前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
222件中 1 - 10件表示
  • 中世後期

    中世後期から見たアメリカ州アメリカ州

    この古典思想の流入とあいまって、印刷の発明は印刷物の普及と学問の大衆化を促進した。このふたつのことは、後に宗教改革につながっていくことになる。この時代の終わりごろ、発見の時代が始まった(大航海時代)。1453年のコンスタンティノープル陥落で全盛期を迎えたオスマン帝国の隆盛によって、東洋との交易機会は阻まれ、ヨーロッパ人は新たな貿易航路の発見を余儀なくされた。1492年のコロンブスによるアメリカ大陸への航海や、1498年のヴァスコ・ダ・ガマによるアフリカ経由のインドへの周航の背景にあったのもそれである。かれらの発見はヨーロッパ諸国の経済と国力の強化に寄与した。中世後期 フレッシュアイペディアより)

  • 六大州

    六大州から見たアメリカ州アメリカ州

    北アメリカと南アメリカを合わせてアメリカ州にした「五大州」、「五大陸」六大州 フレッシュアイペディアより)

  • アメリゴ・ヴェスプッチ

    アメリゴ・ヴェスプッチから見たアメリカ州アメリカ州

    アメリゴ・ヴェスプッチ (、1454年3月9日 - 1512年2月22日) は、アメリカ州を探検したイタリアの探検家にして商人。フィレンツェ生まれ。アメリゴ・ヴェスプッチ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見たアメリカ州アメリカ州

    国名の は、アメリカ大陸の名、すなわち、イタリア人の探検家アメリゴ・ヴェスプッチのラテン語名から付けられた。その詳細については、アメリカ州を参照のこと。日本語の「合衆国」という表記の由来や意味については、合衆国を参照のこと。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • シロチドリ

    シロチドリから見た南北アメリカアメリカ州

    ユーラシア・アフリカの温帯・熱帯広域に生息する。南北アメリカに生息するのは近縁な別種ユキチドリ である。シロチドリ フレッシュアイペディアより)

  • エルサルバドル

    エルサルバドルから見た米州アメリカ州

    カリブ海諸国以外の米州大陸部全体で最小の国家であるが、伝統的に国土の開発が進んでいたこともあって、人口密度では米州最高である。エルサルバドル フレッシュアイペディアより)

  • イベロアメリカ

    イベロアメリカから見たアメリカ州アメリカ州

    イベロアメリカ(Ibero-America)とは、アメリカ州のかつてスペインとポルトガルの植民地だった国々全体を指す用語であり、19世紀後半から使われるようになった。イベロアメリカ首脳会議やイベロアメリカ機構のようにスペインとポルトガル自身が含まれる場合もある。イベロアメリカ機構には中部アフリカの赤道ギニアも加盟している。イベロアメリカ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸

    アメリカ大陸から見たアメリカ州アメリカ州

    南北に分かれた二大陸であるが、両者はパナマ地峡で接続しているため、まとめて超大陸と見做すこともできる。なお、広く「アメリカ(米州)」というときは、カリブ海やカナダ北部の島々・海域をも含める場合が多い。アメリカ大陸 フレッシュアイペディアより)

  • 両米

    両米から見たアメリカ州アメリカ州

    両米 フレッシュアイペディアより)

  • ウスマシンタ川

    ウスマシンタ川から見たアメリカ州アメリカ州

    グアテマラのペテン地方を主な水源とし北に流れ、下流でグリハルバ川に合流する。流路の一部はグアテマラとメキシコの自然国境となっている。流域には南北アメリカ大陸最北の熱帯雨林が広がり、湿原やラグーンにも恵まれる生物多様性の豊かな地域である。Parque Nacional Laguna del Tigre(グアテマラペテン県)とReserva de la Biosfera Pantanos de Centla(メキシコタバスコ州)がラムサール条約に登録されている。河岸にはヤシュチラン、ピエドラス・ネグラスなどのマヤ文明の遺跡が見られる。近年、森林の伐採、道路の建設、油田の開発による自然破壊の進行が危惧されている。ウスマシンタ川 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
222件中 1 - 10件表示

「南北アメリカ」のニューストピックワード