288件中 111 - 120件表示
  • プレスビオルニス

    プレスビオルニスから見たアメリカ州アメリカ州

    プレスビオルニス(Presbyornis)は、白亜紀最後期から始新世前期までの期間、ヨーロッパや南北アメリカに棲息していたカモ目の鳥類。プレスビオルニス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーマン

    ブルーマンから見たアメリカ州アメリカ州

    現在ブルーマン・グループはラスベガス、オーランド、ボストン、シカゴ、ニューヨーク、ベルリンで常設公演している他、アメリカ州でツアー公演を行なっている。またノルウェージャン・エピックでロック・コンサートのパロディである『メガスター・ワールド・ツアー』が初演され、多くの映画音楽が収録されたアルバム5枚が発表され、全米のオーケストラにより演奏されている他、有名ブランドのコマーシャルでも使用されている。ブルーマン・グループはマンハッタン区ロウアー・イースト・サイドの3人の親友クリス・ウィンク、マット・ゴールドマン、フィル・スタントンから発展して いった。路上パフォーマンスからダウンタウンの小さなクラブ、最終的にアスター・プレイス劇場での公演へと拡大していった。数々の賞を受賞し、全米のメディアの注目を浴びた。ブルーマン フレッシュアイペディアより)

  • 先史時代

    先史時代から見たアメリカ州アメリカ州

    中東の肥沃な三日月地帯が重視されがちだが、複数の作物や家畜を育成する農耕システムは考古学的分析からアメリカ州や東アジア・東南アジアでもほぼ同時期か若干早く発生していた。シュメールでは紀元前5500年頃には組織化された灌漑や専従労働(en)も始まっていた。それまで集落が依存していた岩石を用いた石器は青銅器や鉄器に取って代わられ、これら新しい道具は農作業のみならず戦争にも使われるようになった。ユーラシア大陸では銅や青銅の道具が発達し、紀元前3000年頃に地中海沿岸東部で発明された製鉄技術は中東を経由して中国まで伝わり、農具や武器へ利用された。先史時代 フレッシュアイペディアより)

  • マルハナバチ

    マルハナバチから見たアメリカ州アメリカ州

    マルハナバチ(丸花蜂)とはミツバチ科ミツバチ亜科(独立のマルハナバチ亜科とすることもある)の昆虫で、世界で約250種が知られている。最近の分類体系ではマルハナバチ属(Bombus)1属のみを含むとされる。英語ではbumblebeesまたはhumblebees。アジア中央部の草原地帯に分布の中心をもちヨーロッパ、東アジア、東南アジア、南北アメリカ大陸にも分布する。マルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • ナナ・ムスクーリ

    ナナ・ムスクーリから見た南北アメリカアメリカ州

    1960年代からレコードをリリースし続けており、その市場はヨーロッパ、南北アメリカ、韓国を中心としたアジア、オーストラリア、ニュージーランドなど世界中に広がっている。中東でもコンサートが企画されたことがある。ナナ・ムスクーリ フレッシュアイペディアより)

  • 地域研究

    地域研究から見た南北アメリカアメリカ州

    地域研究という名前からは、地域とは何か?、あるいは、国家や地方行政区が相互排他的であるのに対し、重層的、相互重複的に存在しうる地域の特質、といったことへの考察が連想されるが、これらはむしろ政治経済学分野の地域主義などでなされていて、地域研究で問われることは少ない。また、地縁関係に基づく基層的な地域社会を対象とする研究も地域研究ではなく社会学の対象とされている(地域社会学、農村社会学)。一方、ユーラシア、南北アメリカといった広域的な地域の研究も国際関係論の対象とされ、地域研究で扱われることは少ない。地域研究は、国際関係論や比較政治学のように、複数の地域・国家の関係性や比較に留意するよりも、個々の地域を独立的に捉えようとする傾向が強い。また、日本の研究組織で取り組まれている「地域研究」における「地域」とは、原則として東アジア、東南アジア、南アジア、中東、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ大陸などかなり大きく区分する傾向がある。地域研究 フレッシュアイペディアより)

  • テーブルビート

    テーブルビートから見たアメリカ州アメリカ州

    肥大した根は深い赤紫色で、アブラナ科のカブに似ているため「赤蕪」と呼ばれることがあり、19世紀には英語で「血蕪」(blood turnip)と呼ばれたこともあるが、ビートはアカザ科なのでカブの近縁種ではない。東欧、西アジア、北アフリカ、南北アメリカなどで盛んに栽培されている。日本への渡来は江戸時代初期と推定され「大和本草」に記載されている。缶詰加工されたものが販売されている。また、一般の花屋などで栽培用として種子も販売されている。テーブルビート フレッシュアイペディアより)

  • ギンポ亜目

    ギンポ亜目から見たアメリカ州アメリカ州

    ダクテュロスコプス科 Dactyloscopidae は9属43種を含む。南北アメリカ大陸の熱帯〜温帯域に分布し、汽水域に進出するものもいる。体長は最大で15cm程度。ワニギス亜目の魚類と似て、砂底に体を埋もれさせる種類が多い。他の多くの真骨類と異なり、海水を鰓から排出する機構において、鰓蓋の代わりに鰓条が重要な役割を果たしている。唇と鰓蓋の上部は房状の構造で縁取られ、砂粒の混入や目詰まりを防ぐ機能があるとみられる。ギンポ亜目 フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見たアメリカ州アメリカ州

    人類が他の動物の乳を定常的に飲むようになったのは、ユーラシアでは新石器革命期に家畜を飼い始めたこともしくは農業の革新が契機となった。この新たな食糧確保は、紀元前9000-7000年頃の西南アジアや、前3500-3000年頃のアメリカ州でもそれぞれ独立して発生した。ウシ・ヒツジ・ヤギといった重要な動物の家畜化は西南アジアで始まったが、それ以降、野生のオーロックスを飼いならす例は世界中の様々な時と場所で起こった。当初、動物の家畜化は肉を得るために行われたが、考古学者が提唱した考えによると、酪農は、家畜から体毛を得たり労働をさせたりする行為の進展とともに、よりももっと後の前4000年頃に形作られたという。ただし、近年の発見はシェラットの説に反する。先史時代の土器に残る液体の痕跡を分析した結果、西南アジアにて酪農は初期農業段階で既に行われていたと判明し、その時期は前7000年頃と推定された。 フレッシュアイペディアより)

  • ザスタバ

    ザスタバから見たアメリカ州アメリカ州

    1970年代に Skala をイギリスを含む西欧や南米に、1980年代には Koral を北南米や西欧諸に「ユーゴ」(Yugo)ブランドで輸出、販売を行った。アメリカ合衆国とカナダではBricklin が輸入代理店となり、1986年から Koral をYugo GV として3,990ドルという破格の低価格で販売したが、あまりの品質の低さに販売が行き詰まり、すぐに撤退している。ザスタバ フレッシュアイペディアより)

288件中 111 - 120件表示

「南北アメリカ」のニューストピックワード