甲殻類や魚類を捕食する。漁業における重要性はそこまで高くない。ゲームフィッシングの対象としてある程度の人気があり、食用となることもある。アンダマンアジ フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合におけるLGBTの権利

    国際連合におけるLGBTの権利から見た南アフリカ南アフリカ共和国

    2011年6月17日に、南アフリカは国際連合人権理事会において国際連合人権高等弁務官事務所に対してウィーン宣言及び行動計画の履行のために世界規模でLGBT市民の置かれた環境や状況に関する報告書のドラフト作成を求める決議案を定義した。決議案はブルキナファソ、中華人民共和国、ザンビアが棄権し、賛成23票、反対19票で通過となった。同種の議案で初となる通過について「歴史的」と評価された。国際連合におけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • イトヒラアジ

    イトヒラアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    イトヒラアジ(学名:Carangoides dinema)は、アジ科に属する沿岸性の海水魚である。生息域はインド洋と太平洋西部の熱帯、亜熱帯域に散在し、生息域の西部では南アフリカ、東部では日本やサモア、南部ではインドネシアといった国々でみられる。背鰭の基部には特徴的な一連の黒い長方形の斑点が存在する。かなり大型の種であり、最大で全長85cm、体重2.6kgに達した記録がある。サンゴ礁や岩礁、湾、エスチュアリーなどの浅い沿岸海域でみられ、主に小型の魚や底生の甲殻類を捕食する。その他の生態や繁殖についてはまだ分かっていない。漁業においてはほとんど重要性はないが、時々トロール漁などで混獲され、食用とされる。イトヒラアジ フレッシュアイペディアより)

  • テンジクアジ

    テンジクアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    テンジクアジ(学名:Carangoides oblongus )はアジ科に属する海水魚である。インド太平洋に広く分布し、その分布域は西は南アフリカ、東はフィジーや日本まで広がっている。比較的大型の種で最大で全長46cmに達した記録がある。非常によく似るイトヒラアジなどの近縁他種とは鰭条や鱗など形態上の特徴から区別することができる。しばしば沿岸域で見られ、エスチュアリーによく現れることも多くの地域で知られている。繁殖や食性についてはほとんど分かっておらず、漁業においてもほとんど重要ではない。テンジクアジ フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    2010 FIFAワールドカップが南アフリカで開催され、各大陸でのワールドカップ開催が完了(注:オーストラリアはアジアサッカー連盟(AFC)の為、サッカーではアジアに区分される)したことで、以降、FIFAはサッカーマーケットの再構築に重点を移すだろうとの読みから、日本は最大のライバルをアメリカ(4回目のカタールとの決戦投票で敗れる)と見込み、それに対応する方向で最後までロビー活動を進めてしまった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • ヨロイアジ

    ヨロイアジから見た南アフリカ南アフリカ共和国

    ヨロイアジ(学名:Carangoides armatus )はアジ科に属する沿岸性の海水魚である。インド太平洋の熱帯・亜熱帯域でよくみられ、その生息域は西は南アフリカ、東は日本まで広がっている。ふつう岩礁やサンゴ礁、湾などでみられる。背鰭と臀鰭の前方部が伸長する事、背鰭の軟条がフィラメント状に伸長すること、胸部に無鱗域があることなどで他種と区別できる。漂泳性の肉食魚で、様々な種類の小魚や頭足類、甲殻類等を捕食する。性成熟には全長21cmで達する。記録されている最大体長は全長で57cm、最大体重は3.5kgである。本種の分類をめぐる歴史は複雑であり、現在でも同属種のC. ciliarius を本種と同種とみなすべきかについては見解が分かれている。漁業においてはそれほど重要な種ではないが、食用としては美味とされ、釣りの対象となることもある。ヨロイアジ フレッシュアイペディアより)

  • インドミタブル (空母)

    インドミタブル (空母)から見た南アフリカ南アフリカ共和国

    修理完了後、12月18日に出航し、南アフリカ経由で1942年1月11日にアデンに到着した。インドミタブルは、シンガポールへ50機のハリケーン戦闘機を輸送する任務(セモリナII作戦)につくためポート・スーダンへ移動し、そこでハリケーンを搭載した。ただし、搭載時に2機が損傷したため、実際に搭載したハリケーンは48機であった。また、航行中に戦況悪化のため戦闘機の輸送先はバタビアに変更された。インドミタブルは1月15日にポート・スーダンから出航し、1月27日に28日にハリケーンを発進させ、2月2日にトリンコマリーに寄港した。2月25日、ポート・スーダン到着。インドミタブルは再び48機のハリケーン戦闘機を載せ2月27日に出港した。今度の輸送先はセイロン島であった。インドミタブル (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 地区自治体

    地区自治体から見た南アフリカ共和国南アフリカ共和国

    地区自治体(ちくじちたい、)は、カナダや南アフリカ共和国などに設けられている自治体の一種。地区自治体 フレッシュアイペディアより)

3935件中 71 - 80件表示