304件中 11 - 20件表示
  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たヤン・ファン・リーベック

    1652年にオランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベックがこの地に到来し、喜望峰を中継基地とした。喜望峰は航海上の重要な拠点として注目されたからである。以後、オランダ人移民は増加し、ケープ植民地が成立した。この植民地にて形成されたボーア人(Boer アフリカーンス語読みでブール人とも呼ばれるが、以下ボーア人で統一)の勢力拡大と共に、コイ人やサン人などの先住アフリカ人との争いも起きた。一方で、ボーア人と彼らや奴隷との混血も進んだ。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見た人種主義

    1910年5月31日に、4州(ケープ、ナタール、トランスヴァール、オレンジ)からなる南アフリカ連邦として統合され、大英帝国内のドミニオン(自治領)としてアフリカーナーの自治を確立する。翌1911年には、鉱山における白人・黒人間の職種区分と人数比を全国的規模で統一することを目的とした、白人労働者保護のための最初の人種主義法である「鉱山・労働法」が制定された。それからも人種差別法の制定は続いた。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見た明石書店

    小林信次郎「アフリカ文学──黒人作家を中心として」『ハンドブック現代アフリカ』岡倉登志編 明石書店、2002年12月。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たナディン・ゴーディマー

    文字による南アフリカ文学は、南アフリカの強固なアパルトヘイトの影響により、白人文学と黒人文学に分離したものとして考えられている。20世紀半ばごろから都市黒人によってアパルトヘイトを描いた文学が文字によって生み出されるようになり、1970年代の黒人意識運動(スティーヴ・ビコ)以降もこの潮流は基本的には途絶えることはなかった。代表的な黒人作家としては『我が苦悩の二番通り』(1959) のエスキア・ムパシェーレ、『アマンドラ』(1980) でソウェト蜂起を描いた女性作家のミリアム・トラーディ、『愚者たち』(1983) のジャブロ・ンデベレ、マジシ・クネーネ、ANCの活動家であり、アパルトヘイト政権によって処刑された詩人のモロイセが、白人作家としては『ツォツィ』のアソル・フガード、女性作家のメナン・デュ・プレシスなどの名が挙げられる。また、ノーベル文学賞受賞作家として『保護管理人』(1974) のナディン・ゴーディマーと『マイケル・K』(1983) や『恥辱』(1999) のJ・M・クッツェーの名が挙げられる。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たユージン・テレブランシュ

    アフリカーナー抵抗運動 (AWB): 白人至上主義者組織。1995年4月にヤン・スマッツ国際空港(ヨハネスブルグ国際空港)で車爆弾を爆発させた。2010年4月3日、党首ユージン・テレブランシュ (Eugene Terre'blanche) が襲撃・殺害されている。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たジョディー・シェクター

    かつてはF1南アフリカグランプリとロードレース南アフリカグランプリが開催されていた。特にF1は1962年から長きに渡り開催されていたが、アパルトヘイト政策への抗議もあり1985年のレースを最後に共に中断。後に復活したが現在はどちらも開催されていない。1979年のF1ワールドチャンピオンジョディー・シェクターは南アフリカの出身であり1975年のレースを制している。また、カーデザイナーとしてF1で一時代を築いたロリー・バーンとゴードン・マレーの両者も南アフリカの出身である。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たロリー・バーン

    かつてはF1南アフリカグランプリとロードレース南アフリカグランプリが開催されていた。特にF1は1962年から長きに渡り開催されていたが、アパルトヘイト政策への抗議もあり1985年のレースを最後に共に中断。後に復活したが現在はどちらも開催されていない。1979年のF1ワールドチャンピオンジョディー・シェクターは南アフリカの出身であり1975年のレースを制している。また、カーデザイナーとしてF1で一時代を築いたロリー・バーンとゴードン・マレーの両者も南アフリカの出身である。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たゴードン・マレー

    かつてはF1南アフリカグランプリとロードレース南アフリカグランプリが開催されていた。特にF1は1962年から長きに渡り開催されていたが、アパルトヘイト政策への抗議もあり1985年のレースを最後に共に中断。後に復活したが現在はどちらも開催されていない。1979年のF1ワールドチャンピオンジョディー・シェクターは南アフリカの出身であり1975年のレースを制している。また、カーデザイナーとしてF1で一時代を築いたロリー・バーンとゴードン・マレーの両者も南アフリカの出身である。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たヘンドリック・フルウールト

    1958年にヘンドリック・フルウールトが首相に就任すると、南アフリカは1960年代から1980年代にかけて強固なアパルトヘイト政策を敷いた。国内では人種平等を求める黒人系のアフリカ民族会議 (ANC) によるゲリラ戦が続いた。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たヤン・スマッツ

    アフリカーナー抵抗運動 (AWB): 白人至上主義者組織。1995年4月にヤン・スマッツ国際空港(ヨハネスブルグ国際空港)で車爆弾を爆発させた。2010年4月3日、党首ユージン・テレブランシュ (Eugene Terre'blanche) が襲撃・殺害されている。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

304件中 11 - 20件表示

「南アフリカ」のニューストピックワード